2016年5月24日 更新

【京都一】行列の長い超人気ラーメン店「麺屋 極鶏」が全国デビュー!カップ麺になりました!

常に大行列の一乗寺の超人気店「麺屋 極鶏」のラーメンが、5月23日カップ麺が発売されました!

極鶏の濃厚ラーメンをご自宅で!

 (35502)

ようやく見つけましたよ、極鶏カップ麺!

実は愛が溢れすぎて、昼間に10軒以上回ったのですが見つけれられず。急ぎすぎました(笑)
 (35539)

ドロドロスープが特徴の極鶏 鶏だくラーメンです。
 (35503)

コンビニのイートインスペースでそのまま食べてたい気持ちを抑え自宅まで帰りました。
お値段は200円(税別)@ファミマでした。

販売店舗は、全国の
・スーパー
・ローソン
・ファミリーマート
・サークルKサンクス
・デイリーヤマザキ
・ミニストップ
・スリーエフ等

のようです。気になる方は各店舗のぞいてみてください。しばらくはあると思いますよ!
とうとうあのラーメンが全国に知れ渡ります。
 (35504)

やっぱりカップ麺なので再現度には限界があるとのことですが、マルちゃん製麺が、最大限の力を注いだカップ麺とのことなので、それはそれで期待したいですね!

フタ側に、後入れ特製スープがついているのではがしてくださいね。

鶏だくカップ麺を実食!

 (35505)

フタ側のパッケージはこんなでデザイン。熱湯5分と少し長めです。
 (35506)

フタを半開きにして、中身を確認(笑)
とくにほかのカップ麺とは変わらないような感じです。

どこまであのシチューのようなスープが再現されているか楽しみですね!

カップ麺ではありえない粘度のスープ

 (35507)

5分待って、特製スープを入れ、まぜまぜして出来上がり!
この5分が長かった(笑)

麺は少し太めです。スープに負けない力強さがありつつ、よく絡んで美味しいです。
 (35508)

少し伝わりつらいかもしれませんが、こう見えて結構な粘度のスープです。
カップ麺でこんなにドロドロしたスープ初めてです!

カップ麺なので、どうしても再現度に限界がある中、なかなかの出来栄えだと思います。
あの極鶏の鶏だくラーメンを並ばず、安価で食べれることを考えると大満足です!

食後には満足しながらも、お店に行きたくなること間違いなしです(笑) 久しぶりに極鶏に行きたいなぁ~

極鶏カップラーメンへの口コミ

18 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【新発売】京都屈指の行列ラーメン店『麺屋極鶏』のカップ麺が生まれ変わりました☆

【新発売】京都屈指の行列ラーメン店『麺屋極鶏』のカップ麺が生まれ変わりました☆

昨年、あの京都屈指の人気ラーメン店『麺屋極鶏』のカップ麺が発売され大好評でしたが、さらに改良を加えて9月11日(月)から全国のコンビニ・量販店・小売店等で販売開始。
【新発売】徹底解剖!京都屈指の行列ラーメン店『らぁ麺とうひち』がカップ麺で登場☆

【新発売】徹底解剖!京都屈指の行列ラーメン店『らぁ麺とうひち』がカップ麺で登場☆

たまたまコンビニで見つけて購入。寿がきやから新発売。京都屈指の行列をつくるラーメン店『らぁ麺とうひち』監修のカップ麺。さっそく食べてみました。
【ザ☆行列】京都人気ラーメン店の名物的行列風景!老舗名店からラーメン激戦区一乗寺まで☆【厳選5店】

【ザ☆行列】京都人気ラーメン店の名物的行列風景!老舗名店からラーメン激戦区一乗寺まで☆【厳選5店】

寒くなると恋しくなるラーメン。その中でもつねに行列風景を見かけるラーメン店を集めてみました。老舗の名店からラーメン激戦区のあのお店まで。寒空の中、行列をつくってでも食べたくなるラーメン店ぞろい。
【京都ラーメン聖地巡礼】今や京都ラーメン代表格!“こってり”の生みの親!!全国展開する店舗の総本山☆「天下一品総本店」【一乗寺】

【京都ラーメン聖地巡礼】今や京都ラーメン代表格!“こってり”の生みの親!!全国展開する店舗の総本山☆「天下一品総本店」【一乗寺】

全国展開している京都ラーメンチェーン店の代表格。世の中に“こってり”というラーメンジャンルを知らしめたパイオニア。京都ラーメン激戦区・一乗寺にある本店に行ってきました。
京都ラーメン激戦区で本格手打ちそば!マンガ盛りで満腹コスパよし!!大人気店「蕎麦切塩釜 (そばきりしおがま)」【一乗寺】

京都ラーメン激戦区で本格手打ちそば!マンガ盛りで満腹コスパよし!!大人気店「蕎麦切塩釜 (そばきりしおがま)」【一乗寺】

京都ラーメン激戦区・一乗寺。平日でも行列をつくるラーメン店が立ち並ぶエリア。そして、こちらも負けず劣らず人気で時には行列をつくる手打ちそばのお店。美味しいことはもちろんだが、マンガ盛りのそばでお腹いっぱいになれるのがうれしい。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ガロン ガロン