2016年5月28日 更新

豊臣秀吉が名付け親!老舗の名物をテイクアウト♪ 伏見稲荷参道の「祢ざめ家(ねざめや)」

伏見稲荷大社の参道にある「祢ざめ家」に行ってきました~

稲荷参道の老舗

 (36332)

伏見稲荷大社の参道にある祢ざめ家さん。創業はおどろきの70年以上前で、屋号は豊臣秀吉が名付け親と言われています。
 (36333)

店頭では、鰻や鶉を焼いている香ばしい香りがしています。

冬季は、スズメの焼き鳥も売られているそうです。

五穀豊穣の神を祀る稲荷神社では、米を食い荒らすスズメは外敵と見なされ、
食されるようになったとか。
 (36334)

さば寿司や助六すしも人気ですが、私のお目当てはいなりずし。

お目当ては名物の「いなりずり」

 (36335)

鶉焼きとともに、いなりずしも、こちらのお店の名物です^^
 (36336)

3個入りを買いました♪
 (36337)

甘くてジューシーなお揚げと酢飯の組み合わせにゴボウ、胡麻、
そして麻の実の食感が良いアクセントになっています。
 (36338)

21 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【名物】いなり寿司は必食!秀吉が愛し命名した伏見稲荷の食事処「祢ざめ家(ねざめや)」

【名物】いなり寿司は必食!秀吉が愛し命名した伏見稲荷の食事処「祢ざめ家(ねざめや)」

伏見稲荷の象徴的な食事処「祢ざめ家(ねざめや)」いなり寿司や鯖寿司が名物、店頭ではうなぎやうずらを焼いていて香ばしいかおりが辺りに広がります。
伏見稲荷大社、参拝の帰りには80年変わらない手焼きの稲荷煎餅はいかが?「総本家 宝玉堂(ほうぎょくどう)」

伏見稲荷大社、参拝の帰りには80年変わらない手焼きの稲荷煎餅はいかが?「総本家 宝玉堂(ほうぎょくどう)」

伏見稲荷の老舗「総本家 宝玉堂(ほうぎょくどう)」のご紹介です。80年以上変わらない、素朴で懐かしい味の稲荷煎餅はお土産にどうですか?
【京都発酵食品めぐり】超有名老舗鯖寿司店の発酵珍味!京都製なれずし☆祇園石段下「いづ重」

【京都発酵食品めぐり】超有名老舗鯖寿司店の発酵珍味!京都製なれずし☆祇園石段下「いづ重」

京都で数ある鯖寿司の名店の中でも筆頭と呼び声高いお店。祇園にある創業100年以上の寿司店。鯖寿司以外の寿司ももちろん美味しいわけだが、中でも知る人ぞ知る発酵珍味があるということで食べてみました。
伏見稲荷駅の真ん前!耳までさっくりのおススメホットサンド「カノコカフェ」

伏見稲荷駅の真ん前!耳までさっくりのおススメホットサンド「カノコカフェ」

伏見稲荷のシンボルきつねをキャラクターに用いたキュートなカフェ。モーニングより頂ける耳までさっくり焼き上げたホットサンドでお腹も心も満タンです。
【京都パンめぐり】絶滅危惧種『ニューバード』発見!京都らしい昭和レトロな懐かしベーカリー「バード観月堂」

【京都パンめぐり】絶滅危惧種『ニューバード』発見!京都らしい昭和レトロな懐かしベーカリー「バード観月堂」

伏見区向島にある昭和レトロな雰囲気そのままのベーカリー。今はなき老舗パンチェーン店「バード」の支店。そして、京都発祥パンともいわれている名物レトロパン『ニューバード』も発見。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

フードアナリストゆう フードアナリストゆう