2022年6月2日 更新

【京都】新緑に包まれた乙訓エリアの長岡天満宮や光明寺を散策

2022年5月19日、京都府の長岡京市、向日市、大山崎町からなる乙訓地域を、新緑を求めて散策してきました。

新緑に包まれた乙訓エリア

長岡天満宮錦景苑

長岡天満宮錦景苑

 長岡天満宮の参道となる八条ヶ池の遊歩道でも青もみじが綺麗です。また紅葉庭園として近年整備された「錦景苑」では、水藻に覆いかぶさる青もみじが見られます。
八条ヶ池水生植物園

八条ヶ池水生植物園

八条宮智忠親王が造立した八条ヶ池の水生植物園では、スイレンやカキツバタ、アヤメなども見ることができます。
名称:八条ヶ池 水生植物園(長岡天満宮境内) 
住所:京都府長岡京市天神2丁目15
長法寺溺泉(おぼろのいずみ)

長法寺溺泉(おぼろのいずみ)

 長法寺本堂の傍らには、こんこんと湧き出る泉がありました。この泉は、古来より枯れたことがないと伝承されていて、「溺泉(おぼろのいずみ)」と言います。泉に覆いかぶさるように新緑が見られます。
子守勝手神社本殿前

子守勝手神社本殿前

 西山公園の奥にある「子守勝手神社」は、粟生村の産土神です。本殿前で青もみじが綺麗に映えていました。
名称:長法寺 
住所:長岡京市 長法寺 谷田16 

名称:子守勝手神社 
住所:長岡京市粟生清水谷27
新緑の向日神社

新緑の向日神社

向日市民の鎮守様、向日神社では、ゆるやかな正面参道から本殿に向かうと、青もみじののアーチが出迎えてくれます。
向日神社裏参道

向日神社裏参道

険しい階段が続く向日神社裏参道も新緑で覆われています。
名称:向日神社  
住所:京都府向日市向日町北山65
紅葉の名所 光明寺

紅葉の名所 光明寺

知る人ぞ知る紅葉の名所粟生光明寺 青もみじも綺麗です。宗務所からの往路。
御影堂に向かう参道

御影堂に向かう参道

御影堂に向かう参道となるゆるやかな通称「おんな坂」も青もみじに覆われ幻想的です。
名称:粟生光明寺 
住所:京都府長岡京市粟生西条ノ内26-1
13 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Sinosino Sinosino

オススメの記事