2017年4月24日 更新

京都・北山の本格ピッツェリア!温玉が乗ったトマトビスマルクは鉄板の美味しさ!「シンパティア」

北山にある本格ピッツェリア「シンパティア」でピッツァランチなり。

北山で本格ナポリピッツァが頂けます!

 (78533)

やってきたのは北山の「ピッツエリア、シンパティア」なり。北山周辺のピッツア店では非常に人気のお店。
 (78534)

今日1組目の客としてテーブル席に。ちっちゃいカウンター席が3席だけあって、あとは御覧の2人テーブルを適宜くっつけたり、離したり、という作戦。全21席ですな。
 (78535)

ランチメニューがこちら。夜メニューのピッツア料金と同額で、サラダとお茶がついてくるというシステム。ピッツアは全15種類で、一番シンプルなマリナーラ(チーズなしトマト系)¥1000から、¥1600のブファリーナ(水牛のムッツアレラチーズを使ったフレッシュトマト系)までという構成。1人で来ると、ハーフ&ハーフをお願いできるサービスがあるのが良いですな。ま、我々は長考していつも食べているようなのをチョイス。
 (78536)

ランチ時でも別に軽い前菜が5種類ほどお願いできるので、切立て生ハム¥680をチョイス。
 (78537)

まずグリーンサラダがでてくる。玉ねぎピュレと柑橘系フルーツ的なドレッシングが美味しい。が、これと生ハムは、ピッツアを食べたほうが相乗効果だよねえ!と、我慢、我慢なのだ。 
 (78538)

でやってきたのは、ビスマルク。温玉が乗ったトマト系で¥1500なり。鉄板ですなあ。ちゃんとしたピッツエリアなのでもちろんタバスコはないが、ごらんの「辛いオリーブオイル」が程よい辛味で、無茶良い仕事をするのだ。
尚、ピッツアを2枚注文すると、シェアされますか?と確認され、シェアします!というと、熱々を時間差をつけて出してくれるのが嬉しい。(それが当たり前だと、最近まで思っていたのですが、京都ではそうではないお店もあるのです。。。)
 (78539)

玉子とろとろがタラマンですなあ。ピッツア生地はさっくりむっちりバランス系で、厚みはやや控えめ、ピッツアサイズは28cmなのですが、軽やかに頂けます。
 (78540)

クアトロフォルマッジ(4種類のチーズピッツア)が、メニューに無いのがびっくり!ですが、トレフォルマッジ(3種類のチーズピッツア)¥1500がスタンバイ(汗汗)。 チーズはモッツアレラ、ゴルゴンゾーラ、パルメジャーノなり。クセのあるチーズは使っておらず、まろやかクリーミータイプ。
 (78541)

チーズ系ピッツアには、超合いまくり!なハチミツがさっと出てくるので、我々は大推薦、加点したい!と思っちゃうのですな。いやー、良いです。
 (78542)

蜂蜜をつけるとデザートっぽくなっちゃうのですが、サラダと生ハムを残しておいたので、数切れは更に美味しく頂けました。GOOD!です。
 (78544)

珈琲で充実ランチ完了! いやー満腹満腹。帰りには当然のように満席になり、待ち客ができるほど。ご馳走様でした、立ち寄らせてもらいます!

ピッツェリア バール シンパティア クチコミ情報

ピッツェリア バール シンパティア 店舗情報

17 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都北山】蕎麦好きなら必訪の名店!香り高い3種類の利き蕎麦が楽しめる☆「蕎麦屋じん六」

【京都北山】蕎麦好きなら必訪の名店!香り高い3種類の利き蕎麦が楽しめる☆「蕎麦屋じん六」

もう20年近く北山エリアで営業している手打ち蕎麦の名店。石臼挽きの自家製そば粉を使用。そして、香り高い産地の違う3種類の蕎麦を楽しめる「蕎麦三昧」を求めて久々に行ってきました。
”イタリア人シェフ”が焼き上げる本場の薪窯焼きピッツア「 フォールム」@北山

”イタリア人シェフ”が焼き上げる本場の薪窯焼きピッツア「 フォールム」@北山

下鴨本通北山の交差点を10mほど上がった東側にある「フォールム」なる薪窯焼きピッツア店をご紹介。
蕎麦店激戦区 北山エリアの居酒屋使いできる蕎麦店「大坪屋彦七」

蕎麦店激戦区 北山エリアの居酒屋使いできる蕎麦店「大坪屋彦七」

地下鉄北山駅の北側住宅街の中、西松本児童公園の南向かいにある「大坪屋彦七d」でお蕎麦ランチなり。
画家から転身!独学で学んだ自家製シャルキュトリー充実のお肉屋さん☆「ミート&デリ かわきた屋」

画家から転身!独学で学んだ自家製シャルキュトリー充実のお肉屋さん☆「ミート&デリ かわきた屋」

知る人ぞ知るお肉屋さん。もともとヨーロッパで画家を目指していたご主人が、本場の味に惚れ込み、独学でシャルキュトリーを構築。ハムやベーコン、パテなど、通常の肉屋的風情もありつつエスプリ感ただようシャルキュトリーが並ぶお店。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スイカ小太郎。 スイカ小太郎。