2018年1月30日 更新

話題沸騰*美しすぎる陰影とブライトネス・白亜のパークサイドカフェ*Walden Woods Kyoto (ウォールデン ウッズ キョウト)【河原町六条】

情報誌の紙面を飾る今最も勢いあるコーヒー処。見渡す限りホワイトジャック、カジュアルさと荘厳な世界観が交錯する温故知新かつコンテンポラリーなパークサイドカフェ。

研ぎ澄まされた最強コンフォート

 (113137)

五条駅から徒歩十分弱、パークサイドの見晴らしの良い立地に先月オープンされた話題のサードウェーブ系自家焙煎コーヒー店「Walden Woods Kyoto (ウォールデン ウッズ キョウト)」
 (113130)

二階建ての店内は一階がカウンター、二階がカフェスペース。
一階には雑貨やオリジナルグッズの販売。
お洒落な普段着のスタッフさんがにこやかにカウンターにて来客をもてなします。
 (113147)

 (113132)

グレイッシュなアーミー柄をペイントしたスレイヤーマシン。
注文はセルフスタイル、お冷や小物は二階にて用意されています。
 (113134)

カウンター奥のヴィンテージの焙煎機が
威風堂々と存在感を放ちます。

ビギナーさんにも分かりやすい明瞭なメニュー表

 (113138)

コーヒー名の下にはテイストを解説したセンテンスがあり敷居の高さを感じさせないビギナーさんにも安心の内容。
 (113133)

こちらはマシンを用いたアレンジコーヒーや紅茶メニュー。
 (113139)

二階へ続くアプローチも光の導き。
 (113127)

パークサイドという伸びやかなロケーション。
窓から差し込む透明感ある光に満たされます。

眩くブライトネス

 (113140)

ウォールデンの白い森を
表現したというノルディックな世界観。
ランタンが灯る
ノスタルジアに満ちた世界観。
光が交錯し創り出す
陰影。荘厳かつ
氷のように冷ややかさの中にも
ブライトネスな道しるべをナビゲートするよう。
 (113135)

四方に配したスピーカーからはイージーリスニングが穏やかに響き渡ります。
 (113128)

ハリや小物に至るまで白で統一したホワイトジャックスペース。
高いステップのシート。
コーヒーを求めて集う方がみな向き合うように配し反骨的ともいえる設えはコーヒーラバーの無言のコミュニティと化するよう。
24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

5/31 上七軒にオープン「京都 珈道(CODOU)」

5/31 上七軒にオープン「京都 珈道(CODOU)」

上七軒「Pâtisserie café 3ème(パティスリーカフェ トワズィエム)」だったところに、新しくカフェがオープンしました。自家焙煎のコーヒーはじめ、スイーツやランチも味わえますよ。
5/1 オープン「KAEru coffee(カエルコーヒー)」【五条高倉】

5/1 オープン「KAEru coffee(カエルコーヒー)」【五条高倉】

5/1、五条高倉南にカフェがオープンしました。40年ほど営業していた喫茶店をリノベーションしたそうで、しっとり落ち着ける空間。コーヒーは自家焙煎で、コーヒーにこだわる人も満足できるカフェです。
川沿いスローモーション★マーマーコーヒー★ハニートーストで口福時間【河原町七条】

川沿いスローモーション★マーマーコーヒー★ハニートーストで口福時間【河原町七条】

京都に数あるリバーサイドカフェ。 ロケーションは元より、自家焙煎コーヒーやフードメニューでだされる商品への拘り、心遣いとワンランク上のリバーサイドカフェ。
【京都カフェめぐり】京都を代表する老舗珈琲専門店の古式ゆかしいレトロプリン◎「イノダコーヒ本店」

【京都カフェめぐり】京都を代表する老舗珈琲専門店の古式ゆかしいレトロプリン◎「イノダコーヒ本店」

恐らく全国的に知られている京都で一番知名度の高い老舗珈琲専門店。創業1940年。昔スタイルのコーヒー『アラビアの真珠』は今も地元年配客に絶大な人気でイノダの看板コーヒー。今回はスイーツを求め、行ってきました。
本格派テイクアウトコーヒー*珈琲工房4331【堀川北山】

本格派テイクアウトコーヒー*珈琲工房4331【堀川北山】

和モダンな佇まいが京都らしい自家焙煎コーヒー専門店。サイフォンで抽出されるコーヒーにホームローストした豆の個性を引き出した本格派コーヒーを頂けます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

cafequeen cafequeen