2016年10月1日 更新

10月1,2日*京北町が誇るビッグイベント「けいほくクラフト」で「森の京都」も楽しもう【イベント】

毎年10月の第一土曜、日曜に開催されている「けいほくクラフト」。クラフト本来の〝手作りによる用と美〟にこだわる全国の作家とクラフトファンが出会う秋の一大イベント、8回目を迎える今年も盛大に開催されますよ!

今年で8回目を迎える、京北町を代表するイベント

 (56745)

〝けいほくクラフト〟は、毎年10月の第1土曜と日曜の二日間、京都市郊外「京北」で開催するクラフトフェアです。クラフト本来の〝手作りによる用と美〟にこだわる全国の作家とクラフトファンが出会う秋の一大イベントとして今年で8回目を迎えます。

けいほくクラフトでは、新進作家には新しい発表の場を提供し、経験豊かな作家同士においても創作意欲を刺激し合あえる、言葉、世代、時代を越えたつながりのある本格的クラフトフェアを目指しています。

会場の「あうるの原っぱ(あうる京北 草地大広場)」は、京都市内中心部から福井県小浜へ至る周山街道(国道162号)を走ること約1時間の右京区京北地域にあり、緑豊かな自然に囲まれた空気の澄んだところです。紅葉美しい〝常照皇寺〟や茅葺き民家で有名な〝美山町〟にもほど近く、例年たくさんのクラフトファンが来場くださいます。

また、本年度のけいほくクラフトは、京都府による〝森の京都〟キャンペーンの一環として、京都市右京区京北地域のメインイベントとして開催いたします。
手作り市や雑貨好きさんにはもはや定番とも言える「けいほくクラフト」。今年もこの季節がやってきました!
今年も100店舗のクラフト作家さんが集結。地元京都はもとより、近隣からの参加も多く注目の一大クラフトイベント。いつもは静かな里山も、この日は多くの来場者で賑わいます。

会場ではメインとなるクラフト作品の展示販売のほか、ワークショップとして参加できるクラフト体験コーナーや特設ステージコンサート、そしてちびっこ大好きミニ動物園コーナーやおいしいフードコーナーもあるそうで、家族揃ってたっぷり楽しめるイベントとなっています。
(一部1日だけ出展のブースあり)
 (56748)

今年は、地元京都からは陶磁で「朝陽窯」や「小田切製陶所」、木工・漆で「ひよことパンダの木工店」や「かりんとう」など、ガラス部門では「グラススタジオ楓」や「竹内硝子製作所」など。
その他「はーばりすとくらぶ美山」やフードでは以前ご紹介した有栖川の「eenie」http://kyotopi.jp/articles/cwYLN や、焼きたてデニッシュバーネコのしっぽのお店「round garden ネコのおんがえし」も出店予定。
もう出店ラインナップを見ているだけで、クラフト好きはテンション上がっちゃいますよね?(笑)

そして直接作り手さんとのやりとりができるのが、このフェアの魅力。
実際に手に取って感じた事や、素朴な疑問、そしてぜひともコミュニケーションを取っていただきファンになっていただけたらと思います。探し求めていた、運命の作品との出会いがあるかも!?
 (56749)

 (56830)

会場になっている「あうる京北」(京都府立ゼミナールハウス)の”あうるの原っぱ”は広大な原っぱが広がるエリアで、お天気だと絶対気持ちいいロケーション。
市内から車で1時間で着きますし駐車場も完備。JRバスで来場の際も、周山バス停から無料送迎があるそうですので、小旅行気分で里山を存分に味わってみてはいかがですか?
 (56841)

EVENT DATA

開催日時:
10月1日(土)10:00〜17:00
2日(日)9:00〜16:00
開催場所:あうる京北(京都府立ゼミナールハウス)あうるの原っぱ
(京都市右京区京北下中町鳥谷2)
アクセス:京都市内中心部から車で約1時間/JRバス周山バス停より無料送迎アリ
問い合わせ:けいほくクラフト実行委員会事務局・あうる京北内
TEL:075-854-0216/FAX:075-854-0316

http://keihoku-craft.com/
https://www.facebook.com/keihokucraft/
http://kyosemi.or.jp/index.html
12 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

デブ子デラックス デブ子デラックス