2019年11月14日 更新

【京都ランチめぐり】アットホームな本格スパイス料理!多彩なランチが人気☆ネパールとインドのお料理 「ダナチョガ」

おおきに~豆はなどす☆今回は北区紫竹にあるネパール・インド料理店。ネパール人のご主人が繰り出す本格スパイス料理の数々。アットホームな雰囲気の人気店でランチをいただきました。

ネパール人のご主人営むアットホームな本格スパイス料理

 (169921)

北区、堀川北山通を少し西へ。
たまたまこの界隈散策中、見つけた人気のお店。ちょうど昼時、スパイス料理を食べようとこちらへ。
 (169922)

 (169923)

ネパール人のご主人が営むお店で、主にネパール料理を中心にインド料理も展開。インド系のナンやカレーもあり。
 (169931)

店内は意外と広く、テーブル席、カウンター席、奥には座敷席ですかね。グループ用スペースもあり。30人弱くらいのキャパあり。
 (169932)

店内の内装。
万国旗のような色とりどりなデコレーションはネパール風。そしてガネーシャのポスターはインド風と、いい具合にミックス(笑)
 (169926)

 (169925)

メニューもインド的なナンを中心としたカレーあり
 (169927)

セットメニューあり。
 (169928)

ネパール料理あり。
こちらはネパールのカレーとおかずの定食「ダルバート」。人気メニューみたいです。
 (169930)

その食べ方も指南してたり。
 (169929)

スパイスに関する豆知識も。
 (169924)

順当ならば、ダルバードを注文するところでしたが、なぜかこの「5皿限定」のフレーズに乗り遅れるな!的圧を感じ、思わず注文(笑)

野菜中心のシンプルなネパール定食・タリセット。長粒米・バスマティライス付の大きめプレートにドリンクがついて1000円。
 (169933)

そのタリセットがこちら。その大きなプレートにテンション上がります。
 (169934)

まずはダルスープ。挽き割り豆のスープ。あっさりとした味わいながらスパイスも効いててスープカレーより刺激少なめのやさしい味。
 (169935)

野菜のタリカリ。
カリフラワー、ブロッコリー、人参やジャガイモ、あとグルテンミートらしい練り物をスパイスを絡めて炒めたもの。スープ以上にスパイスは濃厚。おかずに最適。
 (169936)

付け合せのフレッシュ人参とキュウリにチャト二。スパイスのペースト状のもの。これがとてもふくよかなスパイス広がる美味しさ。かなりの種類のスパイスが調合されていることがわかる、複雑な味わい。表現しがたいんですが。これがあれば、どれにプラスしても、たちまちに美味しくなるような。そんな優れもののペースト。
 (169938)

青菜のサブジ。炒め煮です。ニンニクやクミン、その他スパイスが効いています。
 (169937)

最初はそれぞれバラバラに食していましたが、ライスをスープに浸してみたり。
 (169940)

最後には全ての具材をまばらに混ぜて、いろんな組み合わせで味わう。
なんとも複雑に広がるスパイスの風味。そして、バスマティライスって日本のお米よりも軽い味わいですね。お腹に貯まらないというか。別腹感あるというか。
 (169939)

最後の仕上げドリンクには、甘さ控えめのラッシーをチョイス。さっぱり。

全体的に野菜中心で身体に心地よいスパイスランチ。ドリンクも付いて、切りよく1000円というのもお手頃。

チーズナンや鉄板ビリヤニも気になりました。次回はそんなメニューをチェック。

ヨ~イヤサ~♪

ダナチョガへの口コミ

詳細情報

住所:京都市北区紫竹下本町22−2
電話番号:075-406-7527
営業時間:11時30分~15時00分 17時30分~22時30分
定休日:水曜日
公式サイト:https://danachoga-kyoto-nepal.com/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな