2016年3月27日 更新

【御所南】京情緒でしっぽり!家具屋通りの風情残す「夷川 燕楽(えびすがわ えんらく)」【居酒屋】

昔から家具屋さんが立ち並び、今もその風情を残す夷川通り。その中で、元家具屋さんをリノベーションした情緒あふれる雰囲気の居酒屋をご紹介。

前を通りかかるだけで感じる雰囲気ステキな店構え

 (25249)

 (25250)

と、タイトル書いておきながら外観の全体画像押さえるの忘れました(笑)夷川通りを歩くたび、いつもつい足を止めてしまうステキな店構え。ここ夷川通りは昔から家具屋さんが立ち並ぶ通りとして有名。そして、こちらのお店も元家具屋さんの建物をリノベーションした居酒屋。
なにがステキかって、建具の細工の細かいこと細かいこと。さすが、元の家具屋さんのこだわりが宿ってます。

内装は遊郭のような豪華な雰囲気も

 (25313)

 (25314)

こちらはけっこうキャパ大きいお店。1階はカウンター中心。2階はお座敷中心で大人数の宴会にも対応。何度か予約入れていつも満席。で、この日はハシゴ酒の3軒目。閉店間際にうかがいました。

まずはビールでぷしゅ~

 (25260)

あ、すいません。最初におことわりするの忘れました。こちらは今冬にうかがった時の内容になります。食レポ以外の時事ネタを優先してたら出すタイミングを逃してしまい(汗)
お蔵入りするまえに、と。

居酒屋といいつつ、設えは料亭割烹風

 (25251)

いいカウンター。一枚板だったような。居酒屋といいつつ、どことなく高級感ただよう設え。
 (25259)

厨房はオープンキッチンでわりと広々と3人の料理人。中央にレンガ張りの焼きものスペースまで。

こちらは京都では歴史ある名居酒屋・厨厨グループのお店

 (25252)

記事書くのにHP調べてたら、京都ではわりと古株の居酒屋店「厨厨」グループのお店であること発覚。厨厨はわりと洋物メニューだった記憶がありますが、完全に和食。でも、メニュー構成に厨厨と同じようなこだわりを感じます。

意外とリーズナブルな価格ながら丁寧な仕事が光ります

 (25253)

蛸のやわらか煮。わりと太めの足でしたが、噛むごとに旨みが広がる。
 (25254)

こちらはおでんも名物。すじと大根。もう、この大根の切り口の滑らかさで、手入れが行き届き十分研がれた片刃包丁を扱うプロの仕事だな、とわかります。
 (25255)

そして、こちらは名店・平野豆腐の豆腐を使ったおでん。しっかりとお出汁が入ってます。
 (25256)

 (25257)

そして、おでん具材ですが別盛りできたうどん巾着。荷崩れないように、コシの強い乾麺を使用してるんですかね。
 (25258)

そして、殻付きカキのグラタン。これ、かなり濃厚でニンニクが効いてました。このあたりはちょっと厨厨を彷彿させる味付け。

ここは、もっと長丁場で行くべきお店でした。また日を改めて、必ず行きたいです。

ヨ~イヤサ~♪

夷川 燕楽 への口コミ

夷川 燕楽 基本情報

■店舗名
夷川 燕楽
■住所
都府京都市中京区夷川通麩屋町西入木屋町482
■電話番号
075-254-8488
■営業時間
17:30~24:00(L.O.23::00)
■定休日
無休
■禁煙・喫煙
全面喫煙可
■駐車場

■詳細ページ
http://www.zuzu.jp/ebisugawa/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな