2016年4月30日 更新

【京都木屋町】5月からは納涼床解禁!鴨川テラス席で涼やかなコスパいいイタリアン♪「アモーレ木屋町」

お待たせしました!5月から始まる鴨川納涼床。その中でも比較的カジュアルでコスパよしのイタリアンをご紹介。

おなじみ、際コーポレーションプロデュースのイタリアン

 (31524)

こちらは、もうすっかりおなじみ。祇園祭り限定の“しみだれ豚饅”で有名な「膳處漢(ぜぜかん)ぽっちり」や「タイガー餃子会館」でおなじみの際コーポレーションプロデュースのイタリアンバージョンのお店。
 (31507)

鴨川沿い立地のお店ということもあり、5~9月は納涼床も。
昔は納涼床といえば、和食中心。ちょっと敷居が高いイメージもありましたが、最近ではイタリアンだったりスタバだったり。カジュアルで利用しやすいお店が増えましたね。
 (31508)

こちらのお店、納涼床のテラス席もあるんですが、もちろん室内のテーブルも。クラッシック、バール、町家、テラスと4タイプ。いろいろなシーンによって使い分けできるのがうれしい。

この時は友人と昼呑み。テーブルは町家タイプ。

さすがの安定感!薪窯で焼いたナポリピッツアも

 (31509)

 (31510)

 (31511)

 (31514)

 (31513)

 (31512)

昼呑みって、人を解放的にしてくれますよね(笑)
好きなものをいろいろチョイスできるアラカルト方式。カジュアルでワイワイと楽しめます~♪

5月は狙い目!雨も少なく涼やかな季節のテラス席

 (31530)

 (31515)

この時は黄昏時に。こののんびりと鴨川を眺めながらワインを傾ける時間って、贅沢。
 (31516)

こんな、アンティパスト盛り合わせを注文して時間かけてゆったりと食事。
室内もいいんですが、こういう開放空間での食事ってあまり他のお客を気にせずにゆっくり過ごせていいですよね。
 (31529)

日も暮れて、夕闇が迫りだすとこんな具合にテーブルにランプが点され、ムーディーな雰囲気に。

5月は雨も少なく、気候も爽やか。これが夏本番だと、逆にテラス席のほうが暑かったり(笑)そして、5月と9月だけランチでも納涼床を楽しめます。
なので、納涼床を楽しむならオススメの時期です!ご予約は必ず!!

ヨ~イヤサ~♪

アモーレ木屋町 への口コミ

アモーレ木屋町 基本情報

■店舗名
アモーレ木屋町
■住所
京都府京都市下京区木屋町通仏光寺下ル和泉屋町161
■電話番号
075-708-7791
■営業時間
11:30~23:00(L.O.22:00)
■定休日
無休
■禁煙・喫煙
完全禁煙
(※入口に喫煙スペースあり。※店内は貸切時のみ喫煙可)
■駐車場

■詳細ページ
http://www.kiwa-group.co.jp/restaurant/282/

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都イタリアン】本場イタリアの味を京都駅前で!「ダニエルズルーチェ」

【京都イタリアン】本場イタリアの味を京都駅前で!「ダニエルズルーチェ」

烏丸の人気店【ダニエルズ】の新店が京都駅から徒歩5分の場所に!女子会、デート、ファミリーでも様々なシーンに利用しやすいイタリアンレストランです!
【京都ランチめぐり】オフィス街にあるレモン料理専門店!暑い季節にこそさっぱり☆「カプリ食堂」

【京都ランチめぐり】オフィス街にあるレモン料理専門店!暑い季節にこそさっぱり☆「カプリ食堂」

おおきに~豆はなどす☆今回は五条烏丸、オフィス街にあるレモン料理専門店のランチ。国産レモンを使用し、店内もレモン色で明るい雰囲気。暑い季節にこそ食べたいランチ。
【京都夏の風物詩】四条大橋の老舗中華料理店で鴨川納涼床ディナー!日本最古のエレベーター必見☆「東華菜館」

【京都夏の風物詩】四条大橋の老舗中華料理店で鴨川納涼床ディナー!日本最古のエレベーター必見☆「東華菜館」

大正15年建築、昭和20年創業の北京料理の名店。京都イチ華やかな場所に立地し、古き良き伝統がその洋館建築からもうかがえます。日本最古のエレベーターは今も現役。そして納涼床が楽しめる昔も今も人気店。
京都の風物詩 鴨川納涼床で楽しむカジュアルイタリアン「ヴィネリア ティ・ヴイ・ビー」

京都の風物詩 鴨川納涼床で楽しむカジュアルイタリアン「ヴィネリア ティ・ヴイ・ビー」

木屋町四条を少し南へ、カジュアルイタリアンの「ヴィネリア ティ・ヴイ・ビー」です。5月から9月は納涼床で美味しいイタリアンを楽しむことができます。
京都タイ料理店の草分け!夏は鴨川納涼床もある!見晴らしのいいランチ☆「佛沙羅館(ブッサラカン)」【四条木屋町】

京都タイ料理店の草分け!夏は鴨川納涼床もある!見晴らしのいいランチ☆「佛沙羅館(ブッサラカン)」【四条木屋町】

京都のタイ料理店の中でも草分け的存在。私もかれこれウン十年前に行って以来かも(笑)鴨川沿いに立地して、夏は納涼床でタイ料理が食べられるお店。超ひさびさにランチ食べに行ってきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな