2016年5月28日 更新

豊臣秀吉が名付け親!老舗の名物をテイクアウト♪ 伏見稲荷参道の「祢ざめ家(ねざめや)」

伏見稲荷大社の参道にある「祢ざめ家」に行ってきました~

稲荷参道の老舗

 (36332)

伏見稲荷大社の参道にある祢ざめ家さん。創業はおどろきの70年以上前で、屋号は豊臣秀吉が名付け親と言われています。
 (36333)

店頭では、鰻や鶉を焼いている香ばしい香りがしています。

冬季は、スズメの焼き鳥も売られているそうです。

五穀豊穣の神を祀る稲荷神社では、米を食い荒らすスズメは外敵と見なされ、
食されるようになったとか。
 (36334)

さば寿司や助六すしも人気ですが、私のお目当てはいなりずし。

お目当ては名物の「いなりずり」

 (36335)

鶉焼きとともに、いなりずしも、こちらのお店の名物です^^
 (36336)

3個入りを買いました♪
 (36337)

甘くてジューシーなお揚げと酢飯の組み合わせにゴボウ、胡麻、
そして麻の実の食感が良いアクセントになっています。
 (36338)

21 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【名物】いなり寿司は必食!秀吉が愛し命名した伏見稲荷の食事処「祢ざめ家(ねざめや)」

【名物】いなり寿司は必食!秀吉が愛し命名した伏見稲荷の食事処「祢ざめ家(ねざめや)」

伏見稲荷の象徴的な食事処「祢ざめ家(ねざめや)」いなり寿司や鯖寿司が名物、店頭ではうなぎやうずらを焼いていて香ばしいかおりが辺りに広がります。
世界の観光客に愛される幻想的な千本鳥居「伏見稲荷大社」その魅力を大解剖!

世界の観光客に愛される幻想的な千本鳥居「伏見稲荷大社」その魅力を大解剖!

伏見が世界に誇る観光スポット「伏見稲荷大社」に行ってきましたので、その魅力をお伝えしたいと思います。
伏見稲荷大社、参拝の帰りには80年変わらない手焼きの稲荷煎餅はいかが?「総本家 宝玉堂(ほうぎょくどう)」

伏見稲荷大社、参拝の帰りには80年変わらない手焼きの稲荷煎餅はいかが?「総本家 宝玉堂(ほうぎょくどう)」

伏見稲荷の老舗「総本家 宝玉堂(ほうぎょくどう)」のご紹介です。80年以上変わらない、素朴で懐かしい味の稲荷煎餅はお土産にどうですか?
広がる京都のコーヒースタンド☆「Kurasu(クラス)伏見稲荷」いよいよグランドオープン!

広がる京都のコーヒースタンド☆「Kurasu(クラス)伏見稲荷」いよいよグランドオープン!

昨年末からプレオープン中だった「Kurasu(クラス)伏見稲荷」が2/1いよいよグランドオープンです☆京都のたくさんあるコーヒースタンドの中でもひときわお洒落度の高いKurasuさん☆早くも人気ぶりがうかがえます☆
百花繚乱オムライスのパラダイス☆伏見醍醐の名店「オムライス屋 スー醍醐店」

百花繚乱オムライスのパラダイス☆伏見醍醐の名店「オムライス屋 スー醍醐店」

石田駅近くにひっそり佇むオムライス専門店。サイズやソース、卵の形状も選べるまさにオムライスパラダイス。リピート必至の伏見醍醐エリアの卵の楽園。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

フードアナリストゆう フードアナリストゆう