2017年6月7日 更新

珈琲が好きになる♡ビックリするほどクリアな味わい☆【カフェ・デ・コラソン】

東京の珈琲店「バッハ」で店長を務めた川口さんが創るお店。受け継がれた品質とサービス、ホスピタリティはもはや本家を超えている?

素晴らしいサービスとともに

 (82521)

「バッハ」の開発した焙煎機マイスター
ここにもバッハのエンブレム
 (82523)

まず、お店として基準となる中深煎りの「コラソンブレンド」をいただいてみる

ビックリするほど飲み口が軽い…飲みやすい♡
それでいてしっかりコクと苦味が程良く味わえる

これならちょっと珈琲は苦手…という方でもブラックで楽しめるのではないかな?
 (82524)

「コラソンブレンド」で基準が分かると安心して他を試したくなりますね

今度は深煎りの「イタリアンブレンド」を

さすがにしっかりとしたボディに苦味とコクがしっかり

思い描く「いかにもな珈琲の香り」が心地よく鼻に抜ける

「心ゆくまで珈琲を味わう」というイメージならこれ

こうなるといっしょに「甘いやつ」欲しくなりますね(笑)

珈琲のお供はパティシエの奥さまが…抜かりなし(^^)

 (82527)

コーヒーに合うスイーツの定番「チーズケーキ」

これでコーヒー3杯はいける勢いですが、落ち着いて…味わいましょう^^;
 (82529)

 (82526)

ミックスベリー入りのチョコマフィン
食感が楽しい♪

珈琲店…いろんなスタイルがあるのです

 (82530)

一流ホテル並みのビシッとしたサービス

「こちらへどうぞ」

と、カウンターのど真ん中へ案内され椅子を引かれるとちょっとビビりますが^^;

サードウェーブ系のコーヒー店とは一線を画します

でも珈琲の楽しみ方は同じ

美味しい珈琲とお菓子、お店との軽いコミュニケーションがあれば
楽しい珈琲時間が過ごせますね♪
 (82531)

 (82538)

カフェ ド コラソン  基本情報

■店舗名  cafe de corazon(カフェ デ コラソン)

■住所   京都市上京区小川通一条上る革堂町593-15

■電話番号 075-366-3136

■営業時間 9:00-18:30(Lo18:00)

■定休日  日曜日・第3月曜日(祝日の場合は営業)

■禁煙・喫煙 完全禁煙

■駐車場   なし

■詳細ページ http://cafe-de-corazon.com/
15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

珈琲に携わって40年余☆たどり着いたのはココロ癒される優しい場所「自家焙煎珈琲 ガロ」【京都・西陣】

珈琲に携わって40年余☆たどり着いたのはココロ癒される優しい場所「自家焙煎珈琲 ガロ」【京都・西陣】

個性的なお店が立ち並ぶ西陣・鞍馬口通りですっかり馴染んだ感じで佇むお店「自家焙煎珈琲ガロ」さん☆北山で1977年にオープンした後、2004年に現在の場所へ☆行き着いた場所はは珈琲通だけのためのお店ではなく、故郷を感じさせる優しいお店でした☆
【カウンターの楽しみ方講座】誰でも一流のサービスを受けられます♡極上のサービスと至高の珈琲「カフェ・ヴェルディ」【京都・下鴨珈琲店】

【カウンターの楽しみ方講座】誰でも一流のサービスを受けられます♡極上のサービスと至高の珈琲「カフェ・ヴェルディ」【京都・下鴨珈琲店】

東京の老舗珈琲店「カフェバッハ」に師事し、もともとバッハグループだった「カフェ・ヴェルディ」☆珈琲そのもののクオリティもさることながら、お店の特徴は何と言っても素晴らしい接客サービス☆サービス業の基本を改めて考えさせられます
くつろいで良いんです喫茶店ですから♡古道具と喫茶【鞍馬口カフェ】

くつろいで良いんです喫茶店ですから♡古道具と喫茶【鞍馬口カフェ】

個性的なお店が並ぶ鞍馬口ストリート。なかでも一際怪しい(笑)…いや、雰囲気出しまくりのお店。 「上海航路コイコイ商店」古道具・骨董品のお店かと思ったら、よく見ればお茶も出来るんです☆
【京都カフェめぐり】京都国立博物館内にある老舗コーヒー店!眺望もいい絶好のロケーション☆「前田珈琲」

【京都カフェめぐり】京都国立博物館内にある老舗コーヒー店!眺望もいい絶好のロケーション☆「前田珈琲」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は京都国立博物館内にあるカフェ。京都の中でも老舗珈琲専門店として有名な前田珈琲の支店。
究極の隠れ家とファンタジーな異空間喫茶*ヱントツコーヒー舎【北野白梅町】

究極の隠れ家とファンタジーな異空間喫茶*ヱントツコーヒー舎【北野白梅町】

まぼろし小路東入ル。通の間では評判のストーリー性ある喫茶店。こだわりぬいた喫茶メニューと空間演出はまったりほっこり非日常の癒し空間です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

千恋し 千恋し