2016年2月11日 更新

【11月6日~9日】年に1度の開店 「おさびし山雑貨店」が今年もやってくる

年に一度しか開かないお店、ご存知ですか。 なんだか昔読んだ童話に出てきそうな設定の雑貨店が、なんだか昔見た映画に出てきそうなアパートメントで、ひっそり今年も開店です。

乙女心をくすぐるお部屋に、大人気の北欧雑貨がずらり

おさびし山雑貨店が扱うのは、北欧のレースやキッチン小物、文房具に水彩画。
アンティークを中心に、陶芸作家さんの作品など、ふだんづかいの小物から
お店で心をうばわれて、ついつい一緒に帰ってしまうタイプのものまでが、小さなアパートの一室に並びます。

今回、最終日の9日(月)の19:00~は、おさびし山Bar「ma」がオープン。
ワンオーダー制で、江沢ののみさん・山家悠平さんのライブが開催されます。

雑貨店になるアパートは、あの映画にも

 (10507)

雑貨店がひらかれる「銀月アパートメント」は、戦前から建っているという洋館。
漆喰のでこぼこした外壁に埋まる白い木枠の窓、グリーンの屋根の入り口には手書きの看板が。
すでに傾いていそうな、年季の入った建物ですが、その趣きが芸大生やアーティストの心をくすぐり、入居希望者は絶えないとか。そう、現役アパートなんです。

このアパート、映画「鴨川ホルモー」のロケにも使われたそうです。
調べたらもっと出てくるんじゃないかしら、ロケで使った映画。と思うほど、住宅地の中でオーラを放っています。

これを逃したら、銀月アパートメントに足を踏み入れられるのも、一年後。
何より掘り出し物の北欧アアンティークを目にするのも、一年後。

行きますか?行きませんか?

おさびし山雑貨店への口コミ

おさびし山雑貨店 基本情報

名称
おさびし山雑貨店
住所
京都府京都市左京区北白川伊織町30 銀月アパートメント15号室
営業時間
12:00~18:00 / 最終日Bar 18:00~23:00
開店日
11月6日(金)~9日(月)

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

little-maya little-maya