2017年10月9日 更新

全国の肉好きが絶賛する"極上肉"は京都にあり!日本一とも評される「くいしんぼー山中」

京都の桂にある肉好きな誰もが知る名店「くいしんぼー山中」。40年前から本物の近江牛にこだわったステーキやハンバーグは日本一と評されるほど。今回はランチの和風ステーキとハンバーグを頂いてきました。

本物の近江牛に出会えます!

 (91625)

全国からの生粋の肉好きが訪れるという京都の桂にあるお肉の名店「くいしんぼー山中」。
9号線、千代原口の交差点の物集女街道を南へ進んだところあり、阪急 桂駅からは徒歩15分ほどで、お世辞にも立地がいいとは言えない場所にありますが、絶対的な人気を誇る名店です。
 (91626)

創業から40年たった店舗ではありますが、重厚な雰囲気もよく清潔感があります。
テーブル席でゆったりとし食事が頂けます。
 (91627)

おすすめなのは、シェフの所作・ライブ感を楽しめるカウンター席。
 (91628)

ステーキメニューはもちろん、ハンバーグやエビフライ、ビーフカツレツ、ビーフカレーなどの洋食メニューもあります。
ステーキランチは6000円、ハンバーグランチは2800円、洋食ランチ1800円、ビーフカレー1500円と少し割高な感じもありますが、その間違いのない美味しさで、逆に食後には割安だったと思うほど。
 (91641)

夜はステーキのコースがメインがです。
コースは8000円から、最高級の特選近江牛フィレを使ったコースは18,000円となかなかなお値段です。特別な日に、特別な人と一緒にきたいステーキハウスです。
ハンバーグやロースうす焼きなどのアラカルトメニューもあります。
 (91642)

卓上にはオリジナルの紙ナプキンがありました。
こういったところからも、こだわりを感じました。
 (91629)

今回はランチの和風ステーキランチ(6000円)とハンバーグランチ(2800円)をオーダーしました。
まずは、ベークドポテトです。
ホクホクで甘味のあるジャガイモに濃厚なバターを。スプーンの上にアイスクリームのようにかたどってあるがバターです。
細かい点にも芸が細かくこの時点で、もう「くいしんぼー山中」の虜になってしまいました(笑)
 (91630)

続きまして、コーンポタージュ。
まろやかな口当たりでコーンの甘味がたっぷり、味わいにも深みがありシンプルに美味しいスープ。
 (91631)

新鮮でシャキッとしたサラダ、自家製のドレッシングも美味です。

日本一とも評されるステーキとハンバーグ

 (91632)

日本一とも評される山中のハンバーグがお目見え!山中のハンバーグはドーナツ状になっていて、半熟玉子が入っています。一度、フライパンで焼き目をいれ、その後じっくりとオーブンで火入れされたハンバーグは見るからにふっくらした仕上がりです。

かわいらしい付け合わせのお野菜、ゆるめのマスタード、ごはんがお茶碗でついてきます。
 (91633)

デミグラスソースがたっぷりかかったハンバーグにナイフをいれると、このようの肉汁がじわっと、黄身がとろっと、最高に絵になり、これだけでよだれものです。
 (91634)

丁寧に作られた深みのあるデミグラスソースをたっぷりまとったハンバーグに玉子を少しのせて頂きます。
ハンバーグ自体はふっくらと柔らかい口当たりですが、ひとくちだけでも肉肉しい味わい口の中いっぱい広がります。さすが日本一とも評されるハンバーグ、肉自体の旨味とコクに桁違いのうまさを感じました。食べ終えても口の残る肉の余韻がたまりません。
 (91635)

シェフオススメの〆方は、最後にご飯とソースをまぜまぜする食べ方。
見た目はイマイチですが、ハンバーグの肉汁、デミグラスソース、玉子が混ざりあい、絶妙な美味しさ。飾りっ気なしのシンプルに美味しいデミグラスライス。ぜひ、試してほしい食べ方です。
 (91636)

和風ステーキランチで使うお肉を焼く前に見せてもらいました。
日本三大和牛や特選和牛として評価されてきた近江牛を40年前から扱っているからのこだわりと、牧場との関係性があってこそ、最高の近江牛を仕入ることができます。
 (91637)

ミディアムレアに焼かれた最高の近江牛ステーキには、和風の少しとろみがついたソースがかっています。
付け合わせのお野菜とゆるめのマスタード、ニンニクチップがついてきます。
お皿からは牛肉の甘い香りがひろがり、食欲をそそられます。
 (91638)

見事なツヤでお肉自体が輝いています。もう美味しそうすぎて、食べることを少し躊躇してしまうほど(笑)
シェフ曰く、この小豆色の肉色が本当にいいお肉の証明だそうです。
 (91639)

断面からは特にお肉のキメ細やかさが見てとれます。
噛めば噛むほどに溢れでてくるお肉本来の旨味、甘味、コク、これまであまり感じたことのない美味しさ。
もちろん火入れ具合も完璧で、少し冷めても美味しく頂くことができます。

サシがいいお肉は少し胃がもたれるなんて言われることがありますが、本当にいいお肉はそんなことはありませんでした。
もう大満足のステーキでした。
 (91640)

ステーキランチにはシェフ自家製のデザートもついてきます。
この日は手作りの昔ながらのプリン。間違いのない美味しさでした。

この後、アイスコーヒーを頂きましたが、アイスコーヒーに使う氷も氷屋さんのものを使うこだわりよう。
メインの近江牛ステーキからはもちろんですが、随所に並々ならぬこだわりを感じるができ、本物の美味しさとは、こういう細かい積み重ねがあってこそだと再確認できたステーキレストランでした。
全国の肉好きが絶賛する老舗のステーキレストラン、ぜひ行ってみてください!

くいしんぼー山中 クチコミ情報

くいしんぼー山中 店舗情報

店名:くいしんぼー山中
住所:京都市西京区御陵溝浦町26-26
電話番号:075-392-3745
営業時間:11:30~14:00 / 17:00~21:00 (LO30分前)
定休日:火曜日・第3月曜日(祝日の場合は営業致します)
関連ページ: http://www.ac.auone-net.jp/~yamanaka/index.html

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ガロン ガロン