2019年5月9日 更新

世界遺産 二条城前のホテルで職人さんが揚げる旬の天ぷら「天ぷら 花門」

二条城前にあるANAクラウンプラザホテルに入っている「天ぷら 花門」でお得なランチの天ぷらコースをいただいてきました。職人さんが目の前で揚げてくれる贅沢な時間でした。

ホテルで美味しい天ぷらを

 (151993)

国内外から多くの観光客が訪れる世界遺産 二条城。
その二条城の前のホテルといえば、ANAクラウンプラザ。
最寄駅は地下鉄 二条城前。アクセスのいい烏丸御池も十分に徒歩圏内。
 (151994)

和食やカフェレストラン、フレンチなどバラエティに富んだレストランが入っています。
今回は、日本料理 雲海の中に入っている「天ぷら 花門」に行ってきました。1階です。
 (151995)

カウンター席だけのシンプルで上品な空間。そのあたりは、やっぱりホテルです。
今回はランチの鞍馬コース 2,800円をお願いしました。
ディナーは7000円からあり、意外とリーズナル。

内容は、付き出し、海老二尾、魚介二種、野菜四種、サラダ、海老と野菜のかき揚げ丼。赤出汁、香の物です。
 (151996)

この日の付き出しは、京都らしい湯葉。
濃厚でクリーミーな味わい、わさびがよきアクセントに。
 (151997)

お料理が始まるタイミングで、このようにその日に使う食材をプレゼンしてくれます。
テンションあがりますね。
 (151998)

セットはこんな感じ。
天つゆと大根おろし、塩などが用意されています。
では、天ぷらランチのスタート。
 (151999)

天ぷらの代名詞と海老ですよね。
2度出てくるのがうれしいです。
サクッとプリっと。お塩がオススメ。
 (152000)

続きまして、しいたけの天ぷら。
きのこ類も天ぷらには欠かせません。
 (152001)

分厚いホタテもこの通り。
口の中にホタテの旨味が広がります。
 (152002)

しっかり甘味が引き出されたさつまいも。
ホクホクした食感がたまりません。塩が甘味を引き立てます。
 (152003)

鯛の天ぷら。白身もお塩がオススメ。
 (152004)

箸休めのサラダ。
シャキッとした新鮮野菜。
 (152005)

シンプルなピーマン。
ピーマン独特の苦みが天つゆによく合います。
 (152006)

甘味たっぷりのかぼちゃ。
 (152007)

ラストは海老。2回目です。
紫蘇をまとって、少し違う風味に。
 (152008)

最後はお食事。
かき揚げ天丼と赤出汁、香の物です。
 (152009)

海老とお野菜のかき揚げ天丼は、ボリュームもありお腹いっぱいに。

ホテルでの食事って高そうなイメージがありますが、ランチではお手頃価格で頂けます。
目の前で、職人さんが天ぷらを揚げてくれる贅沢な時間。

夜もリーズナルなので、ぜひ寄ってみてください。

クチコミでの評判

基本情報

名称:天ぷら「花門」
住所:京都市中京区堀川通二条下ル土橋町10番地
電話番号:075-231-1155(代表)
営業時間:11:30 ~ 15:00(14:30) / 17:00 ~ 21:30(21:00)
定休日:なし
関連ページ:http://www.anacpkyoto.com/restaurant/unkai/tempura/#menulist-tempura

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都ランチめぐり】満足度大!コスパ最強コース仕立1000円☆選べるメイン熱々カレーグラタン「洋食ヒグチ亭」

【京都ランチめぐり】満足度大!コスパ最強コース仕立1000円☆選べるメイン熱々カレーグラタン「洋食ヒグチ亭」

おおきに~豆はなどす☆地下鉄烏丸御池駅から東洞院上がった場所にある人気の洋食店。コスパ最強ランチ1000円(税別)はコース仕立て。どれも丁寧な料理で満足度高し。
京都 烏丸御池近くで美味しい和食ランチが800円から「紫洸 (シコウ)」

京都 烏丸御池近くで美味しい和食ランチが800円から「紫洸 (シコウ)」

烏丸御池近く、高倉六角を東へすすんだ場所にある「紫洸 (シコウ)」で美味しい天ぷらランチをいただいてきました。
美味しい自家製蕎麦と日本酒で昼飲み!烏丸御池「もうやん」

美味しい自家製蕎麦と日本酒で昼飲み!烏丸御池「もうやん」

烏丸御池近くの「蕎麦 もうやん」で、美味しい自家製蕎麦とこだわりの日本酒、にっこりの昼のみモードなり。
貫禄たっぷり厚切りトースト*マスサンコーヒーショップ【堀川御池】

貫禄たっぷり厚切りトースト*マスサンコーヒーショップ【堀川御池】

昭和45年創業の老舗ベーカリーカフェ「マスサンコーヒーショップ」。毎朝焼きたての自家製厚切りのトーストモーニングでトーストの美味しさを再発見。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ガロン ガロン