2018年8月30日 更新

【京都カフェめぐり】老舗有名珈琲専門店の支店!フワフワフレンチトーストはテッパン☆「スマート珈琲店」

寺町三条に本店を構える老舗珈琲専門店「スマート珈琲」。改築工事のため、しばらく休業中のため、太秦にある支店へ。こちらの人気メニューのひとつ、フレンチトーストを食べてきました。

本店がしばらく改築工事のため太秦の西店へ

 (132488)

ちょうど暑さしのぎに、寺町三条本店をかまえる人気の老舗珈琲専門店「スマート珈琲店」に行ってみると、定休日でもないのにシャッターが下りていて。

残念なお知らせですが、店舗の老朽化にともない10月中旬まで改修工事のため一時休業。でも、紅葉シーズンにはまた再開するんですね。

 (132439)

 (132438)

で、そういえば支店には行ったことなかったな、と思い、太秦にある西店に行ってみることに。
わりと新しめの店舗。ふだん本店ばかりをよく見てることもあり。
 (132442)

入り口にはコーヒー焙煎機もあり、こちらでも自家焙煎されてることがうかがえます。
 (132443)

昼時でしたが、ご近所らしき方々でにぎわい、とくに女性客で人気。
 (132444)

店内はわりとシックで落ち着いた雰囲気で、入り口に大小テーブル席。奥に2、3段高いフロアにはカウンター席と若干テーブル席。

本店もそうだったと思いますが、こちらでは全面喫煙可能。古いもともとの喫茶店スタイル。
 (132446)

そして、メニュー。
 (132447)

 (132445)

この日は少し小腹が空いていて、本店でも人気のメニューであるフレンチトーストのセットを注文。カフェラテのアイスをセットで880円。
 (132496)

しばらくして登場のセット。
 (132450)

一見、厚揚げ風にも見えなくもないですが(笑)こちらのフレンチトースト、分厚くて、トーストの耳はカットされたスタイルなんですね。
 (132451)

最初ちょっと味見してみたんですが、これはメイプルシロップかけてこそだな、とすかさず洪水ぎみに注ぎ入れる(笑)
 (132452)

このシズル感たまりません。
たっぷりと、シロップを含ませ、もう限界というところまで吸い込ませます。で、一口。フワフワの中は卵液含んだとろけり柔らかさの部分と、若干の土台のトースト生地部分もあり、いろんな味が楽しめる。
 (132453)

さらにジュクジュクにしてもう一口。厚みがいいですね。十二分なボリューム感のフレンチトーストが味わえる。
23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都カフェめぐり】河原町三条の老舗喫茶店!自家焙煎コーヒーと居心地いいレトロ空間「六曜社」

【京都カフェめぐり】河原町三条の老舗喫茶店!自家焙煎コーヒーと居心地いいレトロ空間「六曜社」

河原町三条にある創業昭和25年の老舗喫茶店。京都でコーヒー好きなら誰もが訪れたことがあるであろう有名店。モーニングや手づくりドーナツが有名だが、この日はただただレトロ感を味わいに行ってきました。
【京都喫茶店めぐり】老舗仕込みの正統派コーヒーと名物プリン必食!昭和レトロなテーブルゲームも登場「やまもと喫茶」

【京都喫茶店めぐり】老舗仕込みの正統派コーヒーと名物プリン必食!昭和レトロなテーブルゲームも登場「やまもと喫茶」

祇園白川にもほど近い場所にある正統派喫茶店。朝7時から営業していて、モーニングは何度かいただきました。今回はこちらのプリンもまた名物の一つと聞いて久々に行ってみることに。昭和レトロなテーブルゲームが導入。
【京都カフェめぐり】京都を代表する老舗珈琲専門店の古式ゆかしいレトロプリン◎「イノダコーヒ本店」

【京都カフェめぐり】京都を代表する老舗珈琲専門店の古式ゆかしいレトロプリン◎「イノダコーヒ本店」

恐らく全国的に知られている京都で一番知名度の高い老舗珈琲専門店。創業1940年。昔スタイルのコーヒー『アラビアの真珠』は今も地元年配客に絶大な人気でイノダの看板コーヒー。今回はスイーツを求め、行ってきました。
【京都嵐山】レトロ感がステキすぎる自家焙煎珈琲専門店!モーニングに困ったら絶対ココ☆「コーヒーショップヤマモト」

【京都嵐山】レトロ感がステキすぎる自家焙煎珈琲専門店!モーニングに困ったら絶対ココ☆「コーヒーショップヤマモト」

以前から気になっていたレトロ感がステキな自家焙煎珈琲のお店。そして、モーニングメニューもあり。この日は座禅会帰りに嵐山方面へ朝食を食べに行ってきました。
見応え抜群、稀少なカップがずらり!自家焙煎珈琲店「ルヴァンクレール」【平野神社】

見応え抜群、稀少なカップがずらり!自家焙煎珈琲店「ルヴァンクレール」【平野神社】

平野神社近くの自家焙煎珈琲店 ルヴァンクレール。こだわりメニューと稀少なブランドカップは見応えあります。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers