2017年10月29日 更新

くつろぎジャズ喫茶でおみくじカフェタイム*「喫茶 陽(よう)」【鞍馬口】

洋食メニューにも定評のあるジャズ喫茶「陽(よう)」。 美味しいカフェメニューのお供のあのアイテムがとっともユニークです。

渋い空間 × ユニークな仕掛け

 (98828)

大谷大学を南へ、烏丸通、鞍馬口にある「喫茶 陽(よう)」。
お昼でも独特のシックな雰囲気を醸し出した店構えですが、夜は屋号を照らすライトが映えその雰囲気に拍車をかけます。
 (98830)

艶やかに光る木目調アンテークで統一されたオーセンティックな喫茶空間。
アート色の強い絵画ヴェネチアンマスクもどきのお面など特徴的な造形物が店内を彩ります。
 (98839)

しっとり、程よい音量で流れるジャズの調べ。
この日はほぼノーゲスト、非常にリラックスできる空間。
 (98838)

分厚い冊子に間隔をあけ、見やすくレイアウトしたメニュー表。
ソフトドリンクメニューI

ソフトドリンクメニューI

ソフトドリンクメニューII

ソフトドリンクメニューII

ミルクコーヒー(¥480税込)

ミルクコーヒー(¥480税込)

私はミルクコーヒーをチョイス。
提供温度はかなり高め。
ミルク感の強い素朴なお味。

お楽しみおみくじ付きシュガー

 (98834)

銅の様にはいったおみくじ付きシュガー。
友人やカップルでこれば間違えなく盛り上がるアイテム。
 (98835)

おみくじはお砂糖の袋の端に巻きついており、お砂糖を開封せずともおみくじは引けます。
一枚目、なんだか意味深。
意中の人がいるかたはダメージを食らう内容。
 (98836)

二枚目。
今回は自己啓発的な内容。ある種の戒めのようでこれは自分を奮い立たせる起爆剤になりますね。
2つひいただけですが、けっこうネガティヴ、良いことばかりをつらつら描かれるより潔く切り捨ててくれるので心に沁みます(笑)
 (98837)

ついつい他のものも引きたい衝動にかられますが、今回は二つ引かせて頂き、久々にシュガーを消費。
たまには甘〜いミルクコーヒーも
ほっこりします。
 (98833)

定期的に音楽に纏わるイベントもされているそう。
モーニングやランチには、本格的な洋食メニュー、アルコールも置かれているので多目的な使い勝手。
テーブルのおみくじ、是非是非引いて見てください。

喫茶 陽 クチコミ情報

19 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

"まさに昭和遺産” 高倉健も愛した京都の名喫茶*「花の木」【烏丸紫明】

"まさに昭和遺産” 高倉健も愛した京都の名喫茶*「花の木」【烏丸紫明】

高倉健をはじめとした映画界のスターが愛した名喫茶店。ゴールドの輝きに満ちた往年の趣きたっぷりの店内で頂く味わい深いコーヒー。時計をを巻き戻しさあ、タイムトラベルへ。
珈琲に携わって40年余☆たどり着いたのはココロ癒される優しい場所「自家焙煎珈琲 ガロ」【京都・西陣】

珈琲に携わって40年余☆たどり着いたのはココロ癒される優しい場所「自家焙煎珈琲 ガロ」【京都・西陣】

個性的なお店が立ち並ぶ西陣・鞍馬口通りですっかり馴染んだ感じで佇むお店「自家焙煎珈琲ガロ」さん☆北山で1977年にオープンした後、2004年に現在の場所へ☆行き着いた場所はは珈琲通だけのためのお店ではなく、故郷を感じさせる優しいお店でした☆
【元・立誠小学校】仮設店舗にて営業再スタート!「Traveling Coffee」(トラベリングコーヒー)☆3/15からプレオープン中☆

【元・立誠小学校】仮設店舗にて営業再スタート!「Traveling Coffee」(トラベリングコーヒー)☆3/15からプレオープン中☆

元・立誠小学校の職員室で営業されてきたTraveling Coffee」(トラベリングコーヒー)☆校舎の耐震補強工事のため、この場所での営業は3/10をもって終了し、旧校庭に建てられた仮設店舗にてプレオープンとして営業を再開されました☆仮設とは言うものの、新たな魅力も含めとっても素敵なお店になる予感です♪
この雰囲気に共感できたら珈琲通!?まるでショットバーのような喫茶店「喫茶どんぐり」【烏丸丸太町】

この雰囲気に共感できたら珈琲通!?まるでショットバーのような喫茶店「喫茶どんぐり」【烏丸丸太町】

「喫茶どんぐり」という可愛らしい店名に似合わず、渋目の大人な雰囲気の喫茶店☆しかし堅苦しさはまったく無く普通に喫茶店として気軽に使えるお店☆実は珈琲通も納得のこだわりのスペシャリティコーヒーがいただけるのです♪
”老舗紅茶専門店”カジュアルに世界の紅茶を召し上がれ「喫茶デリカ」【京都大丸スグ】

”老舗紅茶専門店”カジュアルに世界の紅茶を召し上がれ「喫茶デリカ」【京都大丸スグ】

大丸サイドのビル二階にひっそりと存在を留める「デリカ」朝から晩までカジュアルに使いこなせるディリーユースしたい紅茶専門店をご紹介。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

cafequeen cafequeen