2021年1月9日 更新

祇園の2毛作スパイスカレー店 「curry & cafe SpiceCheri(スパイスシェリ)」【京都祇園】

祇園の路地奥にあるジビエ料理店「Gibier MIYAMA」で、ランチタイムのみ営業されているカレー店 「curry & cafe SpiceCheri(スパイスシェリ)」☆美山産の野菜やジビエを使った絶品スパイスカレーがいただけます♪

端正な佇まいのスパイスカレー

 (199102)

路地裏だから”隠れ家的なお店”だと言うのはちょっと単純過ぎるけど、
”祇園でスパイスカレー”となるとちょっと意外性ありますよね。

祇園のアパホテル、スターバックスコーヒーの丁度正面。
四条北側の路地を入ったところですから結構分かりやすい場所です。

ジビエ料理店の「Gibier MIYAMA」でランチタイムのみ営業されているスパイスカレーのお店「curry & cafe SpiceCheri(スパイスシェリ)」さんです。
 (199088)

”間借り営業”と言うほど別れているわけでもなく、かと言って同じスタッフというわけでもない、あくまで関係のある方のようですから”2毛作スタイル”と言うのが近いのかと思います。

スパイスカレーはお料理のジャンルに関わらずいろんな要素を取り込めるのが面白いですね。
こちらの場合はもちろんジビエ素材や美山産のお野菜などをうまく活用されています。
 (199091)

スパイスカレーファンにとってはいい眺め!(笑)

見るからにほぐれ加減が良さそうで食べやすそうなジャスミンライス。
トッピングされたゆで卵。
付け合わせの野菜やポテトのグリル加減がいい感じ。
写真はイノシカキーマとほうれん草チキンカレーの2種盛り。
全体にカスリメティが散らされ、パリパリのパパド刺して出て来ます。

ああ美味しそうだ!
 (199093)

ほうれん草のチキンカレーは優しい甘みを感じるマイルドタイプ。
美山のイノシカキーマはそれより少し辛め。
お肉のしっかり目の食感が、「ジビエ食べてる!」雰囲気になります。
 (199098)

こういう野菜の焼き加減は他のカレー屋さんではなかなかお目にかからないと思います。
食感も抜群で、素材の良さを充分活かされていますね。
この場所の特徴をうまく利用されている部分だと思います。
 (199101)

 (199100)

 (199106)

 (199105)

 (199104)

 (199103)

 (199085)

和食のお店が作る出汁カレーの面白味などと同様に、ジビエ料理店という場所ならではの特徴がありますね。

”ジビエカレー”はもう珍しくはありませんが、ちょっと違う感覚の佇まいの差が意外な面白さを生んでいるのが印象的でした。

”昼間の祇園”もなかなか面白いですよ。

店舗 基本情報

■店舗名     curry & cafe SpiceCheri(スパイスシェリ)

■住所      京都市東山区祇園町北側279(Gibier MIYAMA)

■電話番号    075-561-2019

■営業時間    11:30〜14:30close(L.o.14:00)

■定休日     土・日・月・火曜日

■詳細ページ   https://www.instagram.com/mon_currygold/?hl=ja
16 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

千恋し 千恋し

オススメの記事