2019年3月6日 更新

京都を代表する老舗喫茶店!ムーディーな夜こそオススメ☆昭和レトロなバロック調「フランソア喫茶室」

おおきに〜豆はなどす☆繁華街四条河原町。この界隈では有名な創業昭和9年の老舗喫茶店。重厚な佇まいのバロック様式の空間は落ち着いたひとときを過ごせる場所。そして、夜使いがそれを一層引き立てます。

バロック調の優雅なひとときは敢えての夜に!

 (121835)

京都随一の繁華街四条河原町界隈。新しい店や古い歴史を持つ店、いろいろな店が混在する場所。
そんなエリアの有名老舗喫茶店。四条西木屋町少し下がったあたり。
 (121834)

見るからに老舗オーラ全開の歴史ある佇まいの店構え。しかもイタリアバロック調。この界隈では有名すぎる昭和9年創業のレトロ喫茶店。

 (121836)

今まで昼しか来店したことなかったのですが、お酒を飲めない友人とどこかでお茶しようと。意外にも夜11時まで営業してます。夜利用する発想が今までなかったので、ちょっと新たな一面を垣間見るような。

 (121871)

昭和初期の和と洋が融合する店内。豪華客船のホールをイメージした内装と調度品の数々。喫茶店としては初の国の登録有形文化財として登録。

なんといいますか、この重厚な雰囲気と夜のまったりした時間の流れとがかもすムーディーさ。そして、わりと夜利用される方多いです。読書したり会話を楽しんだり。夜のくつろいだひと時をここで過ごす感じで。
 (121837)

メニュー。
ここに来るまでに夕飯済ませてきたので、軽くデザートを。

遅い時間帯ということもあり、品切れメニューもありましたが、友人はコーヒーと洋ナシタルト。そして、私はプリンアラモードを注文。
 (121839)

ほどなくして友人の。クラシカルな雰囲気のタルト。そしてコーヒーカップにはこれまたクラシカルなお店のロゴも。
 (121840)

そして、私のプリンアラモード。なんとも古めかしいレトロ感。プリンもさることながら、このガラスの器と下に敷かれたソーサー。たぶんアンティークだと思うんですが、さらにレトロ感を演出。
 (121841)

で、食べてみます。
甘さ控えめで濃厚なビター感あるキャラメリゼされたソース。ホイップクリームも甘さ控えめでイチゴの甘さを引き立てる。夜食べるにふさわしいプリンのような。美味しい。

食事後のデザート食べにフランソワへ行く。けっこうこういう使い方アリだなぁ~と今更ながら発見。気づかせてくれた友人よ、ありがとう(笑)

ヨ~イヤサ~♪

フランソワ喫茶室 への口コミ

詳細情報

■名称
フランソア喫茶室
■住所
京都市下京区西木屋町通四条下ル
■電話番号
075-351-4042
■営業時間
10:00~23:00(L.O.22:30)
■定休日
無休(12/31、元旦を除く)
■関連URL
http://www.francois1934.com/index.html

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな