2018年12月26日 更新

【京都老舗茶舗】縁起物・大福茶(おおぶくちゃ)で新年を迎える☆創業300年の歴史「一保堂茶舗」【寺町二条】

創業300年余の歴史ある、寺町二条上がったところにある老舗茶舗。この時期毎年恒例、大福茶が販売されてます。一年中の邪気を払い新年を祝福する縁起もののお茶。

毎年恒例の布巾も配布中

 (141486)

寺町二条上った場所にある全国的にも知られる老舗茶舗。創業300年余の歴史。
この日は閉店間際にこちらへ。いつもと雰囲気ちがいます(笑)
 (141487)

閉店は18時。いつもの買い物客でにぎわってる様子とは違い、ひっそりとしていました。
 (141488)

昼間に来ると男性店員さんはほぼほぼ日本語ペラペラの外国人の方ですが、わりと年配の方でした。ちょっと新鮮(笑)
 (141542)

今回は年の瀬ということで、新年にいただく大福茶を買いにやってきました。

『大福茶』とは、お正月にいただく特別なお茶。1年の無病息災を願う縁起のいいお茶。とくに京都では、大福茶に梅干、小梅や結び昆布を入れて元旦の朝に家族そろって頂きながら、新年のご挨拶をする慣わし。
 (141490)

こちらがその大福茶。もちろん他の茶舗でもこの時期販売。内容としては香ばしい玄米茶ですね。こちら200g入で1080円。私はこの半分の量100gで540円を毎年購入。
 (141491)

他にも手ぬぐいの入った本店限定セットもあります。
 (141489)

最近ちょっとお抹茶にも興味あって、目が行くのですが。干支の亥があしらわれ商品名にもなっている新春用や京都限定の抹茶もあり。
 (141545)

以前は年末買い物するだけで贈呈されるお布巾。昨年からルールが変わり、1620円以上買い物客にのみ配布。というのも、このお布巾かなり人気で、最近ではメルカリでも販売される始末(汗)1枚700円で売ってました。
 (141543)

で、私も条件クリアしたのでいただきました。今年は緑色。毎年ロゴカラーが変ります。
 (141544)

まあ、毎年のことではありますが、新年用の大福茶を買いに来ることが一年の締めくくりというか。そんな年の瀬をまた今年も無事迎えました。新年も大福茶にあやかり、つつがなく過ごせる一年であることを願って。

一保堂茶舗 へのツイート

詳細情報

名称:一保堂茶舗
住所:京都府京都市中京区常盤木町52
電話番号:075-211-3421
営業時間:10:00~18:00(L.O.17:30)
定休日:年末年始
関連URL:http://www.ippodo-tea.co.jp/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers