2016年8月21日 更新

【四条烏丸】どんどん濃くなる究極のモヒート!熟成氷を使った錬金術!!マニア好きする驚きのラボラトリーバー☆「アイラモヒート」

暑い夏に飲みたくなるカクテルといえば、モヒート。いろいろ美味しいモヒートないかと調べていたらここにヒット。人気の究極モヒートがあるとのことで行ってきました。

インターホン越しの解錠から2階へと続くエントランス

 (50897)

1階入り口。このすぐ隣には、人気イタリアン。あーこんなとこにあったのか。ちょっと隠れ家的。
 (50711)

そして、インターホンで入店希望を伝えると、ドアロック解除。
 (50898)

2階へ続く階段。この先に目的のバーが。

落ち着いた雰囲気の大人バー

 (50900)

広々としたバーカウンター。重厚感ある落ち着いた大人バー的雰囲気。私はやりませんが、シガーも置いてるそうです。
 (50901)

そして、奥にはテーブル席も。カウンター席はわりと埋まっていて、人気なのが伺えます。

熟成氷?だんだん濃くなる??興味津々のメニュー

 (50903)

 (50905)

 (50904)

そして、メニュー。熟成流行りですが、氷は聞いたことないな。3週間以上冷凍庫熟成させて、天然氷に近い美味しさなんだとか。あと、時間とともにだんだん濃くなるモヒート?どれも興味津々。
で、その人気のモヒートを注文。
 (50899)

あと、入店した時からずっと気になっていた燻製装置。私も持ってますが(笑)燻製カクテルを注文。
 (50906)

そして、液体窒素も。東京とかでは、こんな理化学装置使ったラボラトリーバーあるの聞いたことありますが、京都では燻製装置はあっても液体窒素置いてるとこは初めて。
 (50907)

点火。燻製チップはウイスキー樽だったかシェリー樽のもの。
 (50908)

みるみるうちに煙充填。このまましばらく放置。
 (50910)

ほとんどの客が名物のモヒートを注文。丁寧にミントとライムを氷と共に撹拌して潰しながら香りをだしているバーテンダーさん。
 (50911)

そして、最後の仕上げにどっさりと熟成氷を乗せて完成。さっぱり感より濃厚なフレッシュ感がいいモヒート。時間とともに楽しめるかんじがわかります。
 (50912)

そして、こちらが燻製カクテル。ベースはモヒートみたいな雰囲気でしたが、ミントはなかったかな。後味にほんのり燻製臭。
 (50914)

そして、こちらはラフロイグがいろいろと充実。
 (50915)

フレンド オブ ラフロイグの会員向けに毎年リリースされるボトルらしいです。日本にはラフロイグファンが他より多いらしく、ネットで販売されてもすぐ完売。こちらもドイツのサイトから引っ張ってきた貴重な品らしいです。
 (50913)

ただの店のインテリアかと思ったら、こちらのカップを使ったカクテルもあるそうです。バーテンダーさんの雰囲気なのか、初心者でも敷居高くなく、でもこんなマニアックなお酒や設えもありなかなか楽しめるバー。究極のモヒートぜひ試してください。

ヨ~イヤサ~♪

アイラモヒート への口コミ

アイラモヒート 基本情報

住所:京都府京都市下京区烏丸通高辻下る一筋目東入る因幡堂町717 2F
電話番号:075-371-2910
営業時間:19:00~翌2:00(LO1:30)入店1:00迄
定休日:月曜日(火曜が祝日の場合、月曜営業、火曜休業)
関連サイト:http://tabelog.com/kyoto/A2601/A260201/26018503/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな