2017年11月30日 更新

伏見桃山に気軽に使える本格イタリアン食堂がオープン!「インヴィート」

京都のイタリアンで修行を積まれてきた長谷川シェフが伏見桃山に「トラットリア インヴィート」をオープン!本格イタリア料理が手軽に楽しめるお店になっています。

伏見桃山にイタリアン食堂がオープン!

 (106251)

伏見桃山にまた新しいイタリア料理店がオープンしたので早速行ってきました!
お店の名前は「トラットリア インヴィート」、トラットリアとは日本語でイタリアン食堂、その名の通り、気軽にイタリアン料理が楽しめるお店です。
 (106259)

伏見桃山から大手筋商店へ、昔はサティでしたがイオン伏見店の向かいにあるビルの1階、天天有の奥にあります。
この大きいブラックボードとポップなカラーの扉が目印です。
 (106253)

お一人様から気軽に使えるカウンター席とテーブル席があります。
イタリアン食堂らしく、アットホームで温かい雰囲気の店内です。

料理はどれも本格的!

 (106254)

まずは前菜の盛り合わせから。
フリット、自家製ハム、グリル野菜、フリッタータ(イタリア風玉子焼き)など。
どれも美味しく、シェフの丁寧な仕事ぶりが前菜から伺えます。
ワインによく合います。
 (106255)

続きまして、砂ずりのオイル煮です。
オリーブオイルの風味が豊かで、砂ずりの柔らかくともプリプリとした食感と美味しい一品。
フォカッチャをオリーブオイルに浸して食べると二度美味しい。
ついフォカッチャをおかわりしてしまいます。
 (106256)

赤のスパークリングワインに合わせるのはパテ。
ほどよい肉感で旨味もたっぷり詰まっていて、また分厚くカットされていて食べ応えもあります。
添えられている脇役のビーツとマスタードもいい働きをしてくれます。
 (106257)

定番のパスタメニュー、アマトリチャーナ。インヴィートではペンネを使っています。
トマトをベースにしたソースで、シンプルに美味しくてお店の力量がわかるメニュー。
トマトの甘味と酸味が美味しく、ペンネの力強さがクセになる一皿です。
 (106258)

女性が大好きなカルボナーラ。少し太めのパスタに濃厚なソースが絡みあいます。
濃厚な味わいでチーズ感強め、チーズ好きにはたまらない一皿です。

まだまだ新店で、手探りの中での営業のようですが、どの料理も美味しかったです。
またランチも始められて評判もまずます。これからの進化が楽しみな伏見のイタリアンです。

トラットリア インヴィート クチコミでの評判

トラットリア インヴィート 店舗情報

店名:トラットリア インヴィート
住所:京都市伏見区御堂前町617ー1 山京桃山ビル1階
営業時間:12:00~14:00 / 18:00~23:00 ※ランチは不定期営業
定休日:不定休
関連ページ: https://www.facebook.com/pages/Trattoria-Invito/
15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

伏見桃山に注目のイタリアンがオープン!「トラットリア トレヴァッリ」【開店】

伏見桃山に注目のイタリアンがオープン!「トラットリア トレヴァッリ」【開店】

伏見桃山に新しいイタリアン店がオープン!お店の名前「トラットリア トレヴァッリ」。場所は、大手筋商店街から北側の住宅街の中、マンションの1階なり。
伏見桃山エリアでプッシュしたいイタリアン|気軽に使えて美味しい「トレヴァッリ」

伏見桃山エリアでプッシュしたいイタリアン|気軽に使えて美味しい「トレヴァッリ」

やってきたのは、伏見桃山にこの1月にオープンしたイタリアン、TRATTORIA TREVALLII(トレヴァッリ) でディナーなり。
ワインに合いそうな魚・肉・野菜のバランスがいい!伏見桃山のお手軽イタリアン「イタリア食堂 Necco」

ワインに合いそうな魚・肉・野菜のバランスがいい!伏見桃山のお手軽イタリアン「イタリア食堂 Necco」

この5月、伏見桃山で風情満載な酒蔵がある地域にオープンして人気のイタリア食堂、Necco(ねっこ)
伏見桃山でクラフトビールを!「ビアスタンド ボンサイ(BONSAI)」【開店】

伏見桃山でクラフトビールを!「ビアスタンド ボンサイ(BONSAI)」【開店】

京阪伏見桃山駅すぐ、今年オープンしたばかりのニューカマー、「ビアスタンド ボンサイ(BONSAI)」なり。
京都で"立ち食いそば"と言えば「都そば」伏見大手筋に新店がオープン!

京都で"立ち食いそば"と言えば「都そば」伏見大手筋に新店がオープン!

関西、京都で立ち食いそばと言えば、四条や河原町にもある「都そば」が有名です!安い、早い、うまいと困ったときに重宝しますよね。今回は伏見の大手筋に新店ができたので行ってきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ガロン ガロン