2016年6月20日 更新

熟成肉をかみしめる!国産牛&ワインにこだわるバル「シトロン ブレ」

四条通りの国産の熟成牛ステーキを出すワインバル「シトロン ブレ」

 (39973)

今回チョイスしたのは、シトロンブレなるフレンチバル的なお店。シトロン〇〇、というと京都で人気の仏蘭西料理店グループ。
国産の熟成牛ステーキを出すワインバルに変わって、近頃めっきり赤味肉三昧な我々としては、こりゃぜひいっとかな!ということに。
奥に細長く結構席数はある、ブラッセリー、と言う感じでお気軽系お洒落店だ。お客さん層も大分お若い感じ。
 (39974)

本日のメニューはこういう感じ。国産牛ステーキが売りなのだが、ランプ肉、サーロイン、肩ロースの3種類がスタンバッており、100g¥1600~1800のお値段で250gから注文できる。グリルと揚げ焼?の2種類で調理してもらえるのだ。

当日は、グリルと揚げ焼きのお試しセットがお得だったのだが、とにかく赤身!ということでランプ肉¥1600を300gを揚げ焼きでお願いしたのだ。

国産ワインとぴったりな前菜を

 (39975)

とりあえず軽い前菜を3種類ほどお願いした。まずはビーツとアボガドのサラダで¥900なり。周りの黄色いソースはカレー風味のオイル。それにバルサミコ。まったりと円やかな味わいで、なかなか旨し。自宅でもやってみたくなった一品。

飲み物メニューは日本産ワインにこだわっているようで、しっかり目の赤からスタート也。グラス¥800~¥1000というところ。バル、というにはちょっと高め。
 (39977)

初めに3種類お願いしてから追加注文したので、前菜盛り合わせでこれも¥900と非常にお手軽。鶏のガランティーヌ、オリーブ、ひよこ豆トマト煮、サラダは青カビチーズと合わせて。これも軽めの赤ワインとピタリ。
 (39978)

ブータンノアールで¥980なり。過去食べたなかで最安値な感じ。小ぶりだが非常に柔らかく仕上げてあり、パンと頂くと映えそうなお味だ。リンゴジャムとともに。美味しいがもちょっと固めでも良いかな。。。これも付け合せがジャガイモだったので、変えてもらったら香ばしい玉ねぎローストに。

主役が堂々と登場!

 (39979)

じゃじゃーんと登場、十勝産ハーブ牛ランプ肉の揚げ焼。フライパンで脂を小まめに掛けながら焼いているようで、表面はかりりと香ばしく、肉の焦げる良い匂いが立ち上るのだ。
 (39980)

21 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【新店】京都柳小路のカジュアルイタリアン!トスカーナ料理と陽気なお酒が楽しめる☆「ヴィナイーノ キョウト」

【新店】京都柳小路のカジュアルイタリアン!トスカーナ料理と陽気なお酒が楽しめる☆「ヴィナイーノ キョウト」

とにかく明るい(笑)四条河原町エリア、最近注目の柳小路に11月オープン。陽気なイタリア人オーナーが店を切り盛りし、トスカーナ料理とワインが楽しめる。
ランチも絶品♪ジューシーな国産牛ステーキ丼&ハンバーグは必食!「シトロン ブレ」

ランチも絶品♪ジューシーな国産牛ステーキ丼&ハンバーグは必食!「シトロン ブレ」

国産牛を使った麩屋町のフレンチバル「シトロン ブレ」で絶品のステーキ丼&ハンバーグランチを頂いてきました(#^^#)
気軽にガッツリステーキ!フォアグラ入り粗びきハンバーグも捨てがたい!「ステーキバル プラチナビーフ」@祇園四条

気軽にガッツリステーキ!フォアグラ入り粗びきハンバーグも捨てがたい!「ステーキバル プラチナビーフ」@祇園四条

京阪四条駅の南座出口から3分ほどで到着しそうな超駅近物件の「ステーキバル プラチナビーフ」のご紹介!
1キロのガッツリステーキが目玉!祇園四条からスグのスペインバル「ガストロメソン チュレタ」

1キロのガッツリステーキが目玉!祇園四条からスグのスペインバル「ガストロメソン チュレタ」

京阪祇園四条駅そばにあるスペイン系肉バル「ガストロメソン チュレタ。チュレタ」

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スイカ小太郎。 スイカ小太郎。