2019年11月12日 更新

関西初出店!河原町三条にオムライス専門店「神田たまごけん」がオープン

河原町三条にオープンした関西初出店となるオムライス専門店「神田たまごけん」でランチなり。

関西初出店のオムライス専門店

 (168699)

やってきたは京都市役所前。イベントの前に、軽く何か食べておこうということで、オープン間もないオムライス専門店に行ってみようということに。
河原町三条、丁度バス停のあたりにこういうお店が見えてくる。お店の名前は「神田たまごけん」なり。東京資本のチェーン店でこれが10店目、関西初出店だそうな。
 (168700)

オムライス専門のファストフード店。とろんとろんの玉子、中は注文してから炒め上げるトマケチャ系チキンライスが特徴。京都の人気オムライス専門店「おむらはうす」のように、中のライスもバリエーションがあるわけではないのですが、通常ソースは4種類からチョイス可能で、トッピングも色々なオムライスが楽しめる、気軽なお店なのだ。
で、実は前日の開店日に我がFB友が早くも来店し「オープン3日間、トマトオムライス¥790が¥500!」とFacebookにアップしてくれていたのでやってきたのですが汗
 (168701)

ご覧のように食券制。ライスのサイズが5段階からチョイスでき、小盛り150g、普通230gまでが標準価格、その上が+¥100で大盛350g、+¥200で特盛460g!、更に+¥300でメガ盛りは690g~!!という、食い意地系な人に喜ばれそうなサービスあり。ま、京都では今は無き「アローン」より特盛りでも少ないよ!と言われる方がおられそうですが、玉子2倍が+¥100でお願いできるのは、大体大きなオムライスは卵不足なので、かなり嬉しいかも。
とは言え、2人とも普通盛りでお願いしました。
 (168702)

奥に向かって細長く、且つ一度右折れしているので、意外に席数あり。20席チョイ、ほどですかねえ。奥側のテーブルに着席。
 (168703)

食券を渡すと、私の注文したほうがソースがこちらから選べますが!ということで、定番のトマト、ハヤシソースをチョイスし、暫しお料理を待つのだ。
 (168704)

テーブル上には味変メニューがいくつか。トマトケチャップ、塩コショウは納得ですが、ニンニクチップが合うのか!という謎。辛いものは好きなのですが、過去オムライスにタバスコを使ったことは無いなあ、と思いつつ。で、待つこと5分足らずで、速やかにオムライスが登場~。

 (168705)

相方注文のトマトオムライス。やはり特徴はありえないほどトロトロな玉子ですなあ。どういう火入れなのか、超トロトロ。お味に癖が無く、また濃い味にしていないのと、この滑らかな玉子のおかげで、するるっと頂けるのだ。
一部の大盛り・大食いマニアの皆様の間では「カレーは飲み物」なる合言葉がありますが(滝汗)、これは飲み物系オムライス!と言う感じですな。 ま、普段使いのお味なのですが。
 (168706)

で、私はハンバーグオムチーズ入り、という普通メニューではこのお店で一番高い¥1190のを注文。ハンバーグはなかなか大きなレトルト系で、チーズはバーナーで火を入れるなどの技を使っておらず、そのまま乗っており、ライスの余熱でじわじわと熱を入れる作戦。(別に焼きチーズ、というメニューもありますが。。)
 (168707)

オムライスには、御覧のコンソメスープ、それに程よい甘味を乗せた自家製ピクルスが取り放題、というサービスがあり、ピクルスがなんだか家庭的なお味で美味しいのだ。炭水化物だけでなく、ちゃんと野菜を食べました!という実感あり。
 (168708)

で、大盛りかトッピングに次回使えるカードを頂くのだ。(いつもやっているサービスなら良いですな!)
非常に気軽に入れるお店で、私が30代なら間違いなく、メガ盛りに挑戦して「この程度じゃぬるいぜ!」と書いていそうなのですが(汗)、お味はかなり好きな感じ。 通し営業ですので、1人で時間が無いときにしゃらっとご飯食べに使いやすい一軒。オムライス好きなら一度挑戦を。

基本情報

店名:神田たまごけん 河原町三条店
住所:京都市中京区三条上ル下丸屋町408 KUS河原町ビル1F
営業時間:11:00~22:00
定休日:不定休
TEL:075-746-2577
関連ページ:http://www.tamagoken.com/
14 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スイカ小太郎。 スイカ小太郎。