2017年9月12日 更新

京都カフェの代表格*モーニングタイムも日だまりの様な穏やかさ*フランジパニ【鞍馬口】

ずっといてもいいですか?思わずそう呟いてしまいそうな穏やかな時間。 【日だまり、優美】フランジパニの花言葉そのもの。

鞍馬口のオアシス

 (93900)

鞍馬口駅のから徒歩三分弱、大型スーパーのお隣にひっそり佇む古民家カフェ。
屋号のフランジパニとはバリ島を代表する花。
それになぞらえ、統一された植栽などリゾート感あるオリエンタルな南国風ファサード。
 (93901)

 (93902)

エバグリーン、シダ、オーガスタなど
すみやかな空気を醸し出す。
角のテーブル席を彩る
山野草。
映画マザーウォーターの舞台として使われた絵になる店内は切り取る全てがどうワンシーンのよう。

和モダン ✖️ 北欧風

 (93907)

階段には装丁の美しい本をディスプレイ。
京都に纏わる情報誌やカフェ本など思わず手に取りたくなる本棚事情。
 (93910)

正面の奥には座敷がありハイカラ古風なカフェ空間、
土間のスペースにメインスペースになっています。

ファーニチャーは温もりある風合いで纏められどのお席を選んでも落ち着ける雰囲気。
ふんわり流れる弦楽器のインストルメンタルが優しい居心地に拍車をかけます。
 (93909)

手のひらより少し大きなメニュー表。
ドリンクメニューを中心とした
分かりやすさを重視したメニュー名がずらり。
 (93903)

開店から一時間だけの
モーニングはトーストとサラダ、
ドリンクの内容。
パターがしみたトーストは
進々堂の物。
フォルムの特徴的な
ボウルには卵、蓮根などデリサラダのような
華やかで量感あるサラダ。
 (93904)

 (93905)

 (93906)

毎日ハンドドリップされる
ご自慢のコーヒーは
カフェドゥガウディの深入り。
ユニークなフォルムのカップ。
 (93908)

切り盛りされている素敵なマダム。気品ある接客は非常に心地よいもので、沢山の常連様らしきかたとご挨拶を交わされる姿は地元の憩いの喫茶店というかんじ。

読書するにも、おしゃべりを楽しむにも最適空間、味、接客どれにつけても秀逸な愛されカフェでした。

フランジパニ クチコミ情報

フランジパニ 店舗情報

店名:フランジパニ
住所:京都市上京区室町通鞍馬口下ル森之木町462
電話番号:075-411-2245
営業時間:10:00~18:00
定休日:木曜日・日曜日・月1回不定休

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

cafequeen cafequeen