2022年10月4日 更新

【京都花めぐり】今年も彼岸花がきれいに咲き誇りました「若宮八幡宮」【八幡市】

暑さ寒さも彼岸まで、と言いますが、10月に入っても夏のような暑さが続き、涼しい秋本番が待ち遠しいです。毎年、お彼岸辺りに咲く「彼岸花」。今年の開花の便りは少し早めの所が多かったですが、若宮八幡宮はお彼岸辺りにきれいに咲き誇りました。今年の境内の様子を紹介します。

すっかり彼岸花の人気スポットに

 (229623)

京都市の西に位置する京都府八幡市。
国宝石清水八幡宮がある事で、広く知られています。
希少な彼岸花の群生が見れるということで、人気が高まりつつある若宮八幡宮。平日に撮影へ行きましたが、以前よりもたくさんの方が撮影や鑑賞に来られていて、すっかり人気スポットになりましたね。
若宮八幡宮は八幡市市内に2か所あるので、彼岸花が咲く方のお社のアクセスと境内の様子を紹介します。(9月20日頃の撮影)。
 (229851)

今回紹介するのは八幡市民体育館付近の若宮八幡宮です。アクセスは京阪石清水八幡宮駅からバスで20分ほどで、駅の改札を左に出てすぐバスロータリーがあり、2番乗り場からバスに乗車します。
 (229852)

京阪バスの車体広告ってすごいですね(笑)京阪バスのトレードマーク的赤と白の部分があまりないように思います(笑)
 (229853)

若宮八幡宮最寄りは、「野尻」です。「八幡市民体育館」で下車しても近いです。バスは時間帯によりますが、一時間に一本の時もあるので、乗り遅れに注意です。
 (230162)

バス停より徒歩すぐにお社の入り口があります。
ここから一転、神聖な感じがして、空気が変わるような気がします。
 (229625)

若宮八幡宮には駒札などが見当たらず、起源や創建などの情報は不明です。若宮八満宮の名前から、その名の付くお社の多くは仁徳天皇をお祀りされているそうです。
こじんまりとしたお社ですが、神聖な雰囲気で、竹林に囲まれていて、風情があります。
神職の方はおられないようで、行く度に地元の方々でしょうか?周辺をお掃除などの管理をしてくださっています。
 (229624)

お社の方から見た境内です。参道の左右に彼岸花の群生が広がります。
 (229622)

何カ所か群生が固まって咲いていて、こちらは山門入って鳥居横の群生です。
 (229630)

鳥居横の群生にもう少し寄ってみました。まだ蕾が残っていて、枯れた花がほとんどなく、とても綺麗でした。
彼岸花の花言葉は色別に違っていて、赤色の花言葉は、「情熱」「独立」「あきらめ」「再会」とたくさんあります。赤い色に合わせて、情報という花言葉がマッチするかなと個人的には思います。
 (229626)

鳥居から向かって右側が結構密集して群生していましたが、今年は花数が減っているように思います。
温暖化のせいでしょうか?
それでもこれほどの彼岸花が見れる所は希少です。
 (229629)

以前は密集していた群生の間に、人が入れる隙間が何カ所か出来ていました。
 (229628)

鳥居から向かって左にも群生があります。
テニスコート越しに見える彼岸花、そばでテニスを楽しむ音が聞こえる中、神聖な感じと、現実が混ざったような雰囲気で、不思議な感じです(笑)こちら側は日当たりが良かったので、アゲハ蝶が彼岸花に留まっているのを見かけました。(シャッターチャンスは逃しちゃいました)
 (229631)

彼岸花は何となく怖いイメージがありますが、近くで見ると本当に美しく、また群生している風景を見ると、癒されます。貴重な群生、鑑賞や撮影に行かれた方は、マナーを守って皆でこの風景を守れたらいいなですね。
今回は貴重な彼岸花の群生、若宮八幡宮の今年の様子を紹介しました。現在はもう終盤と思われますが、今後の参考になれば幸いです。

スポット情報

名称:若宮八幡宮
住所:京都府八幡市野尻北ノ口5
拝観:境内自由
17 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

m.m m.m

オススメの記事