2017年11月3日 更新

【京都橋めぐり】京都の歴史とともに移り変わる風景!かつては市電駅もあった☆賀茂川「葵橋」

京都家庭裁判所前。賀茂川にかかる葵橋。京都の歴史ととものその風景も移り変わり、葵祭のコースであり、京都市電も行き来してたり。

下鴨エリアの交通の要所となる葵橋

 (101514)

 (101515)

賀茂大橋から賀茂川を上り、下鴨本通、京都家庭裁判所へと続く橋。
 (101517)

ここから高野川と合流し鴨川になり、さらには桂川と合流する賀茂川。
 (101519)

近世(安土・桃山時代-江戸時代)後期、架橋。当時はもちろん木造。かつては葵祭のコースでもあり、まさに平安絵巻さながらの風景。
 (101520)

 (101521)

その橋の下にはこんなモニュメント。今まで気づきませんでした。
 (101522)

明治45年に営業開始した京都市電。市内の発展に伴い、昭和30年代には路線延長77キロメートル、車両数357両。「市民の足」として活躍。その後、自動車の普及とともに昭和53年に営業終了。
 (101523)

市電は鴨川・高野川に架かる9本の橋を日々行き来。中でも葵橋は市電が走る橋の中では最後に開通。橋の両側には「葵橋東詰」「葵橋西詰」の二つの駅が設けられていました。

昭和31年開通当初は、道路が完成しておらず、市電のみが走る橋だったことも。
 (101524)

橋の下へ
 (101525)

橋げたに残っているプレートからもその歴史が偲ばれます。
こんなふうにゆっくりと橋を散策すると、いろいろな歴史を知る機会になって面白いですよ。

葵橋 へのツイート

14 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

京都のランドマーク的名所!紅葉シーズン直前の風景を見ながら鴨川をぶらり☆

京都のランドマーク的名所!紅葉シーズン直前の風景を見ながら鴨川をぶらり☆

四季折々で市民が集う憩いの場・鴨川。春は桜、夏は納涼床、秋は紅葉、冬は雪景色。夜ともなると河原縁に等間隔で陣取るカップルはあまりにも見慣れた風景。そんな鴨川の10月の様子をぶらりと川沿いを北上しながらご紹介します。
柳並木ゆらりぶらり!京都らしい風情あふれる白川名橋めぐり【東山三条】

柳並木ゆらりぶらり!京都らしい風情あふれる白川名橋めぐり【東山三条】

桜終了とともに、新緑の季節到来。中でもその訪れがはやい柳並木の緑が心地よい三条白川界隈を散策。
【保存版】京都オススメの珍百景橋!時代劇ロケ地から心霊パワースポット橋まで☆【厳選5か所】

【保存版】京都オススメの珍百景橋!時代劇ロケ地から心霊パワースポット橋まで☆【厳選5か所】

京都の中でも、ちょっと変わった珍しい橋を集めてみました。時代劇や映画のロケ地にもなった橋や死者がよみがえるという伝説の橋まで。
【京都下鴨エリア】渡り鳥の季節到来かも!下鴨神社や鴨川デルタでバードウォッチング☆発足日本最古「日本野鳥の会京都支部」

【京都下鴨エリア】渡り鳥の季節到来かも!下鴨神社や鴨川デルタでバードウォッチング☆発足日本最古「日本野鳥の会京都支部」

タイトルが『鴨』バブルです。「到来かも!」にも隠れ鴨を忍ばせています(笑)年末の紅白歌合戦、最後の会場赤白カウントでおなじみ「日本野鳥の会」。その京都支部で野鳥を探しながら歩く「探鳥会」があり、参加してきました。
【京都河川ぶらり】北東から流れ込み鴨川へと合流!上流には紅葉名所八瀬大原エリアも☆「高野川」

【京都河川ぶらり】北東から流れ込み鴨川へと合流!上流には紅葉名所八瀬大原エリアも☆「高野川」

上流は大原、中流は八瀬、そして出町柳で賀茂川と合流し、市内随一の河川である鴨川へと続く高野川。四季折々でいろいろな風景を見せ、市民の癒しの場。そんな高野川をぶらり。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers