2020年1月16日 更新

五感をくすぐるスペシャルスイーツビュッフェ♡「Super Strawberry Fair 2020 ~Five Senses~」が開催!【京都センチュリーホテル】

“ボックススタイル”と“ビュッフェスタイル”、2 つのスタイルでストロベ リースイーツを満喫する、「Super Strawberry Fair 2020 ~Five Senses~」を2020 年 1 月 11 日(土)~3 月 29 日(日)の土・日 曜日限定で、「オールデイダイニング ラジョウ」にて開催!

言葉を失う甘露な誘惑、 珠玉のスイーツビュッフェ

京都駅からすぐの好立地

京都駅からすぐの好立地

JR京都駅中央口より徒歩2分の好立地に位置する
約90年の伝統と歴史を持ち京都を代表するクラシカルホテル。「KYOTO CENTURY HOTEL京都センチュリーホテル」

スタイリッシュモダンな洗練空間

 (175059)

ホテルの二階に佇む「All Day Dining La Jyho(オールデイダイニング ラジョウ)」

朝昼夜と多彩なメニューを楽しめるビュッフェや、ア・ラ・カルト、カフェメニューと魅力的なメニューで幅広いニーズに応えるオールデーダイニングです。
 (175057)

高級感あるクラシカルモダンなエントランス。
センターにはホテルの象徴ともいえる、スタンド「かんじんの京灯り」がお出迎え。
 (175061)

6階まで広がる吹き抜けに圧倒的な開放感を持ち合わせた店内は数々の空間アワードを受賞されたモダンな空間美。
 (175058)

ノーブルな色使いの設えにエレガンスな調度品。

木の温もりを感じるダークブラウンの設えにモノアートなチェアを配したスタイリッシュな空間演出。

ラグジュアリーかつ洗練されたファッショナブルな空間は非日常のワンシーンを提供してくれます。

「Super Strawberry Fair 2020 ~Five Senses~!がスタート!

 (175062)

そして2020 年 1 月 11 日(土)~3 月 29 日(日)の土・日 曜日限定で、「オールデイダイニング ラジョウ」にて、 “ボックススタイル”と“ビュッフェスタイル”、2 つのスタイルでストロベ リースイーツを満喫する、進化した「Super Strawberry Fair 2020 ~Five Senses~」を開催されます。

年末から2月にかけて出荷がピークを迎えるいちごファン待望の季節、苺の魅力を最大限に引き出した珠玉のスイーツビュッフェ。

サブテーマは 「Five Senses」

 (175064)

サブテーマは 「Five Senses」
装飾は幅広い年代の女性に絶大な人気を誇る「INOBUN」が監修、華やかな装飾と上質な音楽による空間演出はまさに未だ類を見ない五感を刺激するスイーツビュッフェ。
 (175082)

先ずは特筆すべき9つのポイントをご紹介!

【Point.1】 全体を通して五感で楽しめる
【Point.2】 8種類のいちごを使ったスイーツが楽しめる「Strawberry Box」登場
【Point.3】 あまおうスイーツが食べ放題
【Point.4】 焼きたてのいちごスコーンも登場
【Point.5】 約10種類のフレッシュいちごの食べ比べ
【Point.6】 充実のフードメニュー
【Point.7】 フォトジェニックなドリンクも登場
【Point.8】 「INOBUN」×「Bose」による空間演出
【Point.9】 プレゼントが当たる!SNSキャンペーンを開催

ドレスアップした店内は、1814年の創業より200年の時を越えて、地元京都に息づく京都発祥ライフスタイルショップ「INOBUN」が監修、こちらのフェアをイメージした装飾で、コーディネート。
レストランがもつスタイリッシュな空間とファッショナブルな装飾に彩られた店内は、正に大人のいちご畑!

そしてBGMにまでこだわる世界に誇るサウンドメーカー「Bose」のサウンドシステム「L1 Compact system」が演出する上質な音楽が店内に響き渡ります。

煌びやかなビュッフェラインのスイーツ&フード

 (175081)

ビュッフェラインのスイーツ&フードは

⚫︎ブランマンジェ
⚫︎クープショコラムース
⚫︎クレームブリュレ
⚫︎あんみつ
⚫︎いちご大福
⚫︎ショートケーキ
フレッシュいちご約10種類
■フード・フルーツ 約15種類
■アイスクリーム 15種類以上
■ドリンク 約15種類以上

ビュッフェ台の苺スイーツは絶大なブランドネームに、最も愛されるあまおうを使用。
フードコーナー

フードコーナー

シェフが腕を振るうフードセクションにはシーズンごとに異なるテーマでビュッフェを開催している「オー ルデイダイニング ラジョウ」
シェフが創り上げるオリジナリティある料理がラインナップ。

アペタイザーやクロワッサンサンド、ミックスサラダラジョウの特製カレーやグラスにはいったハンディサイズのデリメニューも充実。

多彩な種類のいちごを使ったスイーツが楽しめる「Strawberry Box」

 (175084)

まずは苺の宝箱Strawberry Boxがテーブルにサーブ。
お席には綺麗にをラミネートされたプレートが置かれこちらのスイーツの詳細、使われている苺の産地を記されおり、苺の食べ比べをしながらスイーツも楽しめる正に遊戯なスイーツBOXです。

ジュエリーの様に煌びやかな輝きを放つ真っ赤な輝き、ルビーの様に光沢ある繊細な苺スイーツにうっとり。
Strawberry Boxは左上から時計回りに

①オペラ
②ブラマンジェ
③タルトレット
④シュークリーム
⑤パンドジェンヌ
⑥ロールケーキ
⑦スフレフロマージュ (甘みと酸味がすっきりとした味わいのいちごチーズケーキ)
⑧ボンボンショコラ (いちご・胡麻プラリネ)
⑨ボンボンショコラ (いちご・胡椒)
産地や内容が一目瞭然!

産地や内容が一目瞭然!

麗しのオペラ

麗しのオペラ

艶々パッションレッドの光沢のオペラ。
こちらはミントとライムで爽やかに春らしく仕上げ、クルミの食感がアクセント。
タルトレットは淡いパステルピンクがキュート。
いちごの形を模した、いちごとホワイトチョコレートのふわふわ一口タルト。
 (175088)

いちごがまるごとゴロっとはいった手にとるとずっしり重量感のあるシュークリーム
抹茶クリームで包み込みこまれたいちごに散らしたラズベリークランブルがアクセント。
抹茶クリームのほろ苦さと芳醇な香りは正に口福そのもの。

パンドジェンヌはチョコレートとココナッツをまとわせたアーモンド風味の焼菓子にフレッシュいちごを乗せたソフトながらもパリパリと歯ごたえが楽しい一品。
 (175089)

ボンボンショコラは何もふわっとカカオの風味がおしよせ、体温とともに口のなかで優しくメルト。
ゴマの香ばしさとストロベリーの風味に魅力されます。

目で楽しむライブコーナー

 (175066)

そしてスタッフさんが目の前で華麗に創り上げるフルーツモヒート。
種類はもも、オレンジ、マンゴーなど種類豊かにスタンバイ!
こちらはオレンジともも

こちらはオレンジともも

体の中から綺麗にをテーマに、爽やかなレモンやライムなどをグラスに浮かべた、ミントを添えた春らしいドリンク。
 (175079)

そしてドリンクは、コーヒー、紅茶、ソフトドリンク。
コーヒーメニューは豆から挽くエスプレッソマシンが設置されており、コーヒー、エスプレッソを始めカフェラテなどアレンジコーヒーも楽しめます。
 (175076)

苺の種類も豊富で、紅ほっぺ、あまおう、あきひめ、淡雪、女峰、幸の香、さくら、ももいちご、いちごさん、ゆうべにetc

苺は、その時期1番美味しい状態のものを厳選して提供されるそうでその時出会える苺の種類もお楽しみですね!
 ソースバリエーションにも注目

ソースバリエーションにも注目

そして苺の美味しさを引き立てるソースバリエーションにも注目。

バニラ味噌ソース、蜂蜜、アカシア、パルメザンチーズ、バナナソース、練乳があり、ソース単体で、はたまたミックスして自分好みに仕上げるのもおすすめ!
ビュッフェ台によりセレクトした苺達

ビュッフェ台によりセレクトした苺達

苺にパルメザンチーズ!
そんな奇想天外なドッキングもラジョウならでは。
実際にいただいてみましたが、チーズのコクといちごの甘酸っぱさのマリアージュは癖になる美味しさ。
それにアカシア蜂蜜をプラスすると…目眩を催すおいしさでした。
アイスクリームの楽園です!

アイスクリームの楽園です!

そしてセンチュリーホテルさんならではの特色は圧巻のアイスクリームバリエーション。
オリジナリティある本格派アイスクリームも食べ放題。
どれも滑らかでか濃厚。

いただいたスイーツを数種類クローズアップしてご紹介★

 (175073)

クレームブリュレ

一見正統派のクレームブリュレですが、 フリーズドライのあまおうを練りこんだカスタードクリームを使用したスペシャルな一品。

クープショコラムース はあまおうと和紅茶を使用したミルクチョコレートのムース。
濃厚で軽やかな後味が印象的。
キラキララグジュアリーな苺ショートケーキ

キラキララグジュアリーな苺ショートケーキ

個人的に感動したショートケーキ。
ビュッフェラインでも一際目を惹く、ダイナミズムな長方形のケーキ。
瑞々しい苺はもちろんあまおう♡
きめ細やかなスポンジ生地に、軽いホイップ。周りにのプレートチョコレートが食感のアクセント。

上品な甘さの中にも満足感を得られるケーキは魔性の味わい。
餡蜜といちご大福

餡蜜といちご大福

餡蜜は京都丹波の黒豆のみつまめとわらび餅にフレッシュなあまおうを添えて黒蜜で仕上げた和スイーツ。

ぷるんとしたわらび餅とやらかな蜜まめは、正に黄金比率の味わいです。

そしてチョコレートを使用したスイーツの濃厚な味わいにもノックアウトです。
渡邊ペストリーシェフ

渡邊ペストリーシェフ

こちらのビュッフェの立役者ともいえる渡邊ペストリーシェフ。
「苺の宝石箱」を考え出されたのもシェフだそう。
ビュッフェ台に並ぶ時間も楽しめるようにとお客様の声を取り入れて作られた傑作です。
 (175091)

フォトジェニックを極めた空間やスイーツ。そして自らのセンスで
お皿に盛りつける楽しさもビュッフェの楽しみの一つ。
多彩な苺との饗宴をたのしめるスイーツは洋菓子のみならず、和菓子の美味しさにも感嘆するばかりです。
セイボリーもハイクオリティで適度な塩見を挟みながらのスイーツは、終わりなき永遠のループ。
 (175069)

こちらのフェアにご来館された方で、SNSに「#いちごスイーツ」「#センチュリースイーツ」のハッシュタグを付けて投稿していただいたゲストには、抽選で合計5名様に「オールデイダイニング ラジョウ」のペアランチ券またはペアディナー券をプレゼントされる特典も要チェック!
 (175070)

タイムレスコンフォートな非日常感、魅力的なストロベリービュッフェは数あれど、至れり尽くせりデラックスな内容と終始得られる特別感はセンチュリーホテルならでは。

季節の旬の食材を様々な着眼点で来客を楽しませてくれるビュッフェという名前の祭典。
洗練されたクラシカルな空間とスタッフ様方が創り上げるスマートなホスピタリティもこちらの魅力の一つです。

極めたフォトジェニック空間で五感を燻るリッチネスないちご時間、蘇る苺の芳香とメモリアルなひととき。

新春の贅沢なスイーツタイムを京都センチュリーホテルで過ごしてみてはいかがでしょうか?

基本情報

店名:京都センチュリーホテル
住所:京都市下京区東塩小路町680
電話番号:075-351-0111
関連ページ:https://www.keihanhotels-resorts.co.jp/kyoto-centuryhotel/

■イベント概要
大人:4,133円 / 小人:2,067円 / 幼児:828円
※表示価格にサービス料10%と消費税が別途かかります。

期間:2020年1月11日(土)~3月29日(日)  土・日曜日限定
実施時間:15:30~17:00

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

cafequeen cafequeen