2017年8月18日 更新

参加してきました「こどもWS ハーバリウム作り」by Kanon【夏休み自由研究】

学生の皆さんは夏休み真っ盛り!夏のレジャーに楽しみつつも、自由研究の宿題をどうしようと悩んでいる小学生親子も多いのでは?最近は宿題向けWS(ワークショップ)が盛んですが、我が家も体験してきましたのでご紹介いたします。

小学生低学年でも楽しめるハーバリウムつくり

 (89430)

以前ご紹介した右京区のカフェ「HOME COFFEE STAND」http://kyotopi.jp/articles/1Th7w
で行われていた「夏休みこどもワークショップ きらきら☆ ハーバリウム作り体験」。
これは夏休みの自由研究にもってこいでは?そして娘も作ってみたい!と乗り気。という事で申し込み参加してきました。

主催されていたのは、HOME COFFEE STAND近くでアトリエを構えておられる「Kanon」さん
オリジナルでプリザーブドフラワーやリーフなどの販売の他、手作り市への出店や、こうしたワークショップなども開催されています。
今回は普段されている、大人向けのものを子供向けにアレンジして開催されました。
 (89431)

はさみや筆記用具など多少の持ち物の用意はありましたが、材料や素材はKanonさん側で用意してくださりとても助かりました。
そしてこんなレジュメも。WSの前に説明がありメモを取る時間があり、このままレポートととして提出できる優れもの(笑)。
 (89432)

こちらは見本のハーバリウム。クリアでキラキラでつい見入ってしまいます。
参加の子どもたちも皆で眺めては楽しみな表情。作らない大人もテンション上がります(笑)。

ところで「ハーバリウム」とは何かというと、平たく言えば植物標本の事。
押し花やプリザーブドフラワーが一般的ですが、今流行っているのはこのような小瓶に入った観賞用ボトルのスタイル。
プリザーブドフラワーなどを小瓶に詰めた後に、ベビーオイルなどのミネラルオイルを流し込めば完成というシンプルなもので、小さい子でも大人のサポートがあれば簡単に作る事ができます。
劣化がしにくく飾りやすく、見た目もかわいい事から最近人気が高まっているそうです。

思い思いに製作していきます☆

 (89445)

 (89434)

あらかじめセットされたプリザーブドと、底に敷くカラーサンドを好みで選び作業スタート。
底にサンドを入れた後に、プリザーブドを詰めていくのですが、
・茎のあるものはサンドに突き刺す感じで固定
・カスミソウなどふんわりしたものは、瓶の曲線に這わせるように置くとキレイ
・入れすぎるとバランスが悪くなるから、少し空間を作るぐらいの配置で
などなどアドバイスを受けながら、みんなあーだこーだ言いながら真剣に詰めていきます。
 (89435)

プリザーブドが詰め終わったら、オイルを静かに流し入れます。
満杯まで入れず少し余裕を持たせたところで注入終了。
オイルの空気を逃すために、しばらくキャップはせず置いておきます。
空気が抜けたらキャップをし、スタンプで作ったネームタグを付けて完成。
 (89436)

さくさく作業を進める女子、あれこれ悩みながらじっくり取り組む男子…と女子と男子の違いを面白く眺めつつ、皆小一時間ほどで完成〜

かなり適当に詰めた娘ですが、こうしてみるとキレイです(親バカすいません)。
オイルを入れると、紫陽花などは花びらが透き通って見えるそうで、脈まで見えて美しいです。
キラキラというタイトルがついていましたが、光にかざすと確かにキラキラでクリア。
小さな瓶に閉じ込められた植物たちは、それぞれバランスありながらも主張していて見入ってしまいます。
未就学児も楽しめるぐらい簡単な作業ですが、こういうものが作れると子どもたち、きっとうれしいですよね!
作れた喜びもそうですが、親子で体験という夏休みの思い出も一緒に作ることができて一石二鳥かも!
 (89437)

最後は参加したみんなの作品を並べて記念撮影。ぞれぞれ個性があってどれも素敵。
かわいく目を引きますし、自分で作ったというのが子どもには何よりの収穫だったでしょう。
作業後子どもにはジュースとおやつが用意されたのですが、皆満足そうに食べていたのが印象的でした。

この子供向けWSは今回のみですが、他にも子供向け、親子向けWSはあちこちで開催されています。
長いようで短い夏休み、今からでも遅くありませんので、WSで楽しく有意義な時間を過ごしてみてはいかがですか?

ATELIER DATA

住所:京都市右京区谷口垣ノ内町2
電話:075-462-5220
営業時間:10:00-18:00
定休日:火・日・祝
アクセス:嵐電 龍安寺駅下車 徒歩約3分

H.P:http://shop.kanon-webflower.com/
Facebook:https://www.facebook.com/kanon8787/
Instagram:https://www.instagram.com/kanon_kyoto/
15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

古都で花開くウィーンと和の融合*落ち着きすぎる洗練カフェ|御室さのわ【仁和寺】

古都で花開くウィーンと和の融合*落ち着きすぎる洗練カフェ|御室さのわ【仁和寺】

仁和寺エリアで有名なヨーロッパのエッセンスをプラスしたティーサロン。デザイナーズモダンな設えの凛とした空間で和洋折衷ティータイム。
嵐山・ローズカフェ「La Vie en Rose(ラビアンローズ)」春営業が始まっています【6/3まで】

嵐山・ローズカフェ「La Vie en Rose(ラビアンローズ)」春営業が始まっています【6/3まで】

嵐山にあるバラに囲まれたカフェ「ラビアンローズ」。春と秋のバラのシーズンのみ営業するカフェで、2018年春の営業は6/3(日)までの予定。今年は例年に比べバラの開花が早く、間もなく満開の頃を迎えますよ。
嵯峨嵐山にかわいいおうちカフェ誕生「neige 喫茶とおやつ」【新店】

嵯峨嵐山にかわいいおうちカフェ誕生「neige 喫茶とおやつ」【新店】

嵯峨小学校近くに先月オープンしたカフェ「neige 喫茶とおやつ」。観光エリアにありながらいい意味で観光客向けでない、カフェ好きが喜ぶセンスいいお店。すでに感度高い方が来店していて話題です。
京都市民の憩いのオアシス*この一杯に癒される!『小川珈琲本店』【西京極カフェ】

京都市民の憩いのオアシス*この一杯に癒される!『小川珈琲本店』【西京極カフェ】

『小川珈琲本店』京都市民が足しげく通ってしまうその訳は素晴らしいホスピタリティとコーヒーの美味しさに有りました。
【嵯峨嵐山カフェ】日曜日だけのお楽しみ♪手づくりの優しさがうれしいおうちカフェ「cafe chiko(カフェチコ)」

【嵯峨嵐山カフェ】日曜日だけのお楽しみ♪手づくりの優しさがうれしいおうちカフェ「cafe chiko(カフェチコ)」

JR嵯峨嵐山駅から徒歩5分ほどの住宅街にあるおうちカフェ「cafe chiko(カフェチコ)」。日曜日のみ営業ですが、地元ではご近所さんを中心に憩いの場として重宝されています。親子で手づくりを大事に営まれているこちらをご紹介いたします。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

デブ子デラックス デブ子デラックス