2016年3月13日 更新

【一見さんお断り!】西陣エリアの昭和レトロな焼肉店「ニュー万長」

千本中立売の「ニュー万長」 一見さんお断りの紹介制焼肉店として、知る人ぞ知るお店。

待ちに待った肉の宴。場所は、千本日活のそば、千本中立売という、ま、地元民でないとなかなか知りえない場所にある。
 (22374)

扉をあけると左手に奥に向かってカウンターがあり8席ほど、そちらはすでに常連さんの憩いの場。奥には20名弱が入れるお座敷席が。

とことん昭和な店内です。

前菜から美味しい!

 (22377)

 (22396)

基本メニューは存在しない。次々にお料理が出てくるので、それを堪能していると幸せになれるというスタイルだ。まずは突き出しでナムル。自家製キムチも含めて前菜類はどれも押さえたお味で、美味しい。
 (22379)

おかあさんが、「お肉まだだからこれ食べといて!」と運んでくれた可愛らしい韓国海苔巻。
 (22381)

キュウリが入っているのが珍しいチャプチェ。濃い味付けにはしておらず、野菜多めでなんだか健康的な感じ。んで、おとうさんが換気扇のスイッチを入れに来て、いよいよお肉がスタートなのだ。

肉まみれのスタート!

 (22402)

まずは赤肉盛り。見事なサシが入ったカルビ。しかしごらんのとおりの大ボリューム!300g近くありそうな。
基本、全部たれ焼きで提供されます。
 (22385)

で、甘まろやかなタレに抜群の相性が良い、ピリッと辛いニラ醤油。焼肉に乗せていただいても美味しい。
 (22387)

適宜ガスロースターで焼いて、もうもうと上がる煙の中、焼肉ファイヤー大満喫。
 (22389)

こういう良いお肉は焼き過ぎちゃうとNGですな。(なにせ、生でも全然いけるほど新鮮)さっと火が通った後から、口にどんどん運ぶのが忙しい。

甘くてしっかり濃いタレが激しくお肉と合うのだ。
 (22403)

白肉盛り。天肉(つらみ)、ハート、テッチャンにミノにレバーなど。これも300gは確実Overな。普段こういうのは苦手なんだけど、ここは臭みが全然無くて美味しいね!と、ホルモン嫌いも大満足。
 (22393)

皿が空になるたびどんどんお肉が出てきて、後になるほど肉厚なロース、バラが出てくるという。。。流石にもう食えねぇ!!な状態に。いやー、御馳走さまでした。久々に、お肉まみれになった夜。

帰りに、おかあさん自らお見送りいただいて、大満足でお店を後にしたのだ。

いつまでもお元気で、お店を続けていただきたいですな、伝手がないと来れないお店ですので、誰にでも推薦はしかねるのですが、我々は確実、何らかの手段を講じて(汗)また再訪します~。

ニュー万長へのTweet

焼肉 ニュー万長 店舗情報

店舗名:焼肉 ニュー万長
住所:京都市上京区仁和寺街道千本西入五番町166−1
営業時間:不明
TEL:非公開
備考:紹介制ですので一見さんはお断りになっています。
29 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スイカ小太郎。 スイカ小太郎。

オススメの記事

今注目の記事