2017年6月15日 更新

【京都珍風景】サイコ的なおまじない?鴨川に突如現れた謎のモアイ像??【京阪七条駅スグ】

たまたまいい天気で、鴨川沿いを自転車でポタリング。すると、謎の光景が。一体なんなんだこれは!と調査してみました。

鴨川沿いの塩小路橋を過ぎたあたりで発見

 (81431)

たまたま自転車で鴨川沿いを自転車でポタリング。川沿い走る時、いつも魚とか釣り人とか、何かいないかと見ながら走ってるわけですが。


そんな中、塩小路橋を過ぎた辺りで・・・


ん?
 (81432)

んんん??


1メートル弱はありますかね。奇跡的な配列で石塔が立っています。
 (81434)

しかも、一本どころの話ではなく、こんなにフレームイン(笑)
 (81433)

ボンドか何かでくっついてるんでしょうか。それとも河原の石再生利用オブジェとしての観光資源なのか?と勘ぐってまわり見渡すも、説明札らしきものもなく。謎が謎を呼ぶ・・・
 (81436)

帰宅後、何か手がかりはないかとネットでいろいろ調べてみて全貌が明らかに。いや、明らかになってすごくホッとしたんですが(笑)

定年退職後のある日、何気なく河原の石を積み上げたところ面白さを感じ、石を重ねに河原に通うようになったという男性の方の作品。そう、作品ですね。石積みアーティストとも言えますかね。もう5年以上こういう活動をされてるそうです。

鴨川の楽しみ方として、そんな形もあるのか!世の中、いろんな人がいるなぁ~とちょっと目からウロコな光景でした。

ヨ~イヤサ~♪
7 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな