2018年12月24日 更新

輝きを失わない「白い森」☆Walden Woods Kyoto(ウォールデン ウッズ キョウト)1周年【河原町・六条】

昨年の衝撃のオープンから12/14で1周年を迎えられたカフェ「Walden Woods Kyoto(ウォールデン ウッズ キョウト)」さん☆人気カフェとして混み合うことはあっても、その静粛なイメージは未だ健在です♪

テーマ「Freedom(自由)」が重要

 (141388)

今まで見たことのないお店の出現に衝撃を受けた1年前

今だにこちらを上回る「自由さ」を備えたお店を知りません

似たタイプがあったとしても、スケール不足だったりロケーション不適だったり…

この独特で特徴的な、開放感を味わえるのはこのサイズがミニマムなのかもしれません

贅沢ですね

朝の早い時間にうかがうと、ご近所であろう親子連れがとても楽しそうに過ごされていました

1年前と比べてたくさんの人に使われ馴染んでツルツルになった階段状の席

子供達にとっては格好の遊び場ですね(笑)

「自分たちの席」が決まっていると、なかなかこうはいかない

そう、子供だけじゃなく…

大人もみんな自由に過ごせるんですよね

 (141386)

しかし相変わらずの人気カフェ

このあと程なくして続々と人が増えてきました

魅力的な、静かで神秘的な雰囲気は限られた時間だけのようです

森の中で、光の射す時間が「限られた時間」だけというのと同じですね(笑)
 (141389)

 (141390)

地元に愛されてこそ

 (141392)

「インスタ映え」を強く意識して来るファンも確かに多いですが、
ちゃんと地元の年齢層高めの方も定着されているようですよ

こういう事はお店のポリシーがよく現れる部分で、結果はちゃんと分かれて出てきますね

「仲良くできるお店」って魅力的じゃないですか!?(笑)

 (141393)

コーヒーのお供も増えてますね
 (141394)

コーヒーのフレーバーを確かめてオーダー出来るのはもう当たり前ですね
 (141395)

 (141396)

斬新で綺麗なものを創って、話題性でもてはやされても続かなければ意味がない

たとえ1年でも本物か否かは現れて来ますね

こちらの場合は最初から完成度が高かったのかもしれない
単に「清掃が行き届いている」だけかもしれない
でも強い意思と努力がなければ維持できませんね

「白い森」は、本物の森であるかのような「凄み」が出てきたように感じました
View this post on Instagram

#coffee #cafe #kyoto

Kentaro🇯🇵さん(@kennythelaw)がシェアした投稿 -

店舗 基本情報

■店舗名     Walden Woods Kyoto(ウォールデン ウッズ キョウト)

■住所      京都市下京区栄町 508-1

■電話番号    075-344-9009

■営業時間    9:00 - 19:00

■定休日     不定休

■駐車場     なし

■詳細ページ   https://www.walden-woods.com/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

千恋し 千恋し