2016年6月6日 更新

夏野菜のぬか漬けシーズン到来!ご近所さん御用達の漬物店☆「聖護院本舗 京つけもの 高新」【神宮丸太町】

京都にはあまたの漬物店あり。観光客御用達の大手店もあれば、ご近所の方御用達のお店とか。こちらはどちらかというと後者。

京大付属病院南側

よく、「ぶぶ漬けどうですか~」説を京都人の性格を語る例え話にされますが、そこにも登場するくらい京都人にとって漬物は切っても切れない食品といえるわけで。まあ、私も食事の最後はお茶でご飯茶碗ゆすぐ感覚で、お茶漬けにしますが何か?(笑)

京都には大小さまざまな京漬物のお店があります。そもそも「京漬物」の定義ってなんでしょう?
調べてみると、京都府産の野菜からつくられた漬物のことだそうですが。

私の知るかぎり、京つけもの専門の野菜を売ってる八百屋があるんですよね中央市場に。皆が皆そこで買ってるわけではないですが、わりと小さい商店だとそういうところで調達したり。
大手だと契約栽培で産直だったり。量産しても売れますから。
 (37732)

たまたま京大病院前を通りかかり、目にとまり。水茄子かぁ~と旬のラインナップに惹かれ、初入店。ご近所さん御用達のお店みたいです。でも、どこか販売店に卸してたりするかもしれません。
 (37733)

浅漬け系がいろいろ。暑い季節はこういう漬物でお茶漬けサラサラってサイコーですよね(笑)
柚子大根から、日野菜、中抜き?(大根葉の間引き菜)、べったら漬け、ぬか漬けはキュウリ、水茄子など。いろいろあります。
 (37734)

そして、こちらは通称・色物。進物用ですね。わりと日持ちするやつ。

今が旬!水ナスのぬか漬け

 (37735)

そして、この季節の店の一押し!水ナスのぬか漬けを買ってみました。食べ方、直接ご主人に聞きもしましたが、食べ方の案内書を添えてくれました。

封を切ると、いいぬかの香り。わかります、いいやつです(笑)
 (37736)

そして、指南書どおり、ぬかを洗ってヘタを落とし、縦に手で裂いて。
いいナスの色です。この色出し、熟練を要します。

そして、実食。水ナスなんで、噛むとみずみずしい果汁が出てきます。そして、ふんわりぬか風味。塩味、少し強め。きっと水ナスからでる果汁を考えてのこと。身がデカイので、普段のナスのぬか漬けよりたべ応えあり。これは冷酒のアテにもなるな(笑)

これからのシーズン、こんなお漬物とお酒があれば、それだけでいい!ぐらいな最強のアテ。
まあ、お茶漬けにももちろんいいに決まってますが。暑くなると、こういう味を体が欲しがりますね。

ヨ~イヤサ~♪

聖護院本舗 京つけもの 高新 への口コミ

18 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都発酵食品めぐり】京漬物のしば漬の郷・大原の老舗漬物店!工場見学もできる☆「土井志ば漬け本舗」

【京都発酵食品めぐり】京漬物のしば漬の郷・大原の老舗漬物店!工場見学もできる☆「土井志ば漬け本舗」

京漬物の代表格でもあるしば漬。そして、そのしば漬の郷といえば、赤紫蘇の産地でもある大原。明治創業の老舗「土井志ば漬け本舗」。本店へ行ってきました。
平安神宮西隣、時代祭館十二十二(トニトニ)内の「神宮酒場」で昼酒タイム

平安神宮西隣、時代祭館十二十二(トニトニ)内の「神宮酒場」で昼酒タイム

平安神宮の西に隣接してオープンした「京都 時代祭館 十二十ニ(トニトニ)」。館内には左京区「松井酒造」がやっている立ち飲み屋「神宮酒場」で昼酒タイムなり。
【京都大原】ミシュラン星付き有名料理人も買いに来る市場!春の山菜を求めて☆「里の駅大原」

【京都大原】ミシュラン星付き有名料理人も買いに来る市場!春の山菜を求めて☆「里の駅大原」

食材の宝庫として知られる、京都大原。早朝からミシュラン星付き店の料理人も買い出しに来るほど、いち早く旬の野菜や食材を入手できる市場。今回は早春らしい食材はないかと行ってきました。
【歴史上の人物が食べたもん巡り】幕末、「新撰組」が大好きだった「総本家 近清」のお漬物

【歴史上の人物が食べたもん巡り】幕末、「新撰組」が大好きだった「総本家 近清」のお漬物

創業1764年 総本家 近清は江戸時代半ば西本願寺のお膳場にお漬物を献上、幕末期には新撰組が八木邸から西本願寺に本拠地を構え西本願寺に漬物を献上していた近清は新撰組にもお漬物を献上。新撰組がよく食べていたお漬物と筆者がオススメするお漬物を紹介!
【京都国立近代美術館】日本の浮世絵とゴッホ作品のコラボ!立体ゴッホの部屋はインスタ映え完璧☆展覧会「ゴッホ展~巡りゆく日本の夢」

【京都国立近代美術館】日本の浮世絵とゴッホ作品のコラボ!立体ゴッホの部屋はインスタ映え完璧☆展覧会「ゴッホ展~巡りゆく日本の夢」

現在、京都国立近代美術館で絶賛開催中の展覧会「ゴッホ展~巡りゆく日本の夢」。まだ会期序盤ではありますが、平日でも多くの観覧者が来館。行ってきた様子をご報告します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな