2022年8月10日 更新

欧風カレーからキーマ、まぜそばまで!山科の「Curry Shop lee(リー)」

山科区椥辻の「Curry Shop lee」、欧風カレーからキーマ、まぜそばまでとなんともそそるカレー店なり。

山科の器用なカレー屋さん

 (227487)

やってきたのは山科区椥辻。イオンの前あたりにこういうお店が見えてくるのだ。以前はつけ担々麺屋さんだった物件に2021年5月オープンしたカレー屋さん。その名も「Curry Shop lee」なり。LEEというと、カレー好きなら江崎グリコの激辛レトルトカレーシリーズを思い浮かべる人が多そうなのですが、こちらは激辛を全く目指していない、旨味満載の欧風カレーのお店なのだ。 店内に。
 (227488)

カウンターのみ9席のミニマル店。
 (227489)

カレーは2種類スタンバイ。多分しっかり炒めて甘味を十分に引き出している淡路産玉葱とフルーツを使った牛スジカレー、それと同じく玉ねぎの甘味にトマトの酸味を加えたポークチキンキーマという布陣。あいがけで¥1000というお手頃価格で、それに色々と揚げ物類などをトッピングする方式。更に・・・
 (227490)

我々の後から来た常連さんにはこちらの「キーマカレー混ぜそば」が人気だったのだ。魚介醤油まぜそばもスタンバっておりますが、既にカレーではない!わけで(汗) とはいえ、気になりますな。
 (227492)

まずは、牛スジ、ポークチキンキーマ合いがけ¥1000+トンカツ¥400+燻製煮玉子¥200!というお大尽メニュー。ご飯は小・普通・大の三段階で200g、250g、350gなのだ。小が¥50引きで、大が¥100増しの仕組み。ごはんの量は普通で。
 (227493)

一部拡大写真。こちらのカレーの特徴はとにかく、甘味の乗せ方でしょうな。牛スジカレーにはしっかり炒めた玉ねぎ、それとフルーツを使っているようで、ベースのお味はかなりハイレベルで円やかに甘い味付け。大量に使った香味野菜のおかげで、ぽてっとしたルーになっていて、現在巷で流行中のしゃばっしゃば系スパイスカレーとは対極にある感じ。カスメリティリーフなど、スパイスカレー的な香りづけもしているのですが、断然欧風!という感想。美味しい喫茶店のカレーを洗練させたような、辛味は控えめで、だれでも食べやすそうな、実は結構好きな傾向のカレーの一つ。

ポークチキンキーマもベースの甘味はほぼ共有なのですが、そこに更にトマトの旨味を乗せていて、これもなかなか美味しい。
トッピングのトンカツ、燻製味玉子もそんなに特徴に溢れているわけではないのですが、バランスよいですな。
 (227495)

こちらは、合いがけカレーのごはん小で¥950+本日の揚げ野菜盛り¥300という構成。揚げ野菜は大ぶりに切った茄子が三切れ、サツマイモに山芋、赤パプリカにヤングコーン。女性にはトンカツよりもこういう野菜類のほうがウケるでしょう。
 (227496)

テーブルには非常に辛いカイエンペッパー、香り高いガラムマサラ、それに唐辛子オイルとガーリックオイル、ニンニクチップがスタンバっていて、当然かけ放題!なので、辛味は調整可能。私はカイエンペッパーをぐるぐると小さじ1ぐらい回しかけて、にっこり。
量的にも、ご飯普通で良く食うおっさんでも大満足。いやー、食った食った。 とはいえ、これは是非とも「キーマカレー混ぜそば」を食べに来なくては!という感想。ご馳走様でした~。

店舗情報

Curry Shop lee (リー)
住所:京都市山科区椥辻草海道町10-1 シャレー山科 1F
営業時間:11:30~15:00(L.O.14:30) 18:00~21:30(L.O.21:00) 日休
TEL:075-585-3112
12 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スイカ小太郎。 スイカ小太郎。

オススメの記事