2016年2月14日 更新

【おとなの京都】老舗専門店に教わる日本の伝統文化!「鳩居堂(きゅうきょどう)」【お店】【伝統品】

そろそろお正月準備。この時期、つい足を運んでしまうお店です。こちらも創業1663年で350年以上経つ老舗中の老舗。実用品としての日本の伝統文化を大切に守り育てるお店です。

今回は、お香、書画用品、はがきなどを扱う専門店「鳩居堂(きゅうきょどう)」をご紹介します。

店内はお香の香りただよう落ち着いた雰囲気

 (11937)

 (11938)

 (11939)

寺町通りにある重厚で趣きのある建物。ディスプレイも師走の装い。和モノのお店ですが、クリスマスのものも。こんなところからも季節の移ろいを感じたり。こちらは、京都、東京にそれぞれ本店を構えるお店。都が京都から東京に移った際、宮中の御用勤めのため東京にも出張所を作ったことから本店が2つになったようです。

正月向けのポチ袋や年賀ハガキもいろいろ充実♪

 (11942)

入ってすぐ。正月飾りあれこれ。来年は申年ですね~♪
最近は正月でもスーパーや飲食店やってたり、普段と変わらない雰囲気だったり正月感があまりなかったりもしますが。でも、新年はこんな小物たちで玄関や床の間を飾る習慣って大切にしたいですよね。
 (11944)

ここはこの時期必ずチェック。
ポチ袋(お年玉袋)あれこれ。和紙で作られた和のかわいい絵柄。お年玉をあげる側のテンションも上がります(笑)
 (11946)

年賀状自体、最近ではメールで済ませる人もいますが、年賀ハガキもいいですね~もらう側もほっこりする絵柄です~
 (11948)

 (11949)

他にも便箋類や千社札。どれもこれも質がよく丁寧に作られたものとわかる品。
 (11951)

千代紙や和柄の小物入れ(*☻-☻*)
 (11953)

 (11954)

そして、いつもここに来ると大人のたしなみとして書を習ってみようかなぁ~と思わせられます。まだ実現してませんが(笑)
 (11956)

 (11957)

お店でこんな本も出版されてます。京都は年中行事の中に昔からのしきたりや慣習が受け継がれていること、けっこうあったりしますが、それでも忘れがち。それは昔も今も、皆が健やかに日々暮らせるようにとの思いも込められているのかと。四季折々の移ろいを日常に取り入れて風流に過ごす術が示されてるのかと。
案外、日本人なのに伝統文化に疎かったり。そんな意味で、指南書としてまた日本のよさを再確認するのにいいかな、と。なかなか忙しい現代人の私たちですが、こんな余裕のある感覚も持ち合わせていたいですよね。

鳩居堂への口コミ

鳩居堂 基本情報

名称
鳩居堂京都本店
住所
京都府京都市中京区寺町通姉小路上る下本能寺前町520
電話番号
営業時間
10:00~18:00
定休日
日曜日(祝日、祭日は営業)
関連URL
http://www.kyukyodo.co.jp/index.html
27 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな