2017年4月26日 更新

京都桜めぐり。上賀茂神社・鴨川周辺の名残桜のスポットを(4/22)

上賀茂神社や鴨川周辺の名残桜のスポットをぐるっとご紹介します。

上賀茂神社の名残の桜スポット

 (78714)

名残の桜ポイントに立ち寄ろう、ということに。とりあえず上賀茂神社に行ってみよう!ということに。途中でもいろいろフォトジェニックな物件があちこちに。苔生した小さな橋がオシャレですな。きらきらと煌めく水面に春を越えて初夏の香りが。
 (78715)

GW前にやってくると、5/5の競馬会神事の練習が行われているのだ。先に神殿までお参りに行く。
 (78716)

毎年ならとっくに散っているであろう斎王桜がまだまだ見ごろ。。いやはや、びっくり。桜が咲いているなんて誰も思っていないので、周りにギャラリーもほとんどいない。眼福!でした。
 (78723)

隣の早咲き桜の銘木、御所桜はすっかり緑に。
 (78717)

こちらは2つ目の鳥居のそばにある遅咲きの「風流桜」なり。こちらもまさに満開。
 (78718)

社務所の横にある大きな枝垂れは終わりかけ、という状況。まさかここまで桜が咲いているとは思わなかったので、得した気分でした。
 (78719)

帰ろうとすると、ちょうど賀茂競馬の練習が始まるのだ。暫し見学させてもらってのんびり。皆さん中学生~高校生ぐらいの少年なのですが、見事に乗りこなすんですなあ。
満足したので、鴨川沿いを下りながら、お花が咲いているポイントにちょこちょこと立ち寄りながら帰ることに。

鴨川沿いのうららかな景色

 (78720)

まずは、リッツカールトン京都の脇の遊歩道に咲いている八重桜。まさに今、大満開。なんともうららか。。
 (78721)

四条大橋の東詰めから見下ろすと、この季節こういう紫の花が大満開。周りは海外からやってきたギャラリーで大盛況。花の名前は、 トキワマンサクなり。
 (78722)

ぐっと下がって塩小路通。ここにも遅咲きの桜が2本。いやあ、見事ですなあ。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【聖地巡礼】文豪、谷崎潤一郎の「細雪」でマキオカ姉妹が愛した京都の桜スポットを行く《前編》

【聖地巡礼】文豪、谷崎潤一郎の「細雪」でマキオカ姉妹が愛した京都の桜スポットを行く《前編》

文豪・谷崎潤一郎の長編小説「細雪」は、大阪の旧家を舞台に四姉妹の生活を綴った長編小説で、谷崎潤一郎の代表作とも言われています。「細雪」では京都への花見のシーンが美しく綴られており、読む者を惹きつけます。 今回、筆ペン画家・最先端星人が「細雪」の京都のお花見エリアを聖地巡礼してきました。 いつもより長い記事ではありますが、最後までお付き合いのほどお願いします。
【桜の京都】遅咲き桜の名所~世界遺産 仁和寺の御室桜~

【桜の京都】遅咲き桜の名所~世界遺産 仁和寺の御室桜~

御室桜が咲くと京都の桜もフィナーレ間近ですね。満開を迎えた御室桜の様子をお伝えします♪ (2019年4月17日)
m.m
【桜の京都】遅咲き桜の名所~春爛漫の雨宝院~

【桜の京都】遅咲き桜の名所~春爛漫の雨宝院~

遅咲き桜の名所として知られている西陣の雨宝院では境内が花盛りです♪ (2019年4月16日の様子です)
m.m
【京都パンめぐり】鴨川スグの老舗ベーカリー!焼きたてレトロパンでお花見モーニング☆「柳月堂」

【京都パンめぐり】鴨川スグの老舗ベーカリー!焼きたてレトロパンでお花見モーニング☆「柳月堂」

おおきに~豆はなどす☆今回は出町柳にある老舗ベーカリー。素朴な味わいのレトロパンが今も変わらず絶大な人気。焼きたてパンをお供に鴨川べりでお花見モーニングも楽しめる立地。
【桜の京都】散り際まで美しい緑色の桜・希少種「御衣黄の名所」

【桜の京都】散り際まで美しい緑色の桜・希少種「御衣黄の名所」

京都の桜も終盤になりましたが、遅さ咲きの桜はこれから♪遅咲きの品種で緑色の花を咲かせる御衣黄(ぎょいこう)を紹介します☆
m.m

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スイカ小太郎。 スイカ小太郎。