2018年3月4日 更新

京都おすすめモーニング!コーヒーゼリーは必食★「ケーキとあっくん」【三条会商店街】

京都市民の憩いの商店街にはこだわりをもつ、喫茶店が沢山。水出しコーヒー、まるで珈琲の液体そのものを固めたような風味豊かな珈琲ゼリーは感動ものです。

三条会商店街の愛され喫茶店

 (99893)

三条会商店街の東側にある喫茶店、ケーキとあっくん。
明朝体で書かれたレトロな看板が商店街の景観に馴染んだ古情緒を感じます。
 (113893)

 (113894)

以前は店頭に祇園の高級食パンボロニアの販売をされていましたが、今は風呂敷を販売中。

あっくんの正体

 (107138)

兄弟の名


喫茶店「ケーキとあっくん」の由来は、マスターのむすこ2人の名前からとりました。

長男亮友(あきとも)・次男は計紀(けいき)からとった名前です。

二人の名前を店名に入れると「ケーキとあっくん」になったそうです。

開業当時、「ケーキとあっくん」という名前からケーキ屋さんと思われて、

当時メニューになかったケーキが、メニューの一つに加わわりました。

名前は、よく謎として取り上げられるのですが、実はこういう経緯だったです。
via ホームページより
みんな気になるあっくんの正体。
お洒落で愛のあるネーミング、背景にはこんな素敵な秘話があったとは。
 (99897)

エントランスは少し雑多な感じですが、奥にはカウンターとベンチシートが配されコンパクトながらゆとりある空間。
カウンターの奥には水出しコーヒーの機械やコーヒーミルが正統派喫茶店の証の様に存在感を放ちます。
 (113481)

FMが流れる懐かしい空間で、ロマンスグレーのマスターさんとふんわりとした奥様があったかく迎えていれてくれます。
 (107139)

こちらは好きなドリンクにプラス料金でトースト、モーニングセットにできるというシステム。
モーニングセット ¥550

モーニングセット ¥550

私はモーニングセットより、ドリンクはダッチマイルドをチョイス。


内容はトースト、卵、ポテトサラダ、エトセトラと記載されていた物は自家製コーヒーゼリー。
美味しいコーヒーゼリー

美味しいコーヒーゼリー

トーストは小さく四つにカッティングされ、甘味が強くクロワッサンに似た風味があります。
特筆すべきはコーヒーゼリー、もちもちした弾力があり固めのホイップがのっていました。
プチサイズとは言え、100g以上ありモーニングの付け合わせとしては充分すぎるくらいです。
マイルドコーヒーがかなりタイプで、他のコーヒーメニューも気になるところです。
 (113896)

観光客の方が道を聞く際によっていく姿や常連様が多いよう。
何だかんだでまたまたお店に馴染んでしまい、京都の見所の貴重な歴史秘話をふむふむと拝聴しました。
私にも帰り際に京都の観光地図を下さりました。
もうここは観光案内所を兼ねていますね。一見さんにもフレンドリーな名前の通り素朴で懐かしさあるお店でした。

ケーキとあっくん クチコミでの評判

癒されに来た #モーニング #京都

A post shared by Tomomi.K (@tomomi.kxs) on

18 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ほんわかのんびりモーニング「喫茶れもん」【東福寺カフェ】

ほんわかのんびりモーニング「喫茶れもん」【東福寺カフェ】

京都の街並みを映し出す二階席のパノラマ台が魅力。サンルームの様な太陽の光が降り注ぐ空間は一足早い春の誘い。
京都喫茶の代表格|ほっこりまったりカフェラテ☆小川珈琲 京都三条店【三条木屋町】

京都喫茶の代表格|ほっこりまったりカフェラテ☆小川珈琲 京都三条店【三条木屋町】

木屋町三条に位置する京の顔的な喫茶店「小川珈琲」。一流のバリスタが表現した艶やかなラテアートと秀逸な味わい、身も心もほっこり。清水焼の艶やかなカップにも注目です。
まったりモーニングタイム☆松井山手の北欧カフェ『bijou(ビジュー)』【松井山手】

まったりモーニングタイム☆松井山手の北欧カフェ『bijou(ビジュー)』【松井山手】

次々と新店舗がオープンし盛り上がる松井山手エリア。チェーン店では味わえないアットホームなくつろぎとほんわかモーニングタイムをご紹介します。
植物とコーヒー|癒しのリバーサイドカフェ「喫茶 いのん」【神宮丸太町】

植物とコーヒー|癒しのリバーサイドカフェ「喫茶 いのん」【神宮丸太町】

鴨川沿い、リバーサイドの清廉なロケーションと植物達のウィスパー。癒されること間違いなしの最強リラックスカフェ。
祇園オススメモーニング★知る人ぞ知る穴場「ヤマモト」【京都喫茶】

祇園オススメモーニング★知る人ぞ知る穴場「ヤマモト」【京都喫茶】

祇園四条駅すぐ、川端通りひっそりと存在するレトロ喫茶店。花街情緒に浸りながら、真心こもったモーニングがいただけます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

cafequeen cafequeen