2016年12月19日 更新

天然温泉で疲れもスッキリ!珍しい冷・温の源泉かけ流し風呂!「京都・桂温泉 仁左衛門の湯」

9号線桂にある「仁左衛門の湯」です。敷地内に湧く温泉をくみ上げた正真正銘の天然温泉が楽しめます。

天然温泉でお肌もツルツルです

 (66079)

9号線の桂にある「京都・桂温泉 仁左衛門の湯」の紹介です。市内から縦貫道のインターのちょっと手前になります。

車じゃないと少し行きづらい場所ですが、駐車場は建物の裏に完備です。
 (66080)

まずは券売機で入浴券を購入してください。入浴料は平日一般で700円、土日祝一般で850円です。
割と新聞広告などにクーポンが入っているようなのでチェックしてくださいね。
岩盤浴やカットをされる方もこちらの券売機で購入してください。
 (66085)

女性専門の岩盤浴が多い中、ここは男女共用スペースもあります。
 (66083)

岩盤浴は未体験ですが、こんな感じのスペースのようです。しっかりいい汗かいてくださいね。もちろん女性専用スペースもありますので、その点ご安心ください。

冷・温 2種の温泉が楽しめます

 (66086)

「仁左衛門の湯」の自慢は、敷地内から湧き出る2種類の天然温泉です。
源泉を引き込んだかけ流し風呂が楽しめます。
 (66081)

京都では珍しい、冷と温の2種類のかけ流し風呂があり、交互に入る代謝が高まり、効果があがると言われています。

正真正銘の天然温泉による露天風呂を楽しんでくださいねー。
もちろんサウナなどもあり、オススメは塩サウナです。
お肌ツルツルになりますよ。
 (66088)

温泉を楽しんだあとは、こちらでゆっくりしてください。お風呂上がりのドリンクは最高に美味しいですね。
 (66089)

食堂がとなりのスペースにあるので、温泉ですっきりした後はお腹を満タンに。日替わりメニューや充実のラインアップです。
 (66090)

お食事スペースはほっこりする、畳の和空間です。
 (66091)

マッサージチェアもあるので日ごろの疲れも癒しください。(有料です)

敷地内に湧く温泉をくみあげた、天然温泉です。桂にありさほど遠くないので、ぜひ疲れを癒しに来てください。お肌もツルツルになりますよ。

仁左衛門の湯 クチコミ情報

仁左衛門の湯 店舗情報

店名:京都 桂温泉「仁左衛門の湯」
住所:京都市西京区樫原盆山5
電話番号:075-393-4500
営業時間:午前10:00〜深夜2:00 土日祝日は午前8:00〜
入浴料:大人平日700円、大人 土日祝850円
定休日:年中無休
公式HP: http://www.nizaemon.com/

関連する記事 こんな記事も人気です♪

京都こってりラーメン『天下一品』運営の関西最大級温泉施設!京滋最大級の岩盤浴☆「スパリゾート雄琴あがりゃんせ」

京都こってりラーメン『天下一品』運営の関西最大級温泉施設!京滋最大級の岩盤浴☆「スパリゾート雄琴あがりゃんせ」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は全国的にも知られる京都発祥のラーメンチェーン『天下一品』が運営する、滋賀県雄琴温泉にある関西最大級を誇るスパリゾート。
【京都温泉めぐり】緑豊かな山里に湧く『美人の湯』!ラグジュアリーな天然温泉☆「上方温泉 一休」

【京都温泉めぐり】緑豊かな山里に湧く『美人の湯』!ラグジュアリーな天然温泉☆「上方温泉 一休」

おおきに~豆はなどす☆今回は京都府城陽市の山里に湧く天然温泉。泉質は『美人の湯』とも言われ、女性に人気。ラグジュアリーな温泉旅館のような佇まいで落ち着く空間。
リッチなひと時☆上桂の地元民が集う一軒家カフェ「クローバー」

リッチなひと時☆上桂の地元民が集う一軒家カフェ「クローバー」

女性はクイーン、男性は王様のようなリッチな気分にさせてくれる細部にわたるホスピタリティを感じるカフェ。皆が集う日常の贅沢感を味わえるリッチネスがありました。
京都 桂にも高級食パンの波がやってきた「銀座に志かわ」の食パンは優しい甘みと食感が◎

京都 桂にも高級食パンの波がやってきた「銀座に志かわ」の食パンは優しい甘みと食感が◎

どもこんにちは〜西のお店行きまくりのデブ子デラックスです★今回は、桂にオープンした高級食パン店「銀座に志かわ」を紹介します。
【京都温泉めぐり】レアな半身浴温泉ミストサウナも!筍の名産地ならではなメニュー展開☆桂温泉「仁左衛門の湯」

【京都温泉めぐり】レアな半身浴温泉ミストサウナも!筍の名産地ならではなメニュー展開☆桂温泉「仁左衛門の湯」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は西京区の桂にある天然温泉。冷・温二つの源泉を持ち、かけ流し風呂が楽しめる。創業20周年を迎え、地元色濃い店づくりも。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ガロン ガロン