2016年7月27日 更新

御幸町蛸薬師「1er ETAGE(プルミエ・エタージュ)」でドライフラワーに癒やされる♡アンティーク空間で喫茶も【開店】

オシャレショップが建ち並ぶ御幸町に、またまた注目ショップがオープン。京都では初?のドライフラワー専門店で、店内には数々のドライフラワーが。奥には喫茶スペースもあり、ドライフラワーを愛でながらお茶ができますよ。

グリーンに囲まれたドライフラワーと喫茶のショップ

 (46499)

 (46500)

7/1にオープンした「1er ETAGE(プルミエ・エタージュ)」
グリーンに覆われた目立つ外観にシンプルなサイン。
一見何のショップかわかりませんが、小さく書かれているように、ドライフラワーショップに喫茶が併設されています。
店名はフランス語で2階という意味だそうですが、その通り階段で2階に上がります。

こんなにもたくさんのドライフラワー!

 (46503)

 (46570)

 (46573)

 (46505)

こんなにたくさんのドライフラワー見たことない!
それぐらい数々のドライフラワーに目を奪われます。
中にはしっかり香りが残っていたりカラフルなものもあって、ドライフラワーへの概念がすっかり変わります。
香りのあるドライフラワーのおかげで、さりげなくいい香りに包まれていてとても素敵。
 (46514)

同じ御幸町通りのヴィンテージクローズストア「HAOLE」のバイヤーと「S/STERE」デザイナーがディレクターとなって作りあげたショップだそうで、アンティークだったりヴィンテージな雰囲気が絶妙なのですね。

ドライフラワーは買い付けではなく全てお店で作られているそうで、鮮度や色合いなどにかなり気を配っておられるとか。
ドライフラワーというとくすんだ色のイメージでしたが、鮮やかなカラーのものもたくさんあって、生花とは違う魅力があってずっと見ていたくなります。

自社のものだからかお値段もお手頃。1本2〜300円あたりで買えるものも多く、少し買って飾っておくのもオシャレで素敵ですよね。
 (46525)

画像、奥の紫のはラベンダーの花束で1,200円だそう。
鮮やかな紫がキレイですし、香りもしっかりあって、このまま部屋に置いておくとほのかにラベンダーの香りが漂うそうです。
自宅用に買い求め、無造作にアンティークな瓶などに飾っておいても素敵ですし、他のものと組み合わせて花束っぽくプレゼントに使っても喜ばれそう。

実際1本から購入可能ですし、花束にしたい時は予算や好みを告げると好みのものに仕上げてくださるそうなので、いろいろ相談しながら購入ができます。

フラワーだけでなく、葉のみをアンティークなインテリアに合わせる…なんて上級テクを提案してくださるかも!

ドライフラワーを愛でながらカフェタイム

 (46531)

 (46504)

そして席は少ないものの喫茶スペースが設けられており、ドライフラワーに囲まれてお茶をする事ができます。
ドリンクとクッキー程度しかありませんが、休憩するには充分。
ドリップコーヒーや自家製レモンスカッシュなど手をかけられていて、クオリティも申し分ありません。

メニューにもそれぞれドライフラワーが添えられていて…なんて素敵なセンス!
 (46511)

 (46510)

この日は暑かったので自家製レモンスカッシュを。
自家製だそうで、ハチミツにたっぷり使ったレモンは甘味があり、ミントの清涼感とともに暑さで疲れたカラダを優しく癒やしてくれます。
レモンは肉厚で、飲んだ後に食べてもおいしかったです。

サービスで添えられた甘納豆がこれまた自然な甘味で絶品!
こういう細やかなセンスも抜群で素晴らしかったです。
 (46501)

お祝いなどでお花を贈る機会があると思いますが、ちょっとハズしてみてドライフラワーの花束なんて洒落ていて素敵かも!
これなら枯れませんし、他の人とも被らないでしょうから印象にも残りそうです。
そして何よりこのセンスですからオシャレになるに決まってます(笑)。
また自分でドライフラワーを作るけど、なかなか上手くできなくって…という人は見本に購入したり、話を聞いてみてもいいかもしれませんね。

是非こちらでドライフラワーの魅力に、たっぷりと触れてみてください!

1er ETAGE on Instagram

SHOP DATA

住所:京都市中京区御幸町通蛸薬師下る船屋町381-1 2F
電話:075-606-4192
営業時間:12:00〜19:00
定休日:不定休
アクセス:阪急電車 河原町駅下車 徒歩約10分

Facebook:https://www.facebook.com/1er.etage/
Instagram:https://www.instagram.com/1er_etage/
28 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

デブ子デラックス デブ子デラックス