2018年1月1日 更新

お茶目なマスターとエンジョイカフェタイム★Jam Jar Lounge & Inn(ジャムジャーラウンジ)」【北野天満宮】

とにかく陽気なマスターさん。異文化コミュニケーションしながら秀逸なコーヒーメニューとオージーメイドな フードメニューに舌鼓。

西陣・北野界隈の人気者

 (102308)

北野天満宮にほど近く、伝統ある景観に馴染んだ町家カフェ。
町家を改装した西陣らしい趣きある造り。
 (102309)

 (105347)

京町家を華麗にリノベーションした
店内は凝ったファーニチャーを配した
和洋折衷、アール・デコヴィンテージ空間。
カウンター周りは明るく、
奥のチェアは
シックな居心地。
 (102466)

窓辺には盆栽と洋書が仲良く同居。
 (105260)

メニューは壁に大きく掲示。
エップレッソメニューに各種ソフトドリンク、オーストラリアのアルコールもスタンバイ。

コーヒーメニューはダテじゃない

 (105348)

ステッカーでおめかししたイタリア製のエスプレッソマシン。
豆は大山崎コーヒーロースターを使用。
かっこいいだけでなく、お味は超本格派。
 (105352)

とある日のランチ。
いつの間にか一体化、こんなフレンドシップも生まれます。

サンドもSuperTasty★

ジャッフル トースティー

ジャッフル トースティー

ジャフルサンドをシェアリング。
ジャフルサンドとはオーストラリアではポピュラーなホットサンド。
こんがり焼いたパンにパンパンの具材が挟まったボリューミーなサンド。
サラダもついてリーズナブル。
こちらはツナ、ナス、トマトのサンドとハムチーズ。
ケチャップ、マヨはお好みで。
カフェラテ

カフェラテ

細やかなミルクフォームにゆたかなあるエスプレッソの風味を活かした秀逸ラテ。
 (105351)

ジェントルマンでありながら、天真爛漫な屈託無い笑顔が素敵なマスターさん。
本当に気さくで、シャイな貴方もきっと仲良くなれるはず。
 (105349)

ボーダレスな世界観に浸れるのはゲストハウスカフェの醍醐味。
言葉が通じなくてもノーブワロブレム★
ただただあったかい雰囲気に浸れる
西陣のオセアニアスタイルカフェでした。

Jam Jar Lounge & Inn クチコミでの評判

惚れたーーーーー❤️#jamjarlounge#cafe#kyoto#instagood #0324

A post shared by Aya Oshio (@_ayastagram___) on

基本情報

住所:京都市上京区今小路通七本松西入二丁目東今小路町758-2
電話:075-204-8508
カフェ営業時間:10:00〜19:00
カフェ定休日:月曜日(祝日の場合は営業)
アクセス:市バス 北野天満宮前バス停下車 徒歩約3分/嵐電 北野白梅町駅下車 徒歩約10分

H.P:http://jamjarjapan.com/
Facebook:https://www.facebook.com/jamjarjapan/

関連する記事 こんな記事も人気です♪

野菜たっぷり彩りモーニング★食堂とカフェ ピナータ【北野 西陣カフェ 】

野菜たっぷり彩りモーニング★食堂とカフェ ピナータ【北野 西陣カフェ 】

北野天満宮の近くのビル二階で営業されているアットホームなカフェ。 丁寧な仕事が光るモーニングはお味もボリュームもはなまるです。
【京都老舗喫茶】ノスタルジックで温故知新*「静香(しずか)」【西陣】

【京都老舗喫茶】ノスタルジックで温故知新*「静香(しずか)」【西陣】

昨年外装とメニューをリニューアルしさらにパワーアップした西陣エリアの昭和喫茶店。ノスタルジックな雰囲気はそのままに、そのくつろぎは温故知新。
レトロ雑貨が並ぶ町屋造りのカフェイタリアン!北野天満宮近くの「カフェ1928」

レトロ雑貨が並ぶ町屋造りのカフェイタリアン!北野天満宮近くの「カフェ1928」

北野天満宮や上七軒からほど近く、町屋造りのカフェイタリアン「カフェ1928」をご紹介します。町屋の雰囲気は残しつつも、レトロ雑貨が立ち並ぶお店で、ベテランシェフが腕をふるう美味しいパスタが頂けます。
【京都カフェ】昭和の香り漂う歴史のあるカフェ 『喫茶 静香』【千本今出川】

【京都カフェ】昭和の香り漂う歴史のあるカフェ 『喫茶 静香』【千本今出川】

千本今出川交差点すぐのところにあり、レトロでアットホームな雰囲気の喫茶店です♪
m.m
京都レトロ喫茶☆北野天満宮すぐの老舗「静香(しずか)」

京都レトロ喫茶☆北野天満宮すぐの老舗「静香(しずか)」

リニューアルされてモーニングも仲間入り。時を超えて受け継がれる、往年の趣と味わい。温故知新ここにあり。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

cafequeen cafequeen