2019年3月3日 更新

【京都新スタイルホテル】隅々に光るオサレ感!人気のモーニング「Len(レン)」【河原町松原】

おおきに~豆はなどす☆インバウンド需要に沸き、新設ホテル建設ラッシュの京都。そんな中、今までにはなかったオシャレなデザイナーズホテルも続々と。ホテルの朝食も様変わり。そんな新スタイルのホテルの朝食をご紹介します。

オープンして1年。方々からシャレオツな空間で美味しいモーニングがいただける!とウワサを聞いてたんで、行ってきました。

通りに面した一見カフェ風の外観

 (19409)

 (19410)

地元民が市内で宿泊する機会ってほとんどないので、宿泊施設に関しては疎いのですが、新めのホテル。外観はまったくそんな風には見えません。ちょっと新鮮な感覚。

ホステルのロビーを兼ねたカフェバー

店内に入ると、宿泊の受付カウンター。そしてそれ以外のスペースは、朝はモーニング、夜はバー、それ以外の時間帯はカフェを楽しめるラウンジスペース。この日はモーニングでうかがいました。外国人の方も多いそうな。とてもカジュアルな雰囲気
 (19548)

 (19549)

 (19546)

シックでありながら、インテリアの隅々に感じるオサレ感。照明やパーテーションのデザイン。木の形を活かしたバーカウンター。キョロキョロと見回しながら、うっとり。

あらかじめ決まったモーニングセットをチョイス

カウンターでまずは注文。パンのバリエーションあったり、いろいろなパターンのチョイスがありましたが、週末限定のモーニングセットを。飲み物はセットになってないのでカプチーノを。
 (19412)

色目ヘルシーな雰囲気。まずはクロワッサン。あ!食べたときの独特の風味でなんとなく、どんなかんじで作られたかわかりました(笑)おフランス製でしょう。そして、スープはブロッコリーのポタージュ系。あと、マヨ玉子、明太ポテサラ、パンプキンはおかず感よりデザート感あり。
ラテアートありのたっぷりなカプチーノ。

自分好みのインテリアを見つけて楽しんで♪

恒例のトイレチェック(笑)
 (19417)

シンクが木製で手づくりな雰囲気。昔の蛇口をひねるタイプのもの。こういう細かいところ、好きです(笑)
 (19418)

トイレのドア。格子に埋められた板は一枚一枚バリエーション豊かに埋まっています。そして、カモメですかね。くり抜かれてます。これが、面白い仕掛けに・・・
 (19419)

便座にすわって見上げると、さっきのカモメが壁に映ってます。4羽になりました(笑)ちょっとほのぼのと。

上の階の客室もこんなふうに意匠を凝らし、趣を楽しめる仕掛け満載なんだとか。いろんな作家がおのおのの作品を持ち寄って結集させた内装なんだとか。そんな流れで、このカフェラウンジもいろんなデザインの宝庫。

お店の方のフレンドリーさも、また魅力のひとつかもしれませんね。

ヨ~イヤサ~♪

Len(レン) への口コミ

Len(レン) 詳細情報

■店舗名
Len(レン)
■住所
京都府京都市下京区植松町(寺町通)、京都府京都市 下京区植松町709
■電話番号
075-361-1177
■営業時間
8:00~24:00(L.O.23:30)
■定休日
無休
■禁煙・喫煙
8:00~21:00まで完全禁煙
■駐車場

■詳細ページ
http://backpackersjapan.co.jp/kyotohostel/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな