2016年4月17日 更新

”イタリア人シェフ”が焼き上げる本場の薪窯焼きピッツア「 フォールム」@北山

下鴨本通北山の交差点を10mほど上がった東側にある「フォールム」なる薪窯焼きピッツア店をご紹介。

 (28804)

イタリア人シェフが独立(某情報源によると、サルバトール・クオモに居られた模様)されて、2009年から開店されたようだ。 アクセスは地下鉄の北山駅と松ヶ崎駅の中間あたり。

次々と常連さんが休日のピッツアを求めてやってくる、外国人の常連さん密度が高そうなお店です。
 (28805)

入り口横に巨大な薪釜が鎮座していて、周りがカウンター席が6、奥に2人掛けテーブル席が4、というこじんまりした店内。

ランチは28cmサイズのナポリピッツア各種(全10種)のアラカルト、サラダが4種類、それにパニーニ、ラザニアのセットものというシンプルな構成。一番お手頃なピッツア、マルゲリータが¥1650、一番高いクアトロ・フォルマッジで¥2200。

安定のマルゲリータ

 (28806)

暫しののち1枚目登場。マルゲリータ・アンチョビーで¥1820なり。おお、焼き加減といい良い感じではありませんか~。。
 (28807)

日本のピッツアのお約束で6等分されているので、サイズ感のわかる写真を。非常に軽やかで重くないモッツアレラチーズ、塩分控えめでフレッシュ感が残るトマトソース、それにしょっぱいアンチョビが絶妙なチームワークを見せる一品。
意外にオイルはしっかりなのだが、軽やかに頂ける。1人1枚なんて軽々だ。ふっくら香ばしい生地も非常に好ましい。

生地のうまさがわかる一枚

 (28808)

マルゲリータとは傾向が違うものが良いかとチョイスした、ミモザ、なるモッツアレラチーズとクリームソースベースのピッツア。合わせてあるのはイタリアハム、コーン、というこれまた軽やか食材。

クリームソースが重くなく、しゃらっと頂ける。オリーブオイルを乗せていないので、マルゲリータよりも更に軽やかかもしれませんな。生地の旨みが良く分かる一品。

お値段がもう少しお手頃なら更に嬉しいかも~!とは思いつつ、またお邪魔する可能性大!な一店。御馳走さまでした。

ピッツァ フォールムへのクチコミ

ピッツァ フォールム 店舗情報

店名:ピッツァ フォールム (PIZZA FORVM)
住所:京都市左京区下鴨北野々神町24-2
営業時間:(月・水~金)18:00~21:30 (土日)12:00~14:00 18:00~21:30
定休日:火曜日
TEL:075-712-4955
店舗HP: http://www.pizzaforvm.com/aop/home.html

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スイカ小太郎。 スイカ小太郎。