2020年7月4日 更新

”時代が求める”癒し系カフェ「CAFE BOOKS WAKUSEI(カフェ ブックス ワクセイ)」オープン【京都北山】

府立植物園の南側、静かな住宅街にオープンされた「CAFE BOOKS WAKUSEI」さん☆忘れかけていた”癒しの時間”を思い出させてくれるブックカフェ☆自身の内なる"WAKUSEI"が見えてくるかも☆

忘れかけていた”癒しの時間”

 (186708)

”おうち時間”が増えたからといって、癒されるとは限らない。

誰もが何かしらの不安を抱えながらの生活。ましてや今の状況。

静かなおうちにひとりいても、また家族と一緒にいたとしても、癒される時間を持つのは今の時代、難しいものです。

カフェでも喫茶店でも、良いお店はそういう心の隙間を埋めてくれますね。

今は”映え”というものがもてはやされる時代ですから、そんな癒しの時間を作ってくれるお店が知らず知らずのうちに少なくなって来てるのかも知れません。

6月にオープンされたこちらのカフェはそういう意味で、久しぶりに感じる”癒し系カフェ”。

お店の名前は「CAFE BOOKS WAKUSEI(カフェ ブックス ワクセイ)」です。
 (186704)

店名の通り、こちらはブックカフェ。

この佇まいで、静かな時間を過ごす場所だということが誰でもわかります。
おひとりか、お二人までの席の用意になっています。
 (186700)

 (186846)

WAKUSEI(わくせい)という店名。
一瞬意表を突かれる感じですが、それについて考えること自体が癒やしなのかも知れませんね。

本を読みながらお茶する自分。
俯瞰で見ようと一気に宇宙まで駆け上ってイメージすると、ちっぽけな自分は見えるはずもなく、静かなどこかの惑星が見えるだけ。

自分がいる心象風景としての惑星は、どんな惑星でしょうか?
気が飛んで行くような気持ちは心地よいのかどうか、そんな感覚を味わう時間はきっと癒されているはずです。

カフェメニューも魅力的

 (186702)

季節のソーダ。
この時は国産レモンときび糖で作った自家製シロップ。

ストローは国産の麦わらストローで提供され、洗って持って帰る事も出来ます。
 (186701)

チーズケーキ。
クリーミーで軽やか、甘さも控えめなのであっという間に食べてしまいそう。
 (186848)

チョコレートケーキとブレンドコーヒー。

カカオ70%のビターチョコレートを使ったケーキ。
こちらはどっしりと食べ応えあります。
これで本一冊読めますね!(笑)

コーヒーはサーカスコーヒーさんの79ブレンドをネルドリップで淹れられます。
ここではやっぱり深煎りがハマります。
これだけでも本一冊いけますよ!(笑)
 (186847)

にんじんケーキ。
美しいです。
くるみとレーズンのバランスも良い、お手本の様なケーキ。
 (186849)

 (186703)

 (186698)

 (186855)

何の箱だったんだろうか、ふた部分を利用した本棚。

ここへたどり着く前は誰かが自分のお店の看板に使ってたんですね。
 (186850)

 (186851)

 (186852)

ロケーションも、佇まいも良い感じ。

オープンしたての今は想い描いた通りの理想的な状態だろうと思います。
このまま本当に続いてほしいものです。

CAFE BOOKS WAKUSEI 基本情報

■店舗名    CAFE BOOKS WAKUSEI(カフェ ブックス ワクセイ)

■住所     京都市左京区下鴨西半木町28-4

■営業時間   8:00〜18:00

■定休日    水曜日

■駐車場    なし

■詳細ページ  https://cafebookswakusei.jp/news/
        https://www.instagram.com/cafebookswakusei/

※ 2020年7月3日現在の情報です
 ご訪問の折にはホームページ等の最新情報をご確認下さい。
20 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

千恋し 千恋し

オススメの記事