2018年4月29日 更新

京都山科の有名人気焼鳥店!備長炭焼きの京赤地鶏が絶品☆「焼鳥かなざわ」

山科駅前にある有名焼鳥店。備長炭で丁寧に焼かれた京赤地鶏の美味しさが定評で、平日でも満員御礼の大盛況ぶり。行ってきました。

山科では古株の有名人気焼き鳥店

 (121890)

山科駅を南へ。旧三条通東へ入ってスグの場所にある有名な焼き鳥店。わりと古株のお店で、以前はもっと小さい店舗でしたが、美味しさに定評があり元々の店舗の時も予約が比較的取りづらいお店。

 (121892)

それが一新して、今の広めの店舗になってからは初めて伺います。
 (121891)

鳥メニューがいろいろ充実してて、〆の雑炊も鶏スープを使って名物メニューだったと記憶しています。久々とこの界隈の友人と来店。もちろん予約して。
 (121973)

店内は50人弱ぐらいのキャパがあり、カウンター席、宴会用座敷、テーブル席などなど、いろんな客層にあわせた設え。

この日は平日でしたが、あっという間に満席で途中入店を断られるお客も続出するほど。こんなに大きなハコになっても、不動の人気。
 (121893)

で、まずは瓶ビールでカンパーイ!プハァ~
 (121894)

突出し。鶏の和え物。マヨネーズ味でしたかね。
 (121897)

焼き鳥は京赤地鶏を使用。もうこのブランド地鶏もすっかり定着してますが。

鶏以外にも馬肉や牛肉メニューもあるんですね。あと、数量限定の希少部位とか。
 (121898)

単品メニューでもいろいろ鳥メニューあり。
 (121899)

〆のご飯類が充実してるのは相変わらず。とにかく濃厚鶏スープが美味しいんで、スープ使ったメニューは間違いないです。なので、鍋メニューもきっと美味しいと思います。
 (121896)

あと、旬の野菜を使った焼きメニューも。
 (121895)

その他オススメなどなど。
 (121900)

ドリンクメニューも。
 (121902)

電話予約した客にサービスで提供される「松葉」。鶏の鎖骨に当る部分を唐揚げに。骨から肉をせせりながら食べる。骨回りって、お肉が美味しいですよね。
 (121903)

で、焼き鳥って、基本茶色系でビジュアル的には地味めなんですが(笑)
地味めな画が続きます。こちらはオススメのせせり。全般塩味がオススメだそうです。タレ指定もできますが。それだけ味のごまかしがいらない、という自信のあらわれ。ジューシーで肉汁あふれるせせり。
28 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

京都もつ鍋界の超人気店!飲み放題付きで4500円はお値打ち!!女子会にもピッタリ☆もつ鍋「亀八」【京都山科】

京都もつ鍋界の超人気店!飲み放題付きで4500円はお値打ち!!女子会にもピッタリ☆もつ鍋「亀八」【京都山科】

友人のお誘いで人気もつ鍋店で女子会。本店は先斗町にあり、京都のもつ鍋界では一二を争う人気店だが、今回は山科店で。飲み放題、もつ鍋、単品メニューがつくお値打ち4500円のプランは女子にも大人気。
【京都ランチめぐり】山科駅前の昔ながらの人気大衆食堂!800円破格定食!!持ち帰り品も充実「千成餅食堂」

【京都ランチめぐり】山科駅前の昔ながらの人気大衆食堂!800円破格定食!!持ち帰り品も充実「千成餅食堂」

京都山科駅前にある、昔ながらの大衆食堂的風情のお店。気取らない雰囲気が人気で昼時ともなると、客でにぎわう。通し営業で食事時間を選ばずに利用できるのも魅力の一つ。CPよく、味も驚きの美味しさ。
【京都酒場めぐり】酒処伏見の老舗酒蔵直営店!鳥料理をアテに自慢の日本酒を☆「鳥せい本店」

【京都酒場めぐり】酒処伏見の老舗酒蔵直営店!鳥料理をアテに自慢の日本酒を☆「鳥せい本店」

創業300年の老舗酒蔵・山本本家直営の鳥料理専門の居酒屋。多彩なメニューをアテに自慢の日本酒を堪能できる人気店。平日行ってきました。
【ディープ京都酒場】水・金営業の格安立ち飲みパラダイス!商店街のかしわ屋さんの絶品鶏料理☆「堀川鳥岩」

【ディープ京都酒場】水・金営業の格安立ち飲みパラダイス!商店街のかしわ屋さんの絶品鶏料理☆「堀川鳥岩」

前々から気になってたお店。堀川商店街にあるかしわ(鶏肉)屋さんで水・金曜のみ夜営業してる立ち飲み店。店頭に立ち飲みスペースを設け、自由な雰囲気。しかも格安な鳥料理をアテに飲めるのが人気。
【京都伏見】今年もやってくる!老舗酒蔵で毎年恒例生ビール祭り!!ガンガン呑んで缶ビールゲット☆「鳥せい本店」

【京都伏見】今年もやってくる!老舗酒蔵で毎年恒例生ビール祭り!!ガンガン呑んで缶ビールゲット☆「鳥せい本店」

毎年恒例イベント。酒処伏見の老舗酒蔵・山本本家の直営居酒屋・鳥せい本店の生ビール祭り。呑んだ生ビール分、もれなく缶ビールがプレゼント。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers