2016年6月23日 更新

なんだか安心するあっさりラーメン!3周年を迎えた七条佐井の「京都ラーメンきんざん」

西京極と西大路の間あたりの「京都ラーメンきんざん」が3周年イベント中ということで行ってきました!

 (40102)

七条通りを西に進み、西大路通り超え佐井通りの交差点にある「京都ラーメンきんざん」です。
深夜の2時まで営業されているので、夜中にラーメンっていうときに助かります。そんなときよくありますよね?(笑)

充実のサイドとドリンクメニュー

 (40103)

お店の扉には、山盛りのイベントPOPが!
3周年のイベント中は、ラーメンがなんと半額の340円なんです!差額を払えば、大やチャーシューメンにも変更できます。
3周年のイベントは、6月19,20,21日のみです。
 (40104)

こちらがメニュー表です。やっぱりここはラーメン一択です。お酒のお供になりそうなサイドメニューの品ぞろえが憎いです(笑)
 (40105)

なんと!ちょっとした居酒屋さん並にドリンクメニューが充実しています。ワインや日本酒、マッコリもあります。

懐かしいあっさりラーメン

 (40106)

ラーメン並をオーダーしました。通常なら680円ですが、イベント中につき半額の340円!なんとお得な。
どこか懐かしい感じのするほっこりするビジュアルのラーメンです。
 (40107)

豚骨スープに醤油をあわせたあっさりスープのラーメンは、昔ながらの安心する一杯です。
麺は細め、もちもちで美味しい。
 (40108)

チャーシューはバラ肉で薄くスライスされていて、風味もよく美味しい。このスープ、麺にピッタリな主張しすぎないチャーシューです。
 (40109)

ラーメンのお供には餃子をチョイス!ジューシーでお肉の旨さがしっかり詰まっていて、ビールが欲しくなりました。
こちらもオススメの一品です。
めっちゃ近いわけではないが、ちゃいなや、塩元帥、あいつのラーメかたぐるまとぼく好みのラーメン店が集結しています(笑)
お腹を空かせて、はしごしたいエリアです(笑)

京都ラーメンきんざん への口コミ

京都ラーメンきんざん 店舗情報

店名:京都ラーメンきんざん
住所:京都市下京区西七条南月読町92 山住ビル 1F
電話番号:075-555-9541
営業時間:11:30~14:00 / 18:00~翌2:00
定休日:無休
店舗FBページ:
https://www.facebook.com/pages/%E4%BA%AC%E9%83%BD%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%A1%E3%83%B3-%E3%81%8D%E3%82%93%E3%81%96%E3%82%93/513899065331099
16 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

亀岡のロードサイドにある人気店「京都ラーメンたかばし 亀岡店」

亀岡のロードサイドにある人気店「京都ラーメンたかばし 亀岡店」

亀岡のロードサイド、第一旭の流れをくむ人気ラーメン店「京都ラーメンたかばし 亀岡店」なり。
【京都ラーメンめぐり】梅小路公園前のメニュー豊富な有名店!京都音楽博覧会にちなんだ特別メニューも☆「拳ラーメン」

【京都ラーメンめぐり】梅小路公園前のメニュー豊富な有名店!京都音楽博覧会にちなんだ特別メニューも☆「拳ラーメン」

京都ラーメン界ではかなり有名で不動の人気。梅小路公園北側に立地。豊富なメニューとこだわりのラーメンが人気で行列をつくることも。この日は毎年恒例の音楽イベントにちなんだラーメンも登場。
突然の閉店にファンら深い悲しみに*映画「タンポポ」のモデルにもなった四条大宮の名店「珍元」

突然の閉店にファンら深い悲しみに*映画「タンポポ」のモデルにもなった四条大宮の名店「珍元」

長年にわたり親しまれ愛された大宮・壬生のラーメン店「珍元」さんが閉店されました*突然のお知らせにファンはみんなびっくり!*あまりにも突然で悲しすぎる!
あっさりからこってり、細麺から極太麺まで!今出川の全方位的ラーメン店「彦さく」

あっさりからこってり、細麺から極太麺まで!今出川の全方位的ラーメン店「彦さく」

今出川通沿い、千本通と堀川通の丁度真ん中ほどにあるラーメン店「らーめん 彦さく」でランチなり。あっさりからこってり、細麺から極太麺まで選べる全方位網的ラーメン店。
京都ラーメンを極める!行列必至の人気ラーメン店「厳選7店」市内から郊外の人気店まで【まとめ】

京都ラーメンを極める!行列必至の人気ラーメン店「厳選7店」市内から郊外の人気店まで【まとめ】

ラーメン激戦区と呼ばれて久しい京都。世界中からやってくる観光客に人気のメジャー店はもちろんながら、ラーメンマニアがこよなく愛する郊外店まで幅広いジャンルのラーメン店があります。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ガロン ガロン