2017年4月26日 更新

京都桜めぐり。上賀茂神社・鴨川周辺の名残桜のスポットを(4/22)

上賀茂神社や鴨川周辺の名残桜のスポットをぐるっとご紹介します。

上賀茂神社の名残の桜スポット

 (78714)

名残の桜ポイントに立ち寄ろう、ということに。とりあえず上賀茂神社に行ってみよう!ということに。途中でもいろいろフォトジェニックな物件があちこちに。苔生した小さな橋がオシャレですな。きらきらと煌めく水面に春を越えて初夏の香りが。
 (78715)

GW前にやってくると、5/5の競馬会神事の練習が行われているのだ。先に神殿までお参りに行く。
 (78716)

毎年ならとっくに散っているであろう斎王桜がまだまだ見ごろ。。いやはや、びっくり。桜が咲いているなんて誰も思っていないので、周りにギャラリーもほとんどいない。眼福!でした。
 (78723)

隣の早咲き桜の銘木、御所桜はすっかり緑に。
 (78717)

こちらは2つ目の鳥居のそばにある遅咲きの「風流桜」なり。こちらもまさに満開。
 (78718)

社務所の横にある大きな枝垂れは終わりかけ、という状況。まさかここまで桜が咲いているとは思わなかったので、得した気分でした。
 (78719)

帰ろうとすると、ちょうど賀茂競馬の練習が始まるのだ。暫し見学させてもらってのんびり。皆さん中学生~高校生ぐらいの少年なのですが、見事に乗りこなすんですなあ。
満足したので、鴨川沿いを下りながら、お花が咲いているポイントにちょこちょこと立ち寄りながら帰ることに。

鴨川沿いのうららかな景色

 (78720)

まずは、リッツカールトン京都の脇の遊歩道に咲いている八重桜。まさに今、大満開。なんともうららか。。
 (78721)

四条大橋の東詰めから見下ろすと、この季節こういう紫の花が大満開。周りは海外からやってきたギャラリーで大盛況。花の名前は、 トキワマンサクなり。
 (78722)

ぐっと下がって塩小路通。ここにも遅咲きの桜が2本。いやあ、見事ですなあ。
12 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

桜と京都の夜景を一望できる「将軍塚青龍殿」限定ライトアップ

桜と京都の夜景を一望できる「将軍塚青龍殿」限定ライトアップ

京都東山山頂にある「将軍塚青龍殿」は、2014年建立と比較的新しい大護摩堂ですが、大舞台から京の街が一望できるとあって早くも人気のスポット。特に春は桜との組み合わせが絶景です!
紅枝垂れ桜は必見の美|「妙心寺 退蔵院(たいぞういん)」期間限定で特別な花見会も開催!

紅枝垂れ桜は必見の美|「妙心寺 退蔵院(たいぞういん)」期間限定で特別な花見会も開催!

妙心寺の塔頭(たっちゅう)である退蔵院。ここには約1千坪に及ぶ池泉式回遊式庭園「余香苑」があります。1年を通して様々の花が楽しめる庭園ですが、紅枝垂れ桜は必見の美。夜桜ライトアップも開催しています!
京都代表の名所|世界遺産の門跡寺院で御室桜を拝もう!「仁和寺(にんなじ)」

京都代表の名所|世界遺産の門跡寺院で御室桜を拝もう!「仁和寺(にんなじ)」

門跡寺院とは、皇族・公家とゆかりの深い寺院のこと。仁和寺もその一つで、さらに世界文化遺産に登録されています。こちらの桜は「御室桜(おむろざくら)」としてとても有名です。
桜のトンネルと逆立ちの狛犬がお迎え!「宗忠神社(むねただじんじゃ)」

桜のトンネルと逆立ちの狛犬がお迎え!「宗忠神社(むねただじんじゃ)」

「宗忠神社(むねただじんじゃ)」は吉田山にある桜の名所です。境内へ続く長い階段の脇にソメイヨシノが植えられ、桜のトンネルを作っています。
京都有数の桜の名所|源氏・平家の氏神だった「平野神社」【夜桜見物も】

京都有数の桜の名所|源氏・平家の氏神だった「平野神社」【夜桜見物も】

京都市の北部にある平野神社は、創建が平安京遷都頃まで遡る格式ある神社。神紋は「桜」で、境内はもちろん桜の名所です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スイカ小太郎。 スイカ小太郎。