2016年3月15日 更新

四条 大注目のお寺deランチ!「D&DEPARTMENT KYOTO by 京都造形芸術大学」

お寺でランチ?精進料理系?? 以前ならこんな連想が定番だが、最近のお寺事情は違います。

昨年11月本山佛光寺にオープン。「お寺」と「大学」が協業する新たな取り組みとして多方面から注目を集める新ショップ「D&DEPARTMENT KYOTO by 京都造形芸術大学」運営の「d&d食堂」をご紹介します。

「茶所」を利用した食堂カフェ

 (23012)

朝の説法や地域のコミュニティースペースとして使用されている「茶所」を利用したカフェ「d&d食堂」。それもあって、寺本来の趣きは全く損なわれず、まるで昔からそこにあったような雰囲気。
 (23014)

「ロングライフデザイン」をテーマに、物販・飲食・観光を通して地域の「らしさ」を見直す活動を行うD&DEPARTMENT と京都造形芸術大学との協業ゆえか、和風モダンでありながら室内にマッチした家具が配置。

地元食材を使った京都定食1100円

 (23017)

この日は火曜日。いつものご飯がまぜごはんに変えられるということで秋らしくキノコの炊き込みご飯を注文。
 (23019)

炊き込みご飯のほかに、一汁三菜。万願寺唐辛子におじゃこ。九条ねぎにお揚げさん。棒棒鳥には香り高い七味唐辛子などなど。地元食材を使ったほっこりとするおばんざいの数々。

カフェの隣には京都の工芸品やロングセラーの生活道具を紹介する雑貨店も。

そろそろ境内の銀杏が色づく頃でしょうか。そんな秋の風景を眺めながらランチをいただく。なんとも贅沢な過ごし方ですね!

D&DEPARTMENT KYOTO by 京都造形芸術大学への口コミ

D&DEPARTMENT KYOTO by 京都造形芸術大学 基本情報

名称:D&DEPARTMENT KYOTO by 京都造形芸術大学
住所:京都市下京区高倉通仏光寺下ル新開町397 本山佛光寺内
電話番号:カフェ 075-343-3215 ショップ 075-343-3217
営業時間:11:00〜18:00 ※金・土曜日は20:00まで
定休日:水曜日
関連URL: http://www.d-department.com/jp/shop/kyoto
16 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都ランチめぐり】四条烏丸の老舗京料理の大人気破格800円日替わり!祇園祭山鉾の車輪も☆「ごはん処矢尾定」

【京都ランチめぐり】四条烏丸の老舗京料理の大人気破格800円日替わり!祇園祭山鉾の車輪も☆「ごはん処矢尾定」

おおきに~豆はなどす☆今回は四条烏丸にある、老舗京料理の名店。ビジネス街立地で破格の日替わりランチもあり。さらに驚きが祇園祭の山鉾車輪が店内に展示。
【京都ランチめぐり】四条烏丸駅直結の好立地和食店!行列必至の高コスパ☆「輝庭(かがやきてい)」

【京都ランチめぐり】四条烏丸駅直結の好立地和食店!行列必至の高コスパ☆「輝庭(かがやきてい)」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は地下鉄四条烏丸駅や阪急烏丸駅に直結する地下通路にある人気の和食店。好立地にもかかわらず落ち着いた空間とリーズナブルなランチが楽しめる場所。
【京都ちょい飲みめぐり】卵偏愛者大歓喜!高瀬川の桜を望むロケーション「EGG BAR TAMAGO(エッグバータマゴ)」

【京都ちょい飲みめぐり】卵偏愛者大歓喜!高瀬川の桜を望むロケーション「EGG BAR TAMAGO(エッグバータマゴ)」

おおきに~豆はなどす☆今回は四条西木屋町下がった2階にある卵料理専門のバー。高瀬川沿いにあり、桜のシーズンには絶好の眺望。今回はドリンク&アテ1000円で利用できる『ちょい飲み手帖』持参。
【京都ランチめぐり】一人旅の強い味方!繁華街で気兼ねなくひとり焼肉!!おかわり自由も◎「焼肉やる気」

【京都ランチめぐり】一人旅の強い味方!繁華街で気兼ねなくひとり焼肉!!おかわり自由も◎「焼肉やる気」

京都随一の繁華街、四条河原町。その通り沿いにある京都に本社構える焼肉を中心とした外食チェーン店手掛ける焼肉店。それも、おひとり様でも気兼ねなく食事できるスペース。
【京都ランチめぐり】超人気国産牛サイコロステーキも行列ナシ!梅雨のこの時期が狙い目☆「佰食屋(ひゃくしょくや)すき焼き専科」

【京都ランチめぐり】超人気国産牛サイコロステーキも行列ナシ!梅雨のこの時期が狙い目☆「佰食屋(ひゃくしょくや)すき焼き専科」

四条河原町にある、いつも超人気で整理券くばるほどの行列必至の肉料理のお店。梅雨時ということで、観光客も少な目なのか意外と行列なし。1日限定20食の国産牛サイコロステーキ定食を食べてきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな