2017年10月4日 更新

「傑作スコーンとたっぷりコーヒー」非の打ち所なき癒しカフェ★✳︎cafe wakka(ワッカ)【造形大前】

ここ数年、めくるめく速さで人気カフェが続出している造形大エリア。 安定した人気をキープし続けるスコーンとコーヒーのカフェワッカさん。そのパイオニアスピリッツに迫ります。 その秘密はパティスリー並みの焼き菓子に、ブレないお客様に対する感謝の気持ちなのかもしれません。

茶山ニューウェーブのパイオニア

 (96202)

造形大学の程近く、2015年3月にオープンされたホームメイド焼き菓子に力を入れたカフェ。
こちらがオープンされてから瞬く間にお洒落なカフェが続々オープンし、もはやその先駆け的存在に。
 (96203)

ぴょこんと跳ねるこちらのイメージキャラクター、つきみちゃんが目印です。
 (96204)

お店は二階にあり、白くペイントされた店内は女性ならではのフェミニンな装飾が光るナチュ可愛空間。
カウンターとベンチシートのミニマムなレイアウトですが、
どの席からも明るい陽光が降り注ぎせんれいになっています。
ポイント的にちりばめられたグリーンやナチュラルなアイテム、
誰をもがフレキシブルに過ごせるそんな優しい空気が流れています。
 (96207)

入り口にはキュートにラッピングされた焼き菓子がズラリ。
商品のネームプレートも手作り、
でついつい手に取ってしまいそう。
 (96209)

オーナー様は元パティシィエという経歴をお持ちということで、
お菓子のお味は折り紙つきのかと。
クッキーやスコーンはもちろんテイクアウト可能で、ホールケーキなどのご予約もされているそうです。
 (96208)

あどけない表情が可愛すぎる、イメージキャラクター「つきみちゃん」。レジ横ではつきみちゃんグッズも販売中。

寛ぎポイント多数

 (96206)

秋風がここちよい朝。
折角なので、テラスを使わせて頂くことに。
モーニングメニュー

モーニングメニュー

スコーンレクチャーもあり

スコーンレクチャーもあり

スコーンをより美味しく食べるためのレクチャーペーパー。
このような文面は細やかではありますが、料理が一味も二味も違ってくる魔法のセンテンス。
 (96205)

お冷はたっぷりボトルサーブ。
ミルクスコーンモーニング(¥780)

ミルクスコーンモーニング(¥780)

私はミルクスコーンセットをチョイス。
内容はスコーン、グラノーラヨーグルト、ドリンク。
グラノーラヨーグルトはシナモンの香りが漂い、食欲をそそります。
 (96213)

豆は以前、鹿ヶ谷にあった焙煎所ミエポンブさん。
お味は強く感じるこくに口一杯に広がる華やかなアロマ。
ブラックでも軽やかな口当たりですが、こちらの拘りのお菓子との相性抜群。
 (96214)

パウダーシュガーを軽くまぶした、人肌程度に温めたぽってり、大きなスコーンが二つ。
謳い文句に違いなき、正真正銘のサクフワ感。
整いすぎないルックスもホームメイドならでは。
22 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

出色の正統派自家焙煎コーヒー*カフェ・ヴェルディ【下鴨カフェ】

出色の正統派自家焙煎コーヒー*カフェ・ヴェルディ【下鴨カフェ】

豆へのこだわりのみならず、提供温度や空間造りなど抜かりない、コーヒー一杯にかける熱い情熱に思わず脱帽。間違えなく美味しいコーヒーが頂ける出色の自家焙煎コーヒー専門店。
クラシカルな純喫茶のヘヴィ級グルメ『純喫茶フルール』長岡天神駅すぐ

クラシカルな純喫茶のヘヴィ級グルメ『純喫茶フルール』長岡天神駅すぐ

長岡天神駅すぐ、普段使いに最適な地域密着型カフェレストラン。喫茶店の外せない王道メニューナポリタンとグラタンがドッキング。荘厳な純喫茶でいただく至福のダイナミックナポリタンここにあり。
京都郊外のおすすめモーニング★ほっこり微睡む朝時間*かりんとう【男山】

京都郊外のおすすめモーニング★ほっこり微睡む朝時間*かりんとう【男山】

男山病院の前のカレーが売りの喫茶店。穏やかなマダムが作り出す安らぎの空気感とマイルドなコーヒーでほっこり朝時間。
トロける卵がたまらない!長居必至の快適カフェランチ「ハセイチ珈琲」【京田辺】

トロける卵がたまらない!長居必至の快適カフェランチ「ハセイチ珈琲」【京田辺】

京田辺を代表する集いのコーヒー店。卵が蕩ける懐かしのナポリタンに極上のコーヒーがつくランチセットと抜群の使い勝手の店内環境をご紹介。
自家焙煎珈琲の美味しさには折り紙つき*ミントグリーンの優しさ★ヒイヅルカフェ【七条堀川】

自家焙煎珈琲の美味しさには折り紙つき*ミントグリーンの優しさ★ヒイヅルカフェ【七条堀川】

七条通りにしっぽりと佇む自家焙煎コーヒー店。大型ロースターで焙煎するフレッシュな豆を使用したカフェラテはひと味もふた味も違います。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

cafequeen cafequeen