2017年9月7日 更新

フォトジェニックなクリームソーダと店主さんが魅力!カマタ店【北大路】

ほっこりした外観と店内、フォトジェニックなクリームソーダに、個性的な雑貨とかわいい看板ネコちゃんも。おしゃれカフェかと思いきや、面白い店主さんの、面白い喫茶店でした。

見た目はほっこりおしゃれなカフェ

 (93852)

今回紹介するのは、北大路駅から徒歩5分程度のところにある喫茶店・雑貨店「カマタ店」です。

白を基調とした素朴な外観。タイルがオシャレですね!女子大生の集う場所って感じです。
 (93853)

店先にはタイプライターで打ったようなフォントのかわいらしい看板が!
ついつい写真におさめたくなります。

個性的でオシャレな雑貨もおいてあります

 (93854)

さて、店内に入りますとそこには個性的な雑貨がずらりと並んでいました。
洗練されているのだけれど、どこか素朴。なんともいえない魅力のある雑貨ばかり!
 (93855)

カップやうつわなどが多く揃えてありました。

看板ネコの豆太郎が出迎えてくれました

ふと足元をみると、黒い影が…!こちらは看板ネコの豆太郎。
いつも居るわけではないそうなので、出会えたらラッキーですね。
 (93857)

じっと外を見つめる豆太郎。男前!(オスなのか?)
店内をうろうろしてはお客さんに可愛がってもらっていましたよ。

おすすめはフォトジェニックなクリームソーダ

 (93861)

カマタ店といえばこれ!
みてください。このかわいいクリームソーダ。
こんな風にソーダの上に小さなお皿がのっていて、添えられているんです。かわいい!おしゃれ!
 (93862)

アイスクリームをソーダに落としていただきます。
ちなみにこのアイスは手づくりなんだそう。普通のジンジャーエールの薬のような味ではなく、甘くて優しい味がしました。

食べているときはひんやり。あとから体の中からポカポカしてきました。

でもいちばんの魅力は?

しかし、カマタ店はただのおしゃれカフェではありません。
 (93863)

しかし、カマタ店はただのおしゃれカフェではありません。

たしかに、やってくるのはオシャレで流行に敏感そうな、フォトジェニックを求めてそうな、若い女の子たち。

けれど普通と違うのは、その子たちが店主のおっちゃんと自然に会話していること。
サラリーマンが飲み屋のおっちゃんに話しかけるみたいにやってきて、笑って、また来るねと帰っていくのです。
メニューを選んで、品物がとどいて、写真を撮って、消費して、お金を払ってさようなら。
それだけではみえてこない、当たり前だけど忘れがちな一人一人の暮らしが、このお店ではみえてきます。
そういうところが、とても喫茶店的。

おしゃれ感と生活感が絶妙なカマタ店、とても面白いお店です!
20 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

癖になる方続出!洗練されたカオス空間*居座れる雑貨屋!カマタ店【北大路】

癖になる方続出!洗練されたカオス空間*居座れる雑貨屋!カマタ店【北大路】

巷で話題のギャラリーであり、喫茶でありバーでもあるかなり個性的なラボ空間。塩系なのにスーパージェントル、「呪っちゃう」そんなノリの空間を創り上げるのは支配する主にあり。カマタワールドへようこそ。
京都純喫茶めぐり|北大路に佇む街の愛され喫茶*向日葵(ひまわり)

京都純喫茶めぐり|北大路に佇む街の愛され喫茶*向日葵(ひまわり)

北大路界隈の正統派喫茶店。ビタミンカラーのひまわりのように明るく、フレキシブル。豊かなモーニングバリエーションで、エネルギーチャージ。
【5月20日閉店】北山の愛されお弁当モーニング*コーヒーハウスマキ北山店【紫竹下本町】

【5月20日閉店】北山の愛されお弁当モーニング*コーヒーハウスマキ北山店【紫竹下本町】

京都のモーニングを代表する「お弁当」モーニングをだされていたローカルな優しい空気感が魅力的な老舗喫茶店。出町柳とは若干違う、地域密着型の皆の集いの喫茶室でしたが5月20日で閉店。その歴史を少しだけ感じてくださいね。
昭和遺産の純喫茶*ハイパーボリュームのハンバーグナポリタン*翡翠(ひすい)【北大路堀川】

昭和遺産の純喫茶*ハイパーボリュームのハンバーグナポリタン*翡翠(ひすい)【北大路堀川】

昭和遺産の純喫茶「翡翠」喫茶店を超えた追求されたお食事。ナポリタンとハンバーグが融合した超ヘヴィー級なお宝メニュー。
京都の元祖サイフォン珈琲と言えばココ!「はなふさNORTH店(ハナフサノース)」【金閣寺】

京都の元祖サイフォン珈琲と言えばココ!「はなふさNORTH店(ハナフサノース)」【金閣寺】

京都で初めてサイフォン珈琲を提供された先駆者として名高いコーヒー専門店。そして日本発祥のサイフォン抽出は海外ゲストの間ではふつふつと人気沸騰中。純にコーヒーと向き合える使い勝手抜群の正統派コーヒー専門店。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カメ子 カメ子