2016年11月29日 更新

移転街中立地で盛況の人気ベーカリー!ハード系からデニッシュ系どれも美味しい☆「ワルダー」【京都河原町】

もともと山科区にあったお店。なかなかその完成度の高さをわかる客層に恵まれず、麩屋町六角に移転。その後はいつも安定の美味しさと押しも押されぬ人気定着。

立地場所でこんなに変わる

 (64014)

以前、山科区、それもアクセスの悪い場所に立地。グルメ不毛地帯と言わる山科では、珍しいドイツパンもある美味しい本格ベーカリー。こちらのご主人は名店『ポール・ボキューズ』出身。こんなに非の打ち所ないスペックやのに、なんであんまり売れてないんやろ、とここのファンだったんで歯がゆく思ったもんですが。
 (64015)

で、10年ほど前こちらに移転して、その後は超人気店。立地って大事よね。移転してよかったよね。と心から思いましたよ。
 (64016)

そろそろクリスマスシーズンですね~

照明の関係でハレーション起こしていますが(汗)

 (64017)

とにかく、種類豊富。バゲット類、ドイツ系ハードなやつからデニッシュ系。
 (64018)

冷蔵ケースにはサンドイッチやらベーグルも。
 (64019)

クリスマスアイテムなんですかね。
 (64020)

クグロフはクリスマスっぽいですね。野菜のやつ。
 (64021)

すいません。めっちゃ光ってます(汗)
秋らしいスイートポテトデニッシュ。
 (64022)

で、これがスゴく気になって結局購入したやつですが。
4種類のペッパー入りのバゲット。
 (64024)

で、今回の戦利品。
ワルダートースト、バタール、そしてペッパーバゲット。
 (64025)

で、ペッパーバゲットを実食。
これ、ホールのまま4種類のペッパーが入っています。それぞれの風味が微妙に異なり、かじるとガリッと粒がつぶれてわりと本気の辛味が口に広がる。
 (64026)

焼いたほうが、ペッパーの風味がさらに引き立つだろうとトーストしてバター塗って。これにチーズやハム、パテなどシャルキュトリー乗せたら最高のつまみになるな、と。このパン、かなり攻めてます。

初期の頃は、ポール・ボキューズ色あるアイテムもありましたが、それを上回る独自性を打ち出して今の安定した人気につながったんだろな、と。またちょくちょく買いに来たいと思いますよ。

ヨ~イヤサ~♪

ワルダー への口コミ

19 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都パンめぐり】ハズレなしのCPよし!絶滅危惧種の幻パン『ニューバード』もあり〼「ココ・キラリ」

【京都パンめぐり】ハズレなしのCPよし!絶滅危惧種の幻パン『ニューバード』もあり〼「ココ・キラリ」

伏見区藤森の商店街にある、小さなお店。ハード系、デニッシュ系、おかず系、どれをとっても文句ナシの美味しさ。そしてCPよし。そんなお店で幻パン『ニューバード』を発見。
京都老舗喫茶イノダコーヒのパンをおうちで!素朴な味わいレトロパン☆「ブルーデル」【二条城周辺】

京都老舗喫茶イノダコーヒのパンをおうちで!素朴な味わいレトロパン☆「ブルーデル」【二条城周辺】

昔ながらの手づくりパンのお店。あの京都を代表する老舗喫茶イノダコーヒがこちらのパンを採用。素朴な味わいのレトロパンにほのぼの。
三位一体の神がかり的美味しさのあんバタは必食!レトロな雰囲気の街のパン屋さん「マンハッタン」【京都壬生】

三位一体の神がかり的美味しさのあんバタは必食!レトロな雰囲気の街のパン屋さん「マンハッタン」【京都壬生】

昭和臭するレトロな雰囲気の地元に愛される街のパン屋さん。中でもあんバタが名物と聞き、行ってきました。
烏丸御池 話題のパン屋「HANAKAGO」の新店舗に行ってみた!【ベーカリー】

烏丸御池 話題のパン屋「HANAKAGO」の新店舗に行ってみた!【ベーカリー】

今、何かと話題のパン屋「HANAKAGO」。最近移転されたそうですが、以前の店舗から意外に近いということで、調べて行ってみました。
レトロなパン屋「樋口金松堂」で京都の日常に溶け込む

レトロなパン屋「樋口金松堂」で京都の日常に溶け込む

樋口金松堂は昭和7年創業のパン屋さん。西本願寺のほど近く、嶋原商店街の入り口近くにそのお店はあります。レトロな雰囲気漂う店内でいただく素朴なパンは味わい深いですよ。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな