2018年12月7日 更新

二条駅近くでお酒がすすむ創作系お好み焼き「グルグルどん」

二条駅近く、創作系のお好み焼きが得意な「グルグルどん」なり。ハンバーグお好み焼きなど、多彩なメニューが魅力的。

二条駅近くでお酒がすすむ鉄板焼き

 (140092)

軽めにコナモンなんてどうよ?と、やってきたのがこちら、お好み焼店 「グルグルどん」なり。二条界隈では多分皆知っている人気四川料理店「大鵬」のお隣です。店内に。
 (140093)

まだ18:30ごろで常連さんがカウンターに一名。テーブル席が3で、二つがグループ予約で埋まっており、残りのテーブル席に案内される。チャキチャキと切り盛りするマスター、それにアルバイトのお姉さんの2名体制のこじんまり店。
 (140094)

創作系お好み焼がお得意らしく、そのメニューがこちら。別に普通のお好み焼にネギ焼、広島焼、それにやきそばとコナモノメニューは非常に豊富。広島焼のメニュー調整に広島まで調査に行くような研究熱心な大将なのだ。マスターに「お勧めはどれですかね?」と聞くと、人気があるのは「ハンバーグ玉」ですね!ボリューム満点!とのこと。
 (140095)

アテメニューもしっかり確認。これ以外にカウンターの上には日替わりなのかお勧め黒板メニューも。暫し悩んで、まずは厳選アテを3種類ほど注文。
 (140096)

フリージングハイボール¥400で喉を潤していると出てきた冷やしトマト。なかなかビジュアル良好系。バジルソースがかかっているのがお洒落で¥500なり。トマト好きは無条件で注文すべき!
 (140097)

更に鉄板焼メニューから、砂ズリで¥500なり。味付けがお上手で程良い塩加減とスパイス感。これは呑まねば!モードについつい突入。
 (140098)

更にこれは~!と思ったオリジナルメニュー、グルどん流 若どりのモモ 1枚焼き¥950なり。一枚で350g!あるらしいです。既に超しっかり!チキンステーキですな。。
 (140099)

テコで素早く切り分けて、しんなりキャベツと一緒に食べるとビールが進みそうな。お好み焼店ですので、テーブルにあるお好み焼ソースやマヨネーズと共に食べたり、色々調整できるのが楽しい。
 (140100)

随分いい気分になってしまい、つい注文したワインハーフボトル赤。これが¥1000であるのが嬉しいですなあ。
 (140102)

お次も他店ではあまり遭遇しない形態だった「裏切りのとん平焼」で¥700なり。豚肉の玉子焼巻き、とは随分違いますな。CDサイズぐらいのステンレスの皿に乗って登場。
 (140103)

刻みキャベツと炒めた豚肉、それに温泉玉子にお好み焼きソースたっぷり。これをマゼマゼして、玉子がぐつぐつ言うまで火を通して頂くのですが、どことなくミニ鍋料理的な。面白過ぎですなあ。
 (140105)

1時間ほどで初めに注文したお料理完了。お好み焼で〆る前に、もう一品アテをお願いしようということに。(といいつつ、白ボトルも注文してしまう汗)
 (140106)

鉄板焼メニューから牡蛎のバター焼。いやー、ぷりっぷりですな!の¥850なり。これも良いアテですな、お勧め!
 (140108)

流石に〆をハンバーグ入りお好み焼!にするのは厳しそうだったので、ローストビーフ玉¥1300!ということにしてみました。
 (140109)

お好み焼自体はふんわり大阪風、粉でふんわり感演出タイプでキャベツはやや少なめ。その上に斜めスライス!のしっかり九条ネギ、それにローストビーフ+卸しソース!という変態さ。このお好み焼には青のりを掛けるべきか!で大論争が起きそうな(汗)
お味は至ってレギュラー且つ、なかなかバランス良好系なのだ。
 (140110)

美味しかったのでついついしっかり食って呑んでしまいましたが、麦焼酎お湯割り1、ハイボール1に、赤白ワインハーフボトル各1と結構しっかり呑んで¥8000なにがし!という大納得価格。

近隣に超フレンドリーサービス且つ大規模なお好み焼店があるのですが、呑む人ならこちらも相当お勧めしたいですな。 ご馳走様でした。

口コミでの評判

基本情報

店名:グルグルどん
住所:京都市中京区西ノ京星池町151
営業時間:11:30〜14:00(L.O14:00) 17:00〜23:00(L.O22:30)
定休日:水曜日
TEL:050-5570-8228
関連ページ:http://r.goope.jp/gurugurudon

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スイカ小太郎。 スイカ小太郎。