2016年1月30日 更新

太秦 石室の長さ約18メートル!迫力満点の「蛇塚古墳(へびつか)」【観光】

太秦映画村撮影所の近くにある蛇塚古墳にお邪魔してきました!

住宅街のど真ん中にあり少し不思議な雰囲気です。7世紀初めに築造され、秦氏一族の首長墓と推定される貴重な遺跡です。秦氏一族の首長墓となれば納得の大きさです。駐車場などはありませんのでご注意くださいね。

外からぐるっと。その迫力にビックリ!!

 (3869)

 (3870)

蛇塚古墳は常に施錠がされ管理されています。 柵の外から見学していると、地域の方が解錠してくれました。(どうやら地域で管理されているようです) 外からも迫力はありますが、中に入ればその凄さに圧倒されました!

【石室】の中に潜入!!

 (3872)

こちらが、中から撮影したものです‼ 一つの一つの巨大岩がバランスよく組み合わさっており、崩れないのかなぁ〜と思うほどです‼
 (3873)

こちらは外側を撮影したものです‼ 内側とは違った迫力や巨大岩と草木の緑たっぷりで自然を感じます。
太秦の住宅地のど真ん中にある蛇塚古墳ですが、ここの空間だけはどこか違う自然に満ち溢れた空間にいるような気分になります‼
 (3874)

この日は天気もよく、本当に自然に囲まれたひと時を過ごした気になれました!
みなさんもぜひ、太秦に来られた際は立ち寄ってみてください!
中に入りたい時は近所の方に声をかけてみてください! きっと親切に対応してくれますよ🎵

蛇塚古墳への口コミ

基本情報

名称
蛇塚古墳
住所
京都府京都市右京区太秦面影町
入場方法
施錠されているので地域の方にお声掛けください
電話番号
075-222-3111(京都市文化財保護課)
関連URL
ウィキペディア

Map

15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

全国で一大ブームになった食べるラー油の元祖!ランチでもたっぷりラー油が食べられる☆香港海鮮料理「菜館wong」【京都太秦】

全国で一大ブームになった食べるラー油の元祖!ランチでもたっぷりラー油が食べられる☆香港海鮮料理「菜館wong」【京都太秦】

かつて全国で巻き起こった一大ラー油ブーム。その元祖となるお店。当時はテレビや雑誌でも頻繁に取り上げられ、京都太秦のこのお店に全国からラー油を求める客でにぎわった歴史あり。そんなお店をご紹介します。
日本第1号店がまさかの京都太秦!海外発ベーカリーカフェ「The Yellow Deli(ザ イエロー デリ)」10/15 オープン

日本第1号店がまさかの京都太秦!海外発ベーカリーカフェ「The Yellow Deli(ザ イエロー デリ)」10/15 オープン

アメリカやオーストラリアなど数か国に出店しているベーカリーカフェ「The Yellow Deli(ザ イエロー デリ)」。10/15に日本第1号店がオープンしましたが、東京ではなく京都、しかもまさかの太秦、大映通り商店街という驚きの立地!地元ではオープン以来オシャレでおいしくてフレンドリーと人気となっています。
気になるメニュー発表!いよいよ明日開催「night light market 太秦 light 商會 Vol.2」

気になるメニュー発表!いよいよ明日開催「night light market 太秦 light 商會 Vol.2」

皆様こんにちは!太秦light商會です。いよいよ10/1が近づいてまいりました!昼からお酒呑みが楽しめるイベント「night light market 太秦 light 商會 Vol.2」。太秦の素敵な仲間たちが腕によりをかけたメニューで、皆様をおもてなしいたします♡
【出店者さまご紹介①】太秦の素敵な仲間たちが集う「night light market 太秦 light 商會 Vol.2」

【出店者さまご紹介①】太秦の素敵な仲間たちが集う「night light market 太秦 light 商會 Vol.2」

皆様こんにちは!太秦light商會です。先日お知らせしました「太秦 light 商會 Vol.2」開催まであと10日ほどとなりました。開催に向けて絶賛準備中ですが、今回から数回に渡り当日出店していただく素敵なお店さまをご紹介したいと思います!
【京都 和カフェ】季節の和菓子と約40種の日本茶”シングルオリジン”が味わえる「茶菓 えん寿」太秦にオープン

【京都 和カフェ】季節の和菓子と約40種の日本茶”シングルオリジン”が味わえる「茶菓 えん寿」太秦にオープン

太秦・大映通り商店街に豊富な日本茶と和菓子がいただける和カフェが8月に誕生。店主さんは老松で10年以上修行、お茶の勉強も独自でされ、全国各地の約40種のおいしい日本茶と和菓子が楽しめる、今までにないカフェですよ。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ガロン ガロン