2019年1月24日 更新

あふれだす贅沢感!匠のクラシックオムライス「西洋酒樓 六堀」【京都駅エリア】

五条堀川近くのカジュアルフレンチ。六堀のオムライスは幸福時間へ貴方を誘います。

知る人ぞ知る、プロフェッショナルオムライス

 (132004)

西本願寺のむかい、堀川通りに位置するカジュアルフレンチ「西洋酒樓 六堀」
スケルトンのオシャレ感を盛り込んだガラス張りの垢抜けたモダンな建物。
 (132012)

ファッション性あるマゼンタの壁面、
色味を抑えたシックな インテリアにナチュラルな木目の温かさをプラス。
ハイカラさとシャープな雰囲気を併せ持つ洗練された店内。
 (131987)

スタッフさんはデニムにチェックの柄シャツを纏ったカジュアルラフな出で立ち。
しっとりながらも、ハキハキと丁寧な対応です。
 (132006)

週末ということもあり二階は予約で満席だそうで一階に着席。
足元にはコンセント、そしてFree Wi-Fi完備。
窓からは陽光が差し込み、自然とリラックスモードへシフト。
 (132007)

お昼は
ランチメニューもありますが、アラカルトを楽しむ事も可能。
趣向を凝らしたケーキやエスプレッソドリンクなどカフェメニューも充実。
 (132008)

ケーキメニューはテイクアウトもできるそう。
 (132009)

食後のドリンクはリーズナブルなセット価格。
ブレンドコーヒーは通常料金でおかわり自由になります。
クラシックオムライス

クラシックオムライス

私はクラシックオムライスをチョイス。オムライスにはサラダ付き。
サラダ

サラダ

セットのサラダは小皿にこんもり渦だかくサーブ。
コールスローにカイワレ和風ドレッシングをかけたピリッと苦味をアクセントにした量感あるサラダ。
 (132013)

元フレンチシェフが腕をふるう注文毎に丹精込めて作られる匠のオムライス。
チキンライスの上にオムレツをのせたタンポポオムライス。

漆黒に光る丹波牛のスジを煮込みと
コク深いデミソースとチーズ、卵とコクのトリプルアクセル。
チキンライスはやや硬めのライスにしゃきっと歯ごたえを残した玉ねぎとチキン。
ややシンプル目な味付けは、主役のデミグラスソースと卵のハーモニーを引き立てます。
繊細な匠の一手間を施したソースや盛り付け。
ご飯は200g超、メンズも大満足のボリューム。
 (132014)

ナイフを入れると溢れ出る卵のシャワー。
素晴らしきイルックス。
パセリを散らし、
中はとろっとろ、生クリームを垂らしさらにリッチな口当たり。
 (132015)

食後はプラス料金でドリンクがセットに。
苦味を主張したブレンドコーヒー
クレマを楽しむマシン抽出。
 (132017)

街路樹と街中の風景が相まった癒しの空間。エレガントな雰囲気を堪能しながら気取らずくつろげて、アイドルタイムが無いのもこちらの強み。
駐車場も九台完備され使い勝手も抜群。
ポピュラーな洋食をいつでも、気兼ねなくリラックスしていただける新旧融合のカジュアル洋食店でした。

クチコミでの評判

基本情報

店名:西洋酒樓 六堀(ろくぼり)
住所:京都市下京区元日町5
営業時間:11:30~14:00LO 14:00~18:00 Cafe 18:00~20:30LO 
定休日:水曜日、第2・第木曜日
TEL:075-354-8117
関連ページ: http://www.roku-bori.jp

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

cafequeen cafequeen